徒 歩 進 香[巡 礼]

ハマるぞ台湾!道教文化

【目次】

 

【基礎知識】 

1.徒歩進香の世界へようこそ

 

 2.進香とは? 

 

3.二大徒歩進香

 

 

【大甲媽祖進香】 

4.大甲媽祖進香

 

5.大甲媽祖進香レポート

 

6.大甲媽祖進香攻略ノート

 

 

【白沙屯媽祖進香】 

7.白沙屯媽祖進香

 

8.白沙屯媽祖進香レポート

 

9.白沙屯媽祖進香一問一答

 

 

【実用知識】 

10.徒歩進香の持ち物リスト

 

11.日程および申込

 

 

【その他イベント】

12.北港媽祖遶境

 

13.その他徒歩進香

 

 

【参加レポート】

14.徒歩進香レポート

 

15.進香期レポート

 

16.遶境参加レポート

 

17.仏教進香・遶境レポート

 

18.[道教行事]搶頭香レポート(台湾版福男)

 

19.[道教御祭]鹽水蜂炮レポート

 

 

道教知識】 

20.[道教儀式]拝土地公(土地の神様を拝む)

 

21.[道教儀式]收驚(お祓い)

 

22.[道教儀式]建醮(神壇による祈祷儀式)

 

23.[道教寺院]公廟と私廟

 

24.[道教寺院]陽廟と陰廟

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]

 

 

白沙屯媽祖進香レポート

 

白沙屯媽祖進香に参加してまいりました。10日間の行程の内、往路1日、復路3日計4日間を歩いた、その参加レポートを紹介させていただきます。今後参加される方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

 

f:id:balbaltan:20190421101750j:plain

 

※ 白沙屯媽祖については、こちらへ ※


※ 申込および参加までの流れについては、こちらへ ※


 

[目次]

 

 

参加初日(進香4日目)

大甲媽祖進香の往路を新港奉天宮まで歩き切り、その夜は隣町の北港にあるゲストハウスに泊りました。翌日から引き続き、白沙屯媽祖進香に参加するためです。白沙屯グッズ一式は事前にゲストハウスに送っておきました。

 

f:id:balbaltan:20190422120043j:plain

早朝3時に起床し、出発の準備を整えました。神輿は昨夜、褒忠という街に駐駕し、早朝5時に出発予定となっています。神輿はその日のうちに、ここ北港朝天宮までやってきて、往路のゴールとなります。

そこで私は4時前には宿を離れ、朝天宮辺りで一緒にタクシーを割り勘してくれる参加者を探しました。朝天宮近くには白沙屯媽祖進香の香燈腳の姿をちらほらと見ることができました。そのうち何人かに話しかけている過程で、3人組のグループの方が、一緒に連れて行ってくれることになりました。ありがとうございます。

 

f:id:balbaltan:20190422120304j:plain

駐駕先の褒忠派出所には、すでに多くの香燈腳たちが集まっています。媽祖に今日から参加する旨の挨拶をします。

 

f:id:balbaltan:20190422121418j:plain

4時半になり、人の流れに乗って、少し早めに出発しました。駐駕先はものすごい人ごみのため、少し先で神輿に合流する計画です。白沙屯媽祖進香は、大甲媽祖進香より参加者が集中しやすいことが難しさの一つです。

 

f:id:balbaltan:20190422122632j:plain

空が明るみだした頃、頭旗グループに吸収されました。頭旗の後ろに続く、集団の中を歩きます。

 

f:id:balbaltan:20190422122959j:plain

白沙屯媽祖進香では既定路線がなく、神輿の進む方向は神の意志により決められます。そのため基本神輿の後方を歩く必要があり、そこには当然非常に多くの香燈腳が集中します。そこで人ごみを避けるため、頭旗グループの近くを歩いたりもしますが、頭旗が必ずしも神輿と同じ道を進むとは限らず、たびたび走って神輿を追いかけなければならない事態も発生します。

 

f:id:balbaltan:20190422124226j:plain

大甲媽祖進香と同様に、路上では多くの信者の方々により、香燈腳に飲食が提供されています。ルートが決まっていないため、提供場所の設営がかなり困難になりますが、皆さんそれを乗り越え、こうして香燈腳をバックアップしてくれているのです。本当に感謝という言葉しかありません。

