徒 歩 進 香[巡 礼]

ハマるぞ台湾!道教文化

進香とは

 

まず手始めに、「進香(ジンシアン)」(巡礼)と、それと関わりの深い「遶境(ラオジン)」(巡行)についての基礎知識を説明させていただきます。 

 

[目次]

 

 

巡礼と巡行 

「巡礼」と聞くと、世界各国のさまざまな巡礼が思い浮かぶことと思います。

キリスト教エルサレム巡礼やサンティアゴ・デ・コンポステーライスラム教のハッジ、ヒンドゥー教のヴァラナシ、仏教のルンビニブッダガヤ、日本においてはお伊勢参りや四国遍路... 

そして、台湾道教における巡礼が「進香」になります。中でも一番の聖地は、中国福建省湄洲島にある「湄洲媽祖祖廟」であり、毎年多くの人たちが飛行機や船を乗り継ぎこの地を訪れています。

また「巡行」の意味を辞書で引くと、[神輿や行列が一定のコースを順に回ること]とあります。あまり馴染みのない言葉ですね。それではまず「遶境」(巡行)から、一体どのようなイベントなのかについて見ていきましょう。

 

遶境(巡行)とは?

台湾を旅行していると、街中を進む神輿や爆音を鳴らす華やかな車の列、伝統的な衣装を着て旗などを手に歩く人たちの行列を見かけたことがあるかもしれません。それは、道教の宗教イベントの一つ「遶境」と呼ばれるものです。日本でいうところの、山車を引いて街を練り歩くお祭りのような感じです。

 

f:id:balbaltan:20180907111054j:plain 

神様の誕生日や記念日などのお祝いとして、神輿や陣頭(踊りや音楽などを行うグループ)の行列が廟のある地域を練り歩き、神のご加護を祈ります。それぞれの神様や地域でいろいろな特色があり、それが台湾の人たちの娯楽の一つでもあるんですね。その廟とつながりのある他地域の廟(友好廟)から応援が駆けつけたりすると、その規模もどんどん大きくなります。

その中で一番有名なものが、改めて紹介する雲林県に位置する北港朝天宮の遶境です。ただし北港朝天宮の場合は、一般的な遶境とは一線を画しています。

 

f:id:balbaltan:20180907124136j:plain

遶境では、神様の前でダンスを披露する「辣妹(ラーメイ)」と呼ばれるセクシーなダンサーたちも見どころの一つです。 

 

f:id:balbaltan:20181004223349j:plain

遶境は主催廟や友好廟(友好関係にある廟)の信者たちによって催されるため、一般に参加者を募ることはほとんどありません。

ただ一部上記の案内のように、外部に徒歩参加者を募るケースがそれほど多くはありませんが存在します。他にも遶境メンバーのボランティア募集がかかることもあり、それは廟に貼り出される募集案内などにより知ることができます。

 

f:id:balbaltan:20181004221006j:plain

また申込をしなくとも、遶境の行列に飛び込んで、邪魔にならないように後ろをついて歩くことは、基本的に問題ありません。私もこれまで数多くの遶境について歩いてきました。

 

進香(巡礼)とは?

「進香」とは、言ってみれば神様の里帰りです。 日本で言うと多少異なりますが、集団で行うお伊勢参りのような感じでしょうか。

 f:id:balbaltan:20180909085220j:plain

台湾にある道教の廟は、古く歴史ある廟から「分霊」され各地に建立されています。北港朝天宮や南鯤鯓代天府などの有名な廟になると、その数は数千にものぼるそうです。そこで毎年神様の誕生日の前後には、盛大に里帰りの巡礼が行われます。

想像してみてください、数千もの分霊された子どもたち(?)が一斉に里帰りを行うわけですから、誕生日前後に分散されるとしても、それはものすごいことになるんですね。

 

f:id:balbaltan:20190108062244j:plain

進香の多くは、廟がチャーターした観光バスに乗って行われます。進香参加者の中には老人も多く、距離もあり、それも当然ですよね。しかし中には気合が入った、昔ながらに神輿を担ぎ歩いて里帰りを行う廟が存在します。それも何百kmも!

それが『徒歩進香』と呼ばれるものです。

二百年以上の歴史がある宗教イベントであり、ここ二十年で徒歩による進香を行う廟も増えてきました。二百年前と言えば、日本は江戸時代後期であり、伊能忠敬が地図作りに日本全国を歩いていた頃でしょうか。

徒歩進香は「媽祖」(海の女神)信仰を中心に行われていますが、玄天上帝や王爺、保生大帝、廣澤尊王といった他の神様でも見ることができます。

  

f:id:balbaltan:20180907125000j:plain

南投県にある松柏嶺受天宮は山の上に位置していますが、玄天大帝の誕生日前後には途切れることのない進香団で、それはえらくにぎやかになります。なかでも、日本語ではタンキーと呼ばれる乩童ジートン)は有名です。乩童は神様が乗り移る存在であり、自ら身体を傷つけることでそのことを証明します。そのため、この時期の受天宮には血だらけの乩童がたくさんいますので、心臓の弱い方は避けた方がいいかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20190117093338j:plain

進香の主な目的は、定期的に祖廟(分霊元)に帰ることで、神様としての力を補充することです。また祖廟や友好廟、信者間の交流といった意味合いもあります。分霊元ではない廟に進香団が向かう場合は、この定期交流が主な目的になるのでしょう。

進香団に参加する信者たちは、その信仰心から神様に寄り添い歩き、またそれにより神のご加護を得ることを目的としています。さらに、長丁場の進香全行程を歩き通す信者の方もいますが、彼らは神様にお願いしたことが実現し、それに対する御礼という意味で歩いているようです。 

 

まとめると...

簡単にまとめると、遶境・進香とは次のようになります。

◆遶境 : 神様の記念日を祝い、廟のある地域周辺を神輿や陣頭が練り歩く。(信者が多い廟になると、少し離れた地域で行うこともあります)

◆進香 : 神様の里帰りとして、バスや車に乗り、遠く離れた他の廟まで往復する。(目的地の廟が分霊元ではないこともあります)

◆徒歩進香 : 徒歩で行われる進香

 

参加する上での注意点

f:id:balbaltan:20180912081750j:plain

小・中規模の徒歩進香は、年間を通していろいろな地域で行われています。中には一般に参加者を募っているイベントもあり、私たち外国人でも参加できます。しかし慣れない段階での小・中規模イベントへの参加は、あまりオススメできません。

言葉の心配がある方、もしくはまだ慣れていないうちは、大甲媽祖や白沙屯媽祖のような大規模進香イベントにしぼって参加された方がいいでしょう。そしてさらにもう一歩深みへズブズブとはまってみたいと思えた時、中規模の進香イベントに参加してみてはいかがでしょうか。その時は台湾人の知り合いの方に連れて行ってもらってもいいかもしれません。

また、マイナスなことはあまり書きたくないのですが、進香や遶境における一部参加者のごみポイ捨てなどのマナーの悪さや騒音、さらには交通渋滞や大気汚染を引き起こす原因ともなることで、こうしたイベントを快く思っていない人たちも一定数いるということを、頭の片隅に置いておいてください。私も急いでいる時に遶境渋滞につかまると、正直イライラすることもあります。みなさんは周辺住民への配慮の気持ちを忘れずに、マナーを守って参加しましょう。

 

最後に

このブログでは、みなさんも気軽に参加できる二大徒歩進香を中心に、詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]