- 42BB09CC10D61D1865F8F6DCF2D3773A Your SEO optimized title page contents

徒 歩 進 香[巡 礼]

ハマるぞ台湾!道教文化

[台湾巡礼]進香とは

 

 

台湾で有名なお祭りと言えば、元宵節におこなわれる台灣燈會や平溪天燈節、鹽水蜂炮などがあります。しかし私は、毎年数十万人が熱狂する大甲、白沙屯の徒歩進香こそが、台湾で最も盛り上がるイベントだと思っています。

 

この徒歩進香にはウォーキングイベントとしての側面もあり、大勢の人たちと一緒に歩くことを目的に参加している方もたくさんいます。しかし決してウォーキング大会のように単調ではなく、その何倍も何十倍も楽しいイベントであること請け合いです。 

 

徒歩進香を知る上での第一歩として、「進香」と、それと関わりの深い「遶境」の基礎知識を解説いたします。 ともに台湾文化を代表する伝統的な宗教イベントです。

 

 

f:id:balbaltan:20191217094456j:plain

 

 

このブログでは、台湾全土を熱狂させる〈徒歩進香〉イベントの概要や参加の方法、実際に歩いたレポートなどを紹介しています。 

【目次】 - 徒 歩 進 香[巡 礼]

 

 

[Contents]

 

 

進香と遶境

日本語に訳すと、

進香(ジンシアン)「巡礼」

遶境(ラオジン) 「巡行」

です。

 

「巡礼」と聞くと、世界各国のさまざまな巡礼が思い浮かぶと思います。

キリスト教エルサレム巡礼やサンティアゴ・デ・コンポステーライスラム教のハッジ(メッカ巡礼)、ヒンドゥー教のヴァラナシ、仏教のルンビニブッダガヤ、日本においてはお伊勢参り(お蔭参り)や四国遍路、熊野古道...... 

 

そして、台湾道教における巡礼が「進香」になります。中でも一番の聖地は、中国福建省湄洲島にある「湄洲媽祖祖廟」であり、毎年多くの人たちが飛行機や船を乗り継ぎこの地を訪れています。

※ 湄洲媽祖祖廟についてはこちらへ ※

[聖地巡礼]湄洲媽祖祖廟 進香レポート - 徒 歩 進 香[巡 礼]

 

「巡行」の意味を辞書で引くと、[神輿や行列が一定のコースを順に回ること]とあります。あまり馴染みのない言葉ですが、台湾道教における巡行が「遶境」になります。それではまず「遶境」から、どのようなイベントなのかについて見ていきましょう。

 

 

遶境(巡行)とは

台湾を旅行していると、街中を進む神輿や爆音を鳴らす華やかな車の列、楽器を演奏したり旗などを手に歩く人たちの行列を見かけたことがあるかもしれません。それは道教のお祭り「遶境」と呼ばれるものです。日本でいうところの神輿や山車が街を練り歩く、例えば京都祇園祭のようなイメージです。

 

f:id:balbaltan:20180907111054j:plain

神様の誕生日や記念日などのお祝いとして、神輿や陣頭(踊りや音楽などを行うグループ)の行列が廟のある地域周辺を練り歩きます。神様が管轄地域を巡視することで地域の平安を守り、住民たちは家先で擺香案(お供え物を並べ、金紙を燃やし、線香を手に拝む)をしながら、神様のご加護を祈ります。

[遶境1] https://t.co/qaR9VHiqtn 

 

神様や地域によってさまざまな特色があり、それが台湾の人たちの娯楽の一つでもあるんですね。その廟とつながりのある他地域の廟(友好廟)から応援が駆けつけたりすると、その規模もどんどん大きくなります。進香(巡礼)から戻って来た後、周辺地域を遶境(巡行)するケースもよく見られます

[夜の遶境と花火] https://t.co/ehznPhijMF

 

f:id:balbaltan:20190726103654j:plain

遶境では、神様の前でダンスを披露する「辣妹」(ラーメイ)と呼ばれるセクシーなダンサーたちも見どころの一つです。以前はかなり過激だったという話も聞きますが、近頃では露出も抑えめです。

