徒 歩 進 香[巡 礼]

ハマるぞ台湾!道教文化

進香期レポート

 

ここまで徒歩進香について、詳しく紹介させていただきました。しかし進香はまだまだ奥深く、実はもう一つ楽しみ方があります。それが「進香期」の見物です。

 

f:id:balbaltan:20181015043607j:plain

 

 

[目次]

 

 

進香期とは

f:id:balbaltan:20181015043831j:plain

以前少しだけ紹介をしましたが、進香のうち徒歩で行われるものはほんのごく一部のみであり、99%以上の進香は観光バスに乗り行われます。バスに乗り現地入りし、陣頭は駐車場から廟までの間で行われます。そこで我々は廟で待ち構え、さまざまな進香団の陣頭を見物をするのです。

その進香が集中する時期を「進香期」と呼び、多い廟では1日あたり大小さまざま100グループ以上の進香団が訪れます。進香期は一般的に神様の誕生日前後となるので、見物に行く場合は誕生日前数週間の週末が狙い目です。

遶境の場合では巡行する長く続く陣頭を路上で見物しますが、それに対して進香期では、波のように押し寄せる短い陣頭を廟で待ち構えて見物することになります。

 

人気の高い神様、進香でにぎわう廟

台湾で最も多く祀られている神様はおそらく福徳正神(土地公)でしょう。その次に王爺、天上聖母(媽祖)、玄天上帝などの神様が続きます。 觀音菩薩は仏教道教の間に存在しているため、ここでは省略しています。

f:id:balbaltan:20181015045027j:plain

※媽祖像

 

<各神様の誕生日>

・福徳正神:旧暦二月二日

・王爺:旧暦四月二十六日、四月二十七日、六月十八日、八月十五日、九月十五日...

・媽祖:旧暦三月二十三日

・玄天上帝:旧暦三月三日

※王爺の誕生日がなぜたくさんあるのかについては、後ほど説明させていただきます。

 

f:id:balbaltan:20190421160929j:plain

※鹿港天后宮進香期

これからわかるように、旧暦三月前後に多くの進香期が集中しています。

 

f:id:balbaltan:20181015044152j:plain

※松柏嶺受天宮

進香期がにぎわう廟、つまり分霊が多い廟は以下の通りです。

・福徳正神:恆春高山巖福德宮(屏東県恆春鎮)

・王爺:南鯤鯓代天府(台南市北門区)

・媽祖北港朝天宮(雲林県北港鎮)、大甲鎮瀾宮(台中市大甲区)、鹿港天后宮(彰化県鹿港鎮)

・玄天上帝:松柏嶺受天宮(南投県名間郷)

ただし福徳正神の進香はあまり多くないかもしれません。

 

進香期見物に出発

f:id:balbaltan:20181015045422j:plain

※今回の進香期見物の拠点となった台南市北部の新営駅前

今回は中壇元帥(太子爺)と王爺(呉府千歳)の誕生日が近いということで、週末を利用し台南市北部にやって来ました。それぞれの神様を祀る代表的な廟に進香期の見物に行く計画です。台南市の有名な廟の多くは中西区近辺に集中していますが、北部にもいくつか点在しています。

進香期の見物は春に行った松柏嶺受天宮以来となり、わくわくしながらの出発となりました。

 

新営太子宮(中壇元帥)

f:id:balbaltan:20181015035129j:plain

まず最初に訪問したのは、中壇元帥の総本山として有名な新営太子宮です。新営駅からバスで30分ほどの距離に位置しています。

 

f:id:balbaltan:20181015035306j:plain

それでは道教でも人気の神様である中壇元帥について簡単にご紹介します。

 

f:id:balbaltan:20181015154207j:plain

中壇元帥というとあまりピンと来ないかもしれませんが、3人の神様が踊る陣頭(電音三太子)をどこかで見たことがあるかもしれません。そのうちの一人が中壇元帥です。中壇元帥とは本来役職名であり、名前を哪吒と言います。残り二人はお兄さんの金吒と木叉、ちなみに父親は李靖です。

中壇元帥は地域の守り神「五営兵将」のリーダーであり、日々神兵とともに街の平和を守っています。そうなると上司は玄天上帝なのかもしれません。中壇元帥にはいろいろな逸話がありますので、興味がある方はぜひ調べてみてください。かなり暴力的な神様です。