 

f:id:balbaltan:20190422125147j:plain

観光バスプランに申し込んだ方は、バスに乗り移動をすることもできます。こうしたバスが100台近く、進香団の近くを走っています。しかしバスは混雑を避けるため、必ずしも進香団と同じルートを走っているとは限らず、途中でバスに乗り込むことは簡単ではないかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20190422125607j:plain

しかし、私は「ドナドナ」と呼んでいるこのようなボランティアの服務車(香客車)が数多く走っていて、疲れた香燈腳を運んでくれます。見かけたら手を挙げて合図を送ると、停まって乗せてくれますよ。

 

f:id:balbaltan:20190422130137j:plain

この日は多くの香燈腳たちが頭旗よりも先行して歩いています。北港に到着するこの日は、ほぼルートが固定されているため、先に進んだとしても、神輿が全く違う方向に行ってしまったということがないからです。

 

f:id:balbaltan:20190422130556p:plain

ただ神輿追跡アプリを確認すると、神輿が途中休憩を挟んだことで、先行し過ぎてしまっているようです。休憩をはさみながら、神輿との合流を待つことにします。

 

f:id:balbaltan:20190422130758j:plain

午前8時ごろ、大甲媽祖進香の素食期間がようやく終わりを告げたため、ひさびさ、ほぼ1週間ぶりの肉料理となります。とても美味しくいただきました。

 

f:id:balbaltan:20190422131028j:plain

この巨大爆竹会場で休憩をとり、神輿を待つことにします。神輿が到着する頃には、この爆竹が鳴らされるはずです。

 

f:id:balbaltan:20190422131720j:plain

頭旗が歩き過ぎると、爆竹に火がつけられました。風向きをよく考えていなかったため、なんと火の粉や塵がすべてこちらに飛んできました。結局多少火傷を負い、バックパックも少し焦がしてしまいました。

その後なんと、ボディーガードに囲まれた蔡英文総統が歩いてきました。当然一目見ようと、ものすごい人だかりです。大甲媽祖進香では、次期総統の呼び声も高い柯文哲台北市長に会うことは叶いませんでしたが、この日はばっちりと蔡総統を目にすることができました。

 

f:id:balbaltan:20190422132447j:plain

そしていよいよ神輿が到着です。ここからしばらくは神輿の後ろについて歩きます。神輿の後ろはどうしても混み合うため、少し一緒に歩いた後は、ほかの香燈腳に場所を譲り、神輿の前を歩くようにしています。

 

f:id:balbaltan:20190422133259j:plain

路上では時折、換花のために神輿を待つ信者の姿を見かけました。

 

f:id:balbaltan:20190422133459j:plain

目的地である北港朝天宮に到着する前に、香燈腳は一旦その手前で集合することになります。その集合地点となる北辰派出所が近づくと、神輿はスピードを上げ始めました。香燈腳たちは、後ろから笛で追い立てられながら走ります。

 

f:id:balbaltan:20190422134055j:plain

北辰派出所前は、神輿の到着を待ち構える人たちでえらい混みようです。押し合いへし合いの人ごみを避けるため、神輿は待たずに先に行くことにします。

 

f:id:balbaltan:20190422134838j:plain

財神として名高い北港武徳宮をお参りして、ここで小休憩をとりました。休憩後は廟裏の駐車場から抜けて、大混雑を避けるために神輿より一足先に北港朝天宮を目指す予定です。

 

f:id:balbaltan:20190422135339j:plain

集団を避けるため、わざわざ裏から抜けたはずだったのですが、結局意に反して再度神輿と合流してしまいました。歩いていると、周りの人たちとぶつかりまくります。

 

f:id:balbaltan:20190422135938j:plain

白沙屯媽祖の神輿を出迎えに来た、北港朝天宮の報馬仔と遭遇しました。非常にいい味を出していますね。

 

f:id:balbaltan:20190504010515j:plain

そして、いよいよ北港朝天宮前で、神輿の入廟を見送ります。人ごみにもみくちゃにされながら、「進喔!進喔!進喔!」と大声で叫びました。こうして無事白沙屯媽祖進香の往路が終了しました。翌早朝に儀式が行われ、その後すぐに復路がスタートします。

私は仕事の都合上、どうしても一旦帰らなくてはならず、北港朝天宮をお参りし、媽祖に下馬の挨拶をした後、帰路につきました。

 

 