これまでさまざまなイベントで数多くの辣妹を見てきました。その中で一番印象に残っているのは、財神を祀る草屯敦和宮の遶境で見かけた辣妹たちです。

[辣妹1] https://t.co/mG5Srqsv9S

[辣妹2] https://t.co/9hfPnUkWz5

 

もっと辣妹を見たいという方は、Youtubeニコニコ動画にたくさんの辣妹動画がUPされていますので、そちらをご覧ください。

台灣歌舞辣妹秀 - YouTube

CX - niconico(ニコニコ)

 

f:id:balbaltan:20181004223349j:plain

遶境は主催廟や友好廟の信者たち、さらには走路工と呼ばれるアルバイトによって構成されるため、一部の大規模イベントを除き、一般の参加者が一緒に歩くことはあまりありません。

[遶境2] https://t.co/Ji559iBBZA

 

ただ中には上記の案内のように、徒歩参加者を募るケースがごくまれに存在します。他にもボランティアメンバー募集がかかることもあり、それは廟に貼り出される募集案内やFB(フェイスブック)上の告知などにより知ることができます。

 

遶境の中には、河や水路に入って行われるものもあります。
引水迎財跑水祭 二水古圳人神同歡 │中視新聞 20181209

 

f:id:balbaltan:20190520093343j:plain

しかし申込をしなくとも、遶境の行列に飛び込んで邪魔にならないように後ろをついて歩くことは、基本的に問題ありません。私もこれまで数多くの遶境について歩いてきました。

[遶境3] https://t.co/kjmLk81VUz

 

 

もし長時間隊列について歩きたい場合は、廟の方に帽子をもらえないか聞いてみてください。帽子をかぶるだけで、隊列に溶け込むことができます。帽子は余っていれば、基本無料でもらうことができますが、その際はお賽銭箱に100元程度入れるといいでしょう。

 

遶境や進香では、女性の参加が多い傾向にあります。昔から男性は農作業などの主力であったため時間の捻出が難しく、家族の平安を祈る重要な役割は主に女性が担っていたのだと思います。

 

f:id:balbaltan:20190519200039j:plain

遶境の中で一番有名なものが、改めて紹介する雲林県に位置する北港朝天宮遶境です。ただし北港朝天宮の場合は一般的な遶境とは一線を画し、陣頭がほとんどなく、爆竹祭りとしてその名を馳せています。

[爆竹祭り] https://t.co/bGmnA6pflb

 

これまで数多くの遶境について歩き、また何度かメンバーの一員としても参加してきました。しかしさまざまな要因から、進香ほど強い興味が湧いてこないというのが正直なところです。 

最近では近くから遶境の爆竹の音が聞こえてきても、だらだらと続く陣頭に興味がわかず、見に行くことさえしなくなりました。

 

f:id:balbaltan:20190729174848j:image

ただこの北港朝天宮の遶境だけは、別格と言ってもいいでしょう。爆竹祭としても名高く、ほかに数多ある遶境とは全く異なるイベントであると考えてもらってもいいかと思います。

 

その盛大さ、評判の高さ、そして神輿とともに歩いて周辺の村々を巡ることができることから、北港朝天宮天上聖母遶境もこのブログで紹介させていただくことにしました。 

 

いまでは遶境が名を馳せる北港朝天宮も、その実、清朝時代には台南の大天后宮まで進香に行っていました。大天后宮は祖廟ではありませんが、数万人にのぼる信者がともに歩いたそうです。現在でも「府城迎媽祖」という遶境イベントでその名残を見ることができます。

  

※ 北港朝天宮天上聖母遶境の詳細はこちらへ ※

 

f:id:balbaltan:20190531143845j:plain

ほかに有名な遶境としては、同じく中部雲林県で開催される「六房媽過爐」があります。特定の廟を持たず、毎年新しい紅壇が建てられ、年一回神様の引っ越しが行われます。引っ越しの際に、神輿が新しい紅壇の周辺地域を巡行します。