 

新営太子宮の進香期をレポート

f:id:balbaltan:20181015041138j:plain

新営太子宮にお昼頃到着すると、廟前広場は進香団と見物客ですでにとてもにぎやかです。

 

f:id:balbaltan:20181015041306j:plain

まずは廟のすぐ目の前にある旧廟をお参りします。こちらでも陣頭が行われています。

 

f:id:balbaltan:20181015164517j:plain

よく見かける誰も観ていない布袋劇が演じられていました。これは私たちではなく、神様をもてなしています。

 

f:id:balbaltan:20181015041631j:plain

続いて本廟をお参りするため、他の参拝客の後ろについて建物の中へと入ります。

 

f:id:balbaltan:20181015041743j:plain

以前訪れた時にはなかった礼拝用の台が設置されており、奥までは入れないようです。人ごみの中で神様にご挨拶します。

  

f:id:balbaltan:20181015164310j:plain

廟の扉の前には多くのお供え物が供えられています。

 

f:id:balbaltan:20181015164335j:plain

こちらでは金紙(紙のお金)や線香が売られています。金紙の価格は、100元の廟とお気持ちを入れてくださいという廟に分かれます。 

 

f:id:balbaltan:20181015164319j:plain

こちらでは廟グッズが売られています。

 

f:id:balbaltan:20181015163848j:plain

金紙を焼く金炉からは煙が途切れることがありません。

 

f:id:balbaltan:20181015042027j:plain

廟の外に出て空を仰ぐと、屋根の上で輝く太子像が印象的です。

 

f:id:balbaltan:20181015164723j:plain

お参りを終えたら、いよいよ進香期見物です。廟から数百メートル先の路上より、進香がスタートします。

 

f:id:balbaltan:20181015042158j:plain

廟前の道路は進香団であふれかえり、その中に早速「乩童」の姿を見つけました。進香期見物のお目当の一つは、やはりこの神様が乗り移る存在である乩童ですね。玄天上帝や王爺、中壇元帥の進香団では、乩童の姿を見ることができます。媽祖でも時折見かけます。

 

f:id:balbaltan:20181015163404j:plain

乩童は果たして本物なのかという点については、正直なところ半信半疑です。中には一部本物がいるかもしれませんが、多くは演技だろうなと思っています。それも含めて見物してみると、いろいろ楽しいですよ。

 

f:id:balbaltan:20181015163223j:plain

このおばあさんも乩童なのでしょうか。

 

f:id:balbaltan:20181015164620j:plain

進香団ごとに毎回大量の爆竹が準備されます。

 

f:id:balbaltan:20181015164029j:plain

爆竹の音が鳴り響き、乩童は裸足で火のついた爆竹の上を歩いていきます。

 

f:id:balbaltan:20190314071021j:plain

進香団や見物客はみな煙と塵に包まれています。

 

f:id:balbaltan:20190314071623j:plain

お参りを終えると進香団は神輿と共に帰っていきます。

 

f:id:balbaltan:20181015164629j:plain

爆竹のゴミは、廟のボランティアの方々が清掃しています。お疲れさまです。

 

f:id:balbaltan:20190314071342j:plain

掃除を終えきれいになった広場に、次の進香団がやって来ました。

 

f:id:balbaltan:20181015164250j:plain

波のように押し寄せる進香団では、さまざまな陣頭を楽しむことができます。こちらは二人組で踊る舞獅です。

 

f:id:balbaltan:20181015163449j:plain

陣頭の中でも人気の高い八家将がやってきました。

 

f:id:balbaltan:20190314070913j:plain

こちらは将軍コンビの一人千里眼将軍に似ていますがちょっと違うようです。

 

f:id:balbaltan:20181015164134j:plain

辣妹によるポールダンスがやってきました。

 

f:id:balbaltan:20190314070525j:plain

廟の上階からの眺めです。奥に見えるのが旧廟ですね。

 

f:id:balbaltan:20181015163536j:plain

週末ということもあり、広場は進香団と見物客で埋め尽くされています。

 

f:id:balbaltan:20181015163937j:plain

廟脇の建物で進香の順番待ちする神輿や陣頭たちです。

 

f:id:balbaltan:20181015163744j:plain

駐車場には多くの進香団の観光バスが停車しています。

 

f:id:balbaltan:20181015163751j:plain

神輿や陣頭の道具を運ぶトラックです。

 

f:id:balbaltan:20181017080836p:plain

FBを確認すると、なんと新北市から9日間かけて歩いてきた徒歩進香団が間もなく到着するとの投稿を見つけました。

 

f:id:balbaltan:20181015164447j:plain

廟の裏では多くの屋台が軒を並べ、ちょっとした夜市のようです。 

こうして進香期を数時間見物し、私は廟を後にしました。

 