二日目(進香7日目)

f:id:balbaltan:20190422143117p:plain

二日間で仕事を片付け、復路の3日目(進香7日目)から進香団に復帰できることになりました。この日は、前夜埤頭合興宮に駐駕した神輿が早朝5時に出発します。そこから海側の路線を選び二林を目指すのか、そのまま北上し溪湖を目指すのか、それを見極めてから、神輿を追いかける予定です。

往路の際に、本来海側の路線を行くものと思われていましたが、意外にも山側のルートを進んだため、復路では海側を進むと私は予測していました。しかし予想に反して、神輿は溪湖へ向けて北上を始めたため、私も急いで溪湖を目指します。

 

f:id:balbaltan:20190422143323j:plain

これまで何度か来たことのある溪湖福安宮で神輿の到着を待ちます。ここは非常に重要なポイントであり、鹿港への海側路線に行くのか、彰化市への山側路線を進むのか、ここで再度運命の分かれ道です。

 

f:id:balbaltan:20190422144320j:plain

朝のニュースでも、彰化市内で大甲媽祖と出会うのではないかと報道されており、神輿より先行する多くの香燈腳たちは、彰化市方面に向かって歩いていきます。頭旗も彰化市方面へ進んでいきました。しかし鹿港方面を予想している私は、神輿の到着を待つことにします。

 

f:id:balbaltan:20190422144620j:plain

そして神輿が分岐点に到着すると、銅鑼の音と共にその躯体左右に揺らしながら、進むべき方向を考えています。そして鹿港方面の道を選択しました。私の予想が的中です。頭旗や彰化市方面へ向かった人たちは、慌てて戻ってきているものと思われます。

  

f:id:balbaltan:20190422144921j:plain

ここからは神輿の後について、鹿港を目指します。この辺りで進香仲間の知り合いと出会いました。大きな荷物を手に、全行程完歩を目指し歩いています。少し雑談をした後、私は神輿を追いかけます。

 

f:id:balbaltan:20190422145201j:plain

週末と言うこともあり、至る所で鑚轎脚が行われています。しかし香燈腳は、鑚轎脚をしてはいけないという暗黙の了解がありますので、白沙屯媽祖では、私も経験したことがありません。

 

f:id:balbaltan:20190422145756j:plain

神輿の後ろを離れ、ここからすこし先行します。

今回歩いた中で、白沙屯媽祖進香と大甲媽祖進香の参加方法の違いを2つ感じました。

1.まずは荷物の量です。大甲媽祖では大きなリュックを背負ったり、手押し車を押して参加する人たちがほとんどでしたが、白沙屯媽祖進香では、手押し車も、大きなリュックも見かけることは少なく、軽装の参加者が多くなっています。多くは観光バスプランを申し込んでいるか、比較的短期間の参加者の方が多いのだと思われます。 

2.次に自転車やバイクの参加者が、大甲媽祖に比べて少ないことです。白沙屯媽祖進香では、神輿の後ろに参加者が集中しますので、バイクや自転車での参加は危険であるという共通認識があるのだと思います。

 

 f:id:balbaltan:20190422183159j:plain

焼きウインナーは、今回の進香を通して、路上で配られていた食べ物の中で、私が好んで口にしたものの一つです。これと湯包は、見かけると必ずいただいていました。

 

f:id:balbaltan:20190422185751j:plain

医療ボランティアの方々が、様々な場所で足のケアサービスを提供しています。今年は幸い医療チームの方のお世話になることはありませんでした。

 

f:id:balbaltan:20190422191058p:plain

神輿が長時間の休憩に入ったため、私は鹿港を目指して先行します。ここまで来れば、今夜は鹿港での駐駕の可能性がかなり高くなっています。

 

f:id:balbaltan:20190422191624j:plain

鹿港に近づくと、香燈腳の姿もだんだんと少なくなってきました。神輿はまだ休憩中です。

 

f:id:balbaltan:20190422191705j:plain

順調に鹿港に到着しました。こちらは古刹鹿港龍山寺です。静かな雰囲気の中に重厚な歴史の流れを感じます。

 

f:id:balbaltan:20190422192254j:plain

鹿港で寝場所を探そうと考えていた時に、以前泊ったことがあるゲストハウスを思い出し立ち寄ると、幸いまだベッドに空きがありました。ただ神輿が今夜鹿港に駐駕するとは決まっておらず、今日中に伸港を目指すのではないかという意見さえ耳にします。そこで鹿港から大きく離れるようであれば、チェックアウトして追いかけることにしました。自転車で参加している知り合いも、ここに泊ることになりました。