[六房媽過爐]https://t.co/LWIF2ddv7z

 

六房媽過爐は厳密に言うと、遶境ではなく「過爐」(爐主が交代する際、新たな爐主の地域を巡行する)というイベントですが、一般的には遶境として考えられています。

 

f:id:balbaltan:20191127153135j:plain

南部では、三年に一度行われ、王爺信仰における焼王船で名高い「東港迎王」や「西港刈香」があります。名称には刈香とありますが、実質は遶境になると考えれらます。また焼王船は「建醮(王醮)」という儀式になりますが、遶境とセットで行われています。

※ 建醮についてはこちらへ ※

[道教儀式]建醮(神壇による祈祷儀式) - 徒 歩 進 香[巡 礼]

 

また北部となると、大衆爺の生誕を祝う「新莊大拜拜」や台北三大遶境の一つである「青山王遶境」などが有名です。大衆爺は本来陰神という存在ですが、新莊大拜拜のケースでは、陰神から正神に昇格しています。 

※ 陰神についてはこちらへ ※

[道教寺院]陽廟と陰廟 - 徒 歩 進 香[巡 礼]

 

 

先にも書きましたが、一般的な遶境では外部の人たちが参加することはあまりありません。しかし北港媽祖や六房媽、東港迎王などの大規模遶境となると、多くの随香客が神輿に付き添い、遶境行列とともに歩いています。

機会があれば、みなさんもぜひ歩いてみてください。

 

 

進香(巡礼)とは

「進香」とは、言ってみれば神様の里帰りです。神様とともに遠く離れた祖廟まで往復します。

イメージとしては、神輿とともに行うお伊勢参りのような感じでしょうか。集団で玉造を出発し、伊勢神宮をお参りして、また戻ってくるような感じの宗教イベントです。

 

f:id:balbaltan:20191204122703j:plain

台湾にある道教の廟は、古く歴史ある廟から「分霊」され各地に建立されています。北港朝天宮や南鯤鯓代天府などの有名な廟になると、その数は数千、数万にものぼります。そこで毎年神様の誕生日の前後には、盛大に里帰りの巡礼が行われ、この期間は進香期と呼ばれます。

[進香期(鹿港天后宮)]https://t.co/KsNhCSKLYB

 

想像してみてください、数千もの分霊された子どもたち(?)が一斉に里帰りをするわけですから、誕生日前後に分散されるとしても、それはものすごいことになるんですね。

 

※ 進香期についてはこちらへ ※

[巡礼期] 進香期レポート - 徒 歩 進 香[巡 礼]

 

f:id:balbaltan:20191024215428j:plain

南投県にある松柏嶺受天宮は山の上に位置していますが、玄天大帝の誕生日前後の進香期には、途切れることのない進香団でそれはえらくにぎやかになります。

[進香期(受天宮)]https://t.co/SUOxBfT4t5

 

f:id:balbaltan:20191204161319j:plain

なかでも、日本語ではタンキーと呼ばれる「乩童」(ジートン)は有名です。乩童は神様が乗り移る特別な存在であり、自ら身体を傷つけることでそのことを証明します。そのため、この時期の受天宮には血だらけの乩童がたくさんいますので、心臓の弱い方は避けた方がいいかもしれません。

[乩童] https://t.co/Rx1GG3RPLE

[乩童(血まみれ)] https://t.co/Or1qZ5KgBB ※ご注意ください

 

f:id:balbaltan:20190108062244j:plain

進香の99%以上は、廟がチャーターした観光バスに乗って行われます。進香参加者の中には老人も多く、距離もあり、それも当然ですよね。道中大きな廟や友好廟に立ち寄りながら、祖廟を目指します。世界的に見ると巡礼は、個人で行われることが多いのですが、道教の場合は集団で行われる傾向にあります。

 

そして中には途中で観光地に寄ったりするケースもあるなど、廟に関わる人たちの慰安旅行の意味合いもあるのかもしれません。娯楽の少なかった時代、台湾の徒歩進香も、日本のお伊勢参り善光寺参り、富士講などと同様に、旅に出かける非常に貴重な機会でした。その文化がいまでも引き継がれ、宗教行事としての意味合いと娯楽としての要素が深く混ざりあっています。

 

しかし中には気合が入った、昔ながらに神輿を担ぎ歩いて里帰りを行う廟がごくわずかに存在しています。それも何百kmも!