 

南鯤鯓代天府(王爺)

f:id:balbaltan:20181015034637j:plain

翌日訪れた廟は、新営駅からバスで1時間弱の北台南に位置する、王爺信仰の総本山ともいわれる南鯤鯓代天府です。唯一国定重要無形文化遺産にも指定されている最も有名な「進香期」と言っていいでしょう。

 

f:id:balbaltan:20181015034347j:plain

※正統鹿耳門聖母廟

南鯤鯓代天府は台南市安南区にある正統鹿耳門聖母廟と並ぶ規模を誇り、とても壮大です。

 

f:id:balbaltan:20181015040337j:plain

それではなぜ王爺の誕生日が複数あるのかという点について、簡単に解説します。

それは「王爺」という名称は、一柱の神様を指している訳ではなく総称となっているからです。「〇府千歳」とあるのが王爺のことですが、この〇の部分にいろいろな姓が入り、その数は100を超えています。中でも代表的なものが、五府千歳と言われる李・池・呉・朱・范です。

王爺とはもともとは疫病神であり、海を越えて疫病を連れてくると言われていました。それが転じて疫病を追い払う神様へと変わり、疫病がなくなった現在では厄災を取り払ってくれる神様としてあがめられるようになりました。台湾でよく見られる代天府と名がついている廟は王爺の廟になります。

北部の城隍爺、中部の媽祖、南部の王爺と言われるように、特に台湾南部では王爺信仰が盛んです。有名な焼王船も王爺のイベントになります。

 

南鯤鯓代天府(王爺)の進香期をレポート

f:id:balbaltan:20181015040638j:plain

進香期見物二日目、バスが廟に近づくと、遠くから爆竹や花火の音が鳴り響いてきました。すでに進香団が到着し、現地はにぎやかなようです。

 

f:id:balbaltan:20181015181135j:plain

廟前の礼拝場は、進香期を見物する人々で混み合い、爆竹や音楽が鳴り響き、ちょっとしたカオスでした。

 

f:id:balbaltan:20181015181416j:plain

奥に見えるのが、南鯤鯓代天府の本堂と言える建物です。なかなか長い歴史を感じさせる風情が漂っています。

 

f:id:balbaltan:20181015181226j:plain

廟の中もすごい人ですね。こちらも手前に柵が設けられ、神様の前まではたどり着けません。遠くから手を合わせます。 

  

f:id:balbaltan:20181015182300j:plain

お参りを終え、廟前広場に戻ってきました。進香期には次から次へと進香団がやってきます。 

 

 f:id:balbaltan:20181015182047j:plain

進香団の規模も、数人から100人を超えるものまでと様々です。

 

f:id:balbaltan:20181015181538j:plain

陣頭の中に馬の行列を見つけました。

 

f:id:balbaltan:20181015182432j:plain

進香に向かうグループと入れ替わりに、お参りの終ったグループが駐車場へ戻っていきます。

 

f:id:balbaltan:20181015181612j:plain

乩童です。王爺の進香団でも乩童の姿を見ることができます。

 

f:id:balbaltan:20181015182322j:plain

背中の傷が見てとれるかと思います。中にはひどく流血している乩童もいます。

 

f:id:balbaltan:20181015181532j:plain

陣頭の一つ、舞獅による獅陣です。日本の獅子舞に似ていますね。

 

f:id:balbaltan:20181015182039j:plain

同じく陣頭の一つ、八家将です。 陣頭は三種類あり、舞獅や八家将などの武陣、太鼓や管楽器などの文陣、お葬式で楽器を弾いたり踊ったりする喪葬陣です。このうち前者二つを、進香や遶境などで見ることができます。