 

f:id:balbaltan:20190422191930j:plain

早速荷物を置いて、鹿港天后宮にお参りに行きます。ゲストハウスで知り合った女性の方が案内していただけることになり、一緒にお参りをして回りました。

 

f:id:balbaltan:20190422192206j:plain

その後鹿港天后宮の進香期を堪能した後、食事をとり、シャワーを浴びると、ベッドにごろんと横になりました。かなり眠かったのですが、神輿が駐駕するまでは落ち着かず、アプリで神輿の動きを追い続けていました。鹿港では本日、天后宮と新祖宮の遶境が行われており、神輿はそれを避けるかのように、鹿港の街中を迂回して北上し、鹿港の北側で駐駕となりました。予想通りの展開です。媽祖の方角に手を合わせ、下馬の挨拶をします。

翌朝神輿は4時に起駕となるため、私は2時起きで、3時にはゲストハウスを出発する計画です。これでゆっくりと眠れます。

 

 

三日目(進香8日目)

f:id:balbaltan:20190422195102j:plain

蚊帳をつるのを忘れて寝てしまったため、夜中蚊に刺され何度か起こされました。2時には起床し、出発の準備を整えた後、知り合いとともに神輿の駐駕先を目指します。

 

f:id:balbaltan:20190422195432j:plain

3時半頃に駐駕地に着くと、すでに大勢の香燈腳が集まっています。人ごみをかき分け、媽祖に起馬の挨拶をしてから、少し早めに出発しました。本日は伸港を通り、大甲の北側で駐駕するであろうと予測していますが、途中のルートは全く分かりません。

 

f:id:balbaltan:20190422200232j:plain

早朝にも関わらず、多くの方が朝食を準備して待っていてくれます。ありがたいですね。観光バスも続々と到着してきました。宿泊地からの移動を考えると、おそらく相当早く出発してきたものと思われます。

 

f:id:balbaltan:20190422200803j:plain

このように荷物を預かってくれるボランティアの服務車を時折見かけました。荷物を預けるメリットとデメリットを考慮した上で、必要があれば、荷物をお願いしてみてはいかがでしょうか。

 

f:id:balbaltan:20190422201424j:plain

神輿からも頭旗からも先行し、黙々と伸港を目指していると、空も少しずつ明るみ始めました。

 

f:id:balbaltan:20190422201839j:plain

ふと気がつくと、頭旗グループに吸収されていました。北港朝天宮の火と灰が入った香擔の姿も見えます。香擔はほかの徒歩進香で何度か担いだことがありますが、結構な重さです。頭旗グループは時速5.5kmほどで進み、このぐらいのスピードが心地よく歩けます。

 

f:id:balbaltan:20190422202426j:plain

懐かしの伸港福安宮に到着です。去年も白沙屯媽祖進香を歩き、ここを通過しました。あの時はかなり苦しい状況での到着でしたが、今回はまだまだ余裕があります。大甲媽祖進香で痛めた足の裏の痛みも、だいぶ楽になってきています。

こちらは例年、往路で通過する確率が高い廟であり、往路の際には神輿の到来を待ち構え、たくさんの食事を準備して待っていてくれたと聞きました。しかし意外にも神輿が山側ルートを通ってしまったため、かなり無駄になってしまったそうです。

 

f:id:balbaltan:20190422203148j:plain

食事をいただきながら、神輿の到着を待ちます。こちらでいただいたデザートがとても美味しく、珍しくお代わりをいただきました。

 

f:id:balbaltan:20190504011736j:plain

そうこうしている間に、神輿が多くの香燈腳を引き連れ到着しました。神輿が休憩に入ったため、私は早めに福安宮を出発します。

 

f:id:balbaltan:20190425114959p:plain

本日は大甲方面を目指すと思われますが、ただ、河を越えた後のルートが複数考えられるため、あまり大きく先行はできません。

 

f:id:balbaltan:20190425115332j:plain

海沿いの17号線を進みそうな気がしますが、安全をとって真ん中の高架下の道を選びました。

 

f:id:balbaltan:20190425121138j:plain

神輿が来るかどうかも定かではない路上でも、こうして私たちの到着を待っていてくれる人たちがいます。湯包を提供している車を見かけ、思わず列に並びました。

 

f:id:balbaltan:20190425121723j:plain

神輿は休憩を終えると、この高架下のルートを進んできました。ややゆっくりめに歩いていたため、頭旗グループの銅鑼の音がだんだんと背後に迫ってきます。集団に吸収されないようスピードを上げます。