それが『徒歩進香』と呼ばれるものです。

[徒歩進香]https://t.co/qCFzK82jiC

 

台湾において二百年以上の歴史がある宗教イベントであり、ここ二十年で徒歩による進香を行う廟も増えてきました。二百年前と言えば、日本は江戸時代後期であり、伊能忠敬が地図作りに日本全国を歩いていた頃でしょうか。

 

f:id:balbaltan:20191129143631j:plain

徒歩進香は「媽祖」(海の女神)信仰を中心に行われていますが、玄天上帝や王爺、保生大帝、廣澤尊王といった他の神様でも見ることができます。

 

特に旧暦3月23日の媽祖の誕生日前後は「迎媽祖」と称され、台湾全土を熱狂の渦に巻きこみます。近年では「三月瘋媽祖」(旧暦3月人々は媽祖のイベントに熱狂する)と呼ばれることも多くなっています。

 

現在では徒歩進香は、数十万人が参加し長い歴史を有する二大徒歩進香を筆頭に、台湾全土で数十の小中規模徒歩進香が行われています。

 

f:id:balbaltan:20191029162753j:plain

徒歩進香にも、所々歩く部分徒歩進香と完全徒歩進香があります。このブログでは全行程徒歩を前提とした完全徒歩進香を紹介しています。 

ただ完全徒歩とはいっても、参加者の多くは途中、私はドナドナと呼んでいる「服務車」や「香客車」といった車に乗り、疲れを調整しながら歩き続けます。

 

また徒歩進香の中には、神輿や陣頭が途中車でワープするものや、その日の目的地となる廟(駐駕地)に到着後、車で宿泊先まで移動し、翌朝再び車で戻ってくるものもあります。

 

 

進香の目的

f:id:balbaltan:20191029162403j:plain

進香の主な目的は、定期的に祖廟(分霊元)に帰ることで、神様としての力を補充することです。また特別な力を持つ香火(香炉の灰や火のついた香)を香擔に入れて持ち帰り、自廟の香炉の中に混ぜます。そうすることで、祖廟にあやかり、より霊験あらたかに、より多くの参拝客で賑わうよう祈りを込めます。ほかにも、神様の兵士である「兵将」の派遣をお願いしたり、祖廟への現状報告が行われます。

 

また廟や信者間、さらには神様同士の交流といった意味合いもあります。それほど多くはありませんが、祖廟ではない廟に進香団が向かう場合は、この定期交流や信者間の結束強化などが主な目的になるのでしょう。

 

f:id:balbaltan:20191204123246j:plain

長い歴史を持つ廟の多くは、中国から分霊されています。しかし昔は、中国に船で渡るにはかなりの危険が伴い、また村人たちは貧しく費用を捻出できなかったことから、その代わりとしてより歴史のある台湾本島内のほかの廟に向かうこととなったケースもあります。

 

私の知る限り、祖廟以外に向かう徒歩進香は4つしかありません。車で行われる進香については定かではありませんが、交通が発達した現代、かなり少ないと考えていいでしょう。ただ一部進香は、祖廟ではなくより多くの信者を抱える廟に行き、その繁栄にあやかるという目的で行われることもあります。またどこからも分霊されていないケースなどでも、同様に有名な廟に行くのかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20191129143029j:plain

より目的を明確化するために、進香の代わりに刈香謁祖、會香、參香、巡香といった名称を使用することもあります。「刈香」という言葉は、祖廟の香炉の灰を持って帰ってくること、「謁祖」は祖廟の神様に謁見することを意味しています。

 

進香という言葉にも、小さな廟が大きな廟を訪れるという意味が含まれていますが、最近ではそれも薄まりつつあるようです。

 