 

f:id:balbaltan:20190314075046j:plain

陣頭ではおなじみの千里眼将軍順風耳将軍です。遶境では、将軍の紙で作られた髪の装飾(篙錢)が落ちると、信者の方々が大事そうに拾っています。

 

f:id:balbaltan:20181015181716j:plain

廟前の礼拝場では読経によるお参りが行われていました。

 

f:id:balbaltan:20181015181722j:plain

廟の裏手にある凌霄寶殿です。こちらでは玉皇大帝などの神様が祀られています。

 

f:id:balbaltan:20181015181452j:plain

お参りに使う線香や金紙はこちらで購入します。セットで100元です。ちなみに「ご自由にお使いください」の線香は置かれていませんでした。廟によくある無料の線香は廟が用意したものではなく、一般に信者の方々が寄付したものです。私もよく行く廟では、時々多めに買って線香入れに入れたりしています。

 

f:id:balbaltan:20181015181736j:plain

ガスバーナーではなく線香を押し付けて火をつける珍しいタイプです。でもこの方がつけやすいですね。

 

f:id:balbaltan:20181015043236j:plain

廟の中にはコンビニや郵便局までありますよ。

 

f:id:balbaltan:20181015181821j:plain

敷地内にあるレストランや宿泊施設の入った建物です。

 

f:id:balbaltan:20181015181829j:plain

食堂や土産物屋が集まる一角。ちょっとした市場のようです。

 

f:id:balbaltan:20181015181838j:plain

敷地内の庭園も美しく管理されています。

 

f:id:balbaltan:20181015181907j:plain

駐車場には進香団の観光バスが所狭しと停車しています。

 

f:id:balbaltan:20181015040926j:plain

南鯤鯓代天府の十大特徴が紹介されていました。

この日も多くの進香団を見物し十分満足できたので、爆竹の音を背中に聞きながら、バスに乗り帰途につきました。

 

注意事項

進行期を見物する上でいくつか注意点があります。

 

1.神輿に近寄ったり、前を横切らない

f:id:balbaltan:20181017112024j:plain

進香団のお参りを邪魔してはいけません。ただ正直、前を横切らないことには移動ができなくなります。その際はお参りをしている時の神輿や神像の前は横切らないように注意しましょう。

 

2.爆竹に注意する

f:id:balbaltan:20181015182422j:plain

とにかく至る所で爆竹がならされます。爆竹に火をつける際、周りに声をかけてくれる人もいますが、たいていは気にせず鳴らされます。たまにいきなり足元で爆竹が破裂し、驚かされることもあります。そこでやけどをしないよう、長ズボンで見物に行くことをおすすめします。そして写真のように爆竹が並べられている場所には、できる限り近づかないようにしましょう。

また音もものすごいため、慣れないうちは爆竹の間は耳をふさいだ方がいいかもしれません。

 

3.煙や塵を吸い込まないよう対策を

f:id:balbaltan:20181015163704j:plain

廟周辺には爆竹や花火による煙や塵が充満しています。マスクや口を覆うタオルを忘れずに持参しましょう。

 

[追記]松柏坑受天宮進香期

f:id:balbaltan:20190331111137j:plain

南投県名間鄉にある玄天上帝の総本山である松柏坑受天宮です。

 

f:id:balbaltan:20190331111834j:plain

山登り徒歩進香で受天宮に到着した後、進香団はみなバスに乗って山を下っていったのですが、私は一人進香期を見学、というよりも乩童を見学してから歩いて帰りました。その際撮影した乩童の写真をいくつか紹介したいと思います。

 

f:id:balbaltan:20190331112134j:plain

f:id:balbaltan:20190331112247j:plain

f:id:balbaltan:20190331112330j:plain

f:id:balbaltan:20190331113254j:plain

f:id:balbaltan:20190331112219j:plain

f:id:balbaltan:20190331112601j:plain

多くの乩童を目にすることが出来ましたが、顔を串刺しにしたり、頭に鉄球を落としたり、血まみれな乩童の姿は、見ることができませんでした。

 

f:id:balbaltan:20190331112644j:plain

乩童が身体を傷つけるために使用する武器になります。

 

f:id:balbaltan:20190331112729j:plain

進香期を見学後は、受天宮から山道を降り、二水駅から電車に乗りました。

 

 

最後に

進香期は遶境見物とともに、台湾の道教文化を手軽に楽しむことができる機会です。旅行の日程を決める際には、ぜひ神様の誕生日も合わせて調べてみてください。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]