 

f:id:balbaltan:20190425122127p:plain

頭旗グループの銅鑼の音が聞こえなくなり、なんとか振り切ったと思っていたところ、なんと神輿が方向転換をしていました。頭旗グループは走って戻っていったようです。神輿は病院前で短時間停駕した後、そのまま北上し、2時間ほどの休憩に入りました。

しかし、神輿がこのまま1号線方面へ進むとは限りません。なぜなら本日の1号線上には、この日清水で駐駕する大甲媽祖の先行組がたくさんいることが想定されるからです。白沙屯媽祖はこれまでこうした状況を避けてきたため、再び海沿いのルートに戻り、61号線を北上し、大安区で駐駕という可能性も否定できません。

 

f:id:balbaltan:20190425123554j:plain

昼前から小雨が降ったりやんだりを始めていましたが、分岐点にあるこちらの廟で休憩している間に、雨は本降りとなってきました。こうした神輿が通過しない廟でも、香燈腳に食事を提供していただけていました。ありがたい限りです。

 

f:id:balbaltan:20190425125350j:plain

14時に出発する神輿の方向性を見極めてからとも考えましたが、大甲区通過に腹をくくり、レインコートを着込み、大甲に向かって歩き出しました。もはや香燈腳の姿などどこにもありません。白沙屯媽祖進香では、かなり珍しい光景です。

 

f:id:balbaltan:20190425125904j:plain

1号線に入ると、予想通り路上には、大甲媽祖の隨香客、白沙屯媽祖の香燈腳が入り混じり歩いています。さらに路肩には、大甲媽祖の陣頭の車が数多く停車しています。

私からすると、大甲媽祖も白沙屯媽祖も、どちらの進香団も仲間みたいな気持ちだったのですが、とある光景に残念な想いも湧いてきました。

 

f:id:balbaltan:20190425130753j:plain

大甲に向かう路上で呼び止められ、この清潔で広々とした休憩所で一息つかせていただきました。毎年参加していると、こうして自身の休憩所リストが出来上がっていくのだと思います。そして神輿は予想通り、1号線に入ってきました。

 

f:id:balbaltan:20190425132911j:plain

大甲市街地に入ると、翌日の大甲媽祖進香団の到着に備えて、至る所で休憩所や補給ポイントの設営の真っ最中です。そんな中でも、数多くの白沙屯媽祖の補給車が、私たちの到着を待ち構えていてくれました。

 

f:id:balbaltan:20190425133525j:plain

途中、鹿港で別れた知り合いとばったり再会し、少し一緒に歩いた後、ようやく大甲鎮瀾宮に到着しました。ここに白沙屯媽祖の神輿が立ち寄ることはありませんが、私は先立って大甲媽祖進香の往路を歩き終えた挨拶に訪れました。多くの香燈腳が寄り道をして、鎮瀾宮をお参りに訪れると思いますが、この時点ではまだほとんどその姿を見ることはありませんでした。

  

f:id:balbaltan:20190425134326j:plain

大甲市街地からやや外れたところにある運動公園はトイレもあり、少し早めですが、ここに本日の寝場所を定めました。神輿は今夜、日南へ抜ける橋を渡る前に駐駕するだろうという予想です。残された距離からも、時間的にも、ほぼほぼそれで決まりだと考えていました。ほかにも2人、香燈腳がここで寝る準備をしています。

荷物を広げ、コンビニで買った夕食を食べ、身体を拭き、歯磨きをしました。そうこうしている間に、白沙屯媽祖の神輿が多くの香燈腳とともに向かいの道を通過していきます。その長く続く隊列を眺めながら、足のケアをして、私は一足先に寝る準備です。

 

f:id:balbaltan:20190425135457p:plain

しかし、神輿は予想に大きく反して、大安渓にかかる橋を越え、なんと日南の駅前をも過ぎ、さらに先の工業地帯まで到達し、ようやく駐駕となりました。私が寝場所と決めた運動公園から、2時間近くは離れています。