進香 : 祖廟に帰り神様の力を補充する、もしくは友好廟を訪れ交流する。

刈香 : 祖廟に帰り神様の力を補充する。

謁祖 : 刈香と同じ。

會香 : 進香と同じ。ただし友好廟を訪れる意味合いが強い。

巡香 : 大きな廟が小さな廟の状況を見回る。

 

遶境 : 廟の管轄地域を神様が巡視する。

過爐 : 爐主が変わる際に、新しい爐主の地域を神様が巡視する。

 

f:id:balbaltan:20191029193843j:plain

神輿に付き添い共に歩く信者たちは隨香客と呼ばれます。一部の隨香客は火のついた線香を手に歩き続けます。彼らはその信仰心から神様に寄り添い歩き、またそれにより神様のご加護を得ることを目的としています。

 

さらに、長丁場の進香全行程を歩き通す隨香客の中には、神様にお願いしたことが実現し、それに対する御礼という意味合いで歩いているケースもあるようです。 

 

 

まとめると...

簡単にまとめると、遶境・進香とは次のようになります。

 

◆遶境 : 神様の記念日を祝い、廟のある地域周辺を神輿や陣頭が練り歩く。(信者が多い廟になると、少し離れた地域で行うこともあります)

 

◆進香 : 神様の里帰りとして、バスや車に乗り、遠く離れた祖廟まで往復する。(駐車場から廟までの間を神輿や陣頭が練り歩きます)

 

◆徒歩進香 : 完全徒歩で行われる進香。(完全徒歩進香でも、希望者は途中服務車に乗ることができます)

 

◆部分徒歩進香 : 歩きと車を併用した進香。(部分徒歩を前提とした進香は、それほど多くはありません)

 

 

二大徒歩進香

f:id:balbaltan:20191029195946j:plain

台湾で一般に三大進香・遶境と呼ばれているものは、

・ 大甲鎮瀾宮天上聖母遶境進香(台中市

・ 白沙屯拱天宮天上聖母北港進香(苗栗県

北港朝天宮天上聖母遶境(雲林県

です。

 

その中で徒歩進香にあたるものは

 大甲鎮瀾宮天上聖母遶境進香

 白沙屯拱天宮天上聖母北港進香

になります。

 

もはや徒歩進香界の二大巨頭と言ってもいいでしょう。数十万人が参加し、他の徒歩進香イベントの追随を許さない勢いです。現在数多くの徒歩進香イベントが開催されていますが、外部からの参加者が多い大規模徒歩進香は、この二つだけです。

ほかの中規模徒歩進香では、廟の関係者やその信者、地元住民たちを中心に構成され、随香客はだいたい数十~数百、多くても数千人規模です。

 

一般的な呼称について

それにしても、それぞれの名称が長く舌を噛みそうです。そこで一般にニュースなどでもよく使われる略称は以下の通りです。 

 

● 大甲媽祖遶境

● 白沙屯媽祖進香

北港媽祖遶境

 

大甲媽祖遶境と呼ぶことが一般的ですが、このブログではわかりやすさを考え、大甲媽祖遶境進香と進香までつけて呼ぶことにしました。なぜなら、このイベントは遶境ではなく進香イベントであるためです。ただ台湾人でも、遶境と進香の区別がついていない人が多いのが現実です。

 

進香や遶境をつけずに、「大甲媽祖に参加するよ!」「白沙屯媽祖を歩いたよ!」だけでも十分通じます。さらに言えば、「大甲を歩く」「白沙屯に参加する」でも問題ないでしょう。私もよくこのように呼んでいます。この二つのイベントは、そこまで台湾社会に深く浸透しているのです。

このブログでも上記の呼称を使用してまいります。

 

遶境か、それとも進香か 

大甲媽祖は進香なのに、なぜ遶境と呼ばれるの? と思われるかもしれません。これにはいろいろ複雑な歴史的事情がありますので、まああまり気にしないでください。興味がある方は、大甲媽祖遶境進香の目的地が北港朝天宮から新港奉天宮に変更となったいきさつを調べてみてください。大甲媽祖も元々は『大甲鎮瀾宮天上聖母遶境進香ではなく、『大甲鎮瀾宮天上聖母謁祖進香(北港進香)』という名称でした。

参考:http://think.folklore.tw/posts/2305

 

大甲媽祖以外にも、明らかに進香イベントなのに遶境という名称を使っているところがあります。目的地が祖廟ではなかったり、さまざまな歴史的背景により、一概に分類することは難しいのかもしれません。もともとは祖廟に向かっていたものの、遠いという理由により手前で折り返してくることになったイベントもあります。

 

このブログでは分かりやすさを重視し、

・遠くまで行って帰ってくる ➡ 進香

・特定の地域を練り歩く ➡ 遶境

と定義しています。

 

 

最古の徒歩進香

f:id:balbaltan:20190429213329j:plain

最古の歴史を誇る徒歩進香は、彰化南瑤宮笨港進香彰化市です。

200年以上の歴史があり、日本統治時代には10万人を超える徒歩参加者がいたと言われるイベントですが、途中五十年の中断期間を経て、数年前に復活しました。

そのため、実際はまだまだこれからの部分が大きい官制新興徒歩進香です。

※ 南瑤宮苯港進香の詳細はこちらへ ※

[徒歩巡礼]中規模徒歩進香 - 徒 歩 進 香[巡 礼] 

 

 

 

国指定 重要無形民俗文化遺産

f:id:balbaltan:20190429214511j:plain

台湾文化部が指定する無形民俗文化遺産の中で、最も上位にあたる重要無形民俗文化遺産とされるものが18あります。その中で遶境・進香にかかわるものが10を占め、その内道教が8、仏教が2になります。これを見ただけでも、台湾文化において遶境・進香がいかに重要な地位を占めているかが分かると思います。

 

≪無形文化資産 重要民俗 (道教) ≫

  西港刈香[遶境/建醮]王爺 台南市

  大甲媽祖遶境進香[進香]媽祖 台中市

  北港媽祖遶境[遶境]媽祖 雲林県

  白沙屯媽祖進香[進香]媽祖 苗栗県

  東港迎王[遶境/建醮]王爺 屏東県

  南鯤鯓代天府進香期[進香]王爺 台南市

  金門迎城隍[遶境]城隍爺 金門県

  六房媽過爐[遶境/過爐]媽祖 雲林県

 

f:id:balbaltan:20191129125940j:plain

ちなみに仏教に関するものは、観音菩薩信仰の以下の2つです。

「東山迎佛祖」(台南)

「羅漢門迎佛祖」(高雄)

 

この2つのイベントについては、[仏教進香・遶境レポート]にて紹介しています。ただ当ブログではこの2つのイベントを仏教に分類してはいますが、台湾の知り合いに言わせると道教のイベントに入るそうです。

 

台湾では道教と仏教、さらには民間信仰が深く混ざり合わさっているため、厳密に分類するのは難しく、特に観音菩薩はかなり曖昧な存在となっています。

[東山迎佛祖] https://t.co/fuBSge2yMz

[羅漢門迎佛祖 ]https://t.co/fxcCiAEwJU

 

f:id:balbaltan:20191129123801j:plain

道教、仏教以外には、少数民族のお祭りなどが指定されています。

少数民族のお祭り] https://t.co/zA6661zZG4

 

 

もう一度歩きたいイベント四選

数多くの進香、遶境を歩いて来た筆者が厳選するおススメのイベントを4つご紹介します。

 

f:id:balbaltan:20191129152517j:plain

- 大甲媽祖遶境進香

言わずと知れた徒歩進香を代表するイベント。数十万人が参加する。進香途上で味わうことのできる台湾の人々の人情味が心をうつ。ウォーキングイベントとして参加する人も多い。

 

f:id:balbaltan:20191129141734j:plain

- 白沙屯媽祖進香

大甲媽祖と並び称される、伝統を守り続ける人気の徒歩進香イベント。十万人以上が参加する。ルートが決まっていないため、その難易度は高い。特に「急行軍」の年はリタイア必至である。

 

f:id:balbaltan:20191129144732j:plain

- 龍結媽徒歩進香

小規模ながら心温まる徒歩進香イベント。定まったルートはなく、神輿は道なき道を突き進む。進香途上において、その地に棲みつく「好兄弟」(悪霊)を捉え、地域の平安を守っている。

 f:id:balbaltan:20191129135335j:plain

- 羅漢門迎佛祖

観音菩薩(仏教)の遶境イベント。4日間かけて神輿が周辺地域を巡る。内門地区に残る伝統と敬虔な信仰心に心を打たれる。芸術的武芸の陣頭「宋江陣」も見どころの一つ。田舎ののどかな風景を楽しみながら、村々では昔と変わらぬ素朴な人情味にふれることができる。

 

 

参加する上での注意点

f:id:balbaltan:20191129212336j:plain

小・中規模の徒歩進香は、春秋を中心にいろいろな地域で行われています。多くは一般に参加者を募っており、私たち外国人でも参加できます。しかし慣れない段階での小・中規模イベントへの参加は、あまりオススメしません。

 

言葉の心配がある方、もしくはまだ慣れていないうちは、大甲媽祖や白沙屯媽祖のような大規模徒歩進香イベントにしぼって参加された方がいいでしょう。

そしてさらにもう一歩深みへズブズブとはまってみたいと思えた時、中規模の進香イベントに参加してみてはいかがでしょうか。その時は台湾人の知り合いに連れて行ってもらってもいいかもしれません。

もしウォーキングイベントとして参加されるとしても、宗教イベントであることを念頭において、神様や信者の方々への敬意は決して忘れないでください。

 

私のように完全徒歩を目指す人も注意が必要です。多くの徒歩参加者が途中で車に乗ってしまうケースでは、必然的に隊列より遅れやすくなります。遅れた場合も決してあきらめず、体調管理と交通事故には十分気を付けて歩き続けてください。

 

また、マイナスなことはあまり書きたくないのですが、進香や遶境における一部参加者のごみポイ捨てなどのマナーの悪さや騒音、さらには交通渋滞や大気汚染を引き起こす原因ともなることで、こうしたイベントを快く思っていない人たちも一定数いるということを、頭の片隅に置いておいてください。

私も急いでいる時に遶境渋滞につかまると、正直イライラすることもあります。みなさんは周辺住民への配慮の気持ちを忘れずに、マナーを守って参加しましょう。

 

 

最後に

近年、大規模で有名な廟、例えば北港朝天宮、新港奉天宮、大甲鎮瀾宮、西螺福興宮などにおいて、自転車ロングライドやマラソンのイベントを企画するところが増えてきています。興味がある方は、異国でのイベントにぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

   

 

このブログでは、みなさんも気軽に参加できる大甲媽祖と白沙屯媽祖の二大徒歩進香を中心に、その概要を詳しく紹介してまいります。

 

私は若い頃、四国遍路を通し打ちしたことがあります。四国遍路では同行二人と言われるように、お大師様の化身である杖とともに1,300kmを歩きます。つまり集団ではなく個人で行われる巡礼です。山深い遍路道も、真っ暗なトンネルも、バス停での野宿も、常に孤独との戦いです。熊野古道と同様に、厳しい修行の道を一人黙々と歩き続けます。

 

その点大甲や白沙屯といった徒歩進香では、山の中を歩くことはありません。主に街中や田舎道を集団で歩きます。しかしその分修行というだけではなく、お祭り的要素もふんだんに含んだ楽しいイベントになっています。

また全行程を歩く必要はなく、1日のみや数時間だけの参加でもかまいません。さらに大勢の人達と歩くことで、いろいろな出会いがあり、また地域住民の方々と触れ合う機会も多分にあります。

 

こういった点からも、だれでも、旅行者でも、気軽に参加できる巡礼イベントであると言っていいでしょう。

  

 

※ 大甲媽祖遶境進香レポート ※

 

※ 白沙屯媽祖進香レポート ※

 

※ 南鯤鯓代天府進香期についてはこちらへ ※

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]