 

f:id:balbaltan:20190425135817j:plain

私は意を決して、荷物を再びまとめ、レインコートを着込み、一人きりの夜の歩きを覚悟して、運動公園を飛び出しました。しかしそれほど多くはありませんでしたが、暗闇の中を、神輿を追って歩く他の香燈腳の姿がありました。小雨が身体をやさしく打ちつける中、彼らと雑談をしながら、駐駕地を目指します。

 

f:id:balbaltan:20190425140455j:plain

神輿はとうに過ぎ去り、こんなに遅くなったにもかかわらず、私たちを待ち続け、応援してくれている人たちの姿に感動しました。

 

f:id:balbaltan:20190425140934j:plain

そして雨の夜道を2時間近く歩き、21時ごろようやく駐駕地となった民家に到着しました。狭い路地には、周辺の住民や信者たちが集まり、ものすごい熱気です。私は媽祖に下馬の挨拶をして、寝場所を探しに向かいます。場所が場所だけに、かなり困難な寝場所探しが予想されました。

 

f:id:balbaltan:20190425141157j:plain

とりあえず小学校周辺で寝場所を探そうと、路上で食べ物を配っていた方に近くの学校の場所を尋ねると、少し先の工場が就寝場所として開放されていると教えてくれました。

そこにはトイレやシャワーもあり、さっぱりした後はほかの参加者の方と少し雑談をして、ありがたく休ませていただきました。

  

 

四日目(進香9日目)

f:id:balbaltan:20190425142018j:plain

いよいよ私にとっての最終日がスタートです。神輿は明日拱天宮にゴールしますが、私は一足先に、今日中に拱天宮をお参りして、進香を終える予定です。もともとは明日までの日程を確保していましたが、最終日はものすごい人出が見込まれるため、それを避けるために、先にゴールすることを決めました。

 

f:id:balbaltan:20190425142727j:plain

神輿は6時起駕の予定ですが、私は5時半ごろ、小雨が降る中、出発をしました。観光バスグループも続々と駐駕地近くに集まってきています。

 

f:id:balbaltan:20190425143156j:plain

しばらく歩いた先にある分岐点で神輿を待つことにしました。朝早くから、雨の中を多くの香燈腳が歩いています。

 

f:id:balbaltan:20190425143459j:plain

頭旗グループがやってきました。神輿の到着を告げる花火や爆竹の音も、だんだんと近づいてきています。

 

f:id:balbaltan:20190425144004j:plain

神輿が到着し、多くの香燈腳とともに媽祖の後に続きます。

 

f:id:balbaltan:20190425144050j:plain

少し歩いたところで、いきなりの土砂降りです。バケツをひっくり返したような雨とは、まさにこのことではと言えるような突然の豪雨でした。

 

f:id:balbaltan:20190425144505j:plain

媽祖に先に進む旨の挨拶をして、雨の中、まずは本日の駐駕地となる通霄慈后宮を目指します。その後は、大きな神輿への乗り換え儀式が行われる秋茂園を通り、最終的に拱天宮をお参りしゴールとなる予定です。

 

f:id:balbaltan:20190425145359j:plain

だんだんと歩く人の姿も少なく、まばらとなってきました。かつてこの道を歩いた時のことを思い出しながら、先を急ぎます。

 

f:id:balbaltan:20190425145821j:plain

通霄慈后宮に到着しました。ルートが決まっていない白沙屯媽祖でも、必ず立ち寄る場所がいくつか存在します。それは北辰派出所、通霄慈后宮、そして秋茂園です。

 

f:id:balbaltan:20190425150525j:plain

慈后宮を出ると、またもや大雨です。こちらでしばらく雨宿りをさせていただきました。ここから先は、香燈腳も少なく、もう補給ポイントはありません。

 

f:id:balbaltan:20190425150857j:plain

レインコートを着ていても、すでに靴下、下着までびっしょりです。それでも最後の力を振り絞り、歩き出します。

 

f:id:balbaltan:20190425151201j:plain

秋茂園を過ぎ、昔ながらの家並みが続く小道を進みます。明日はものすごくにぎやかになるこの場所も、今日はまだひっそりとしています。雨が降りしきる中、残された一歩一歩味わいながら、ゴールを目指します。

 

f:id:balbaltan:20190425151559j:plain

そしてお昼前、小雨の降る中、白沙屯拱天宮に到着しました。

最後のお参りをして、白沙屯媽祖進香の道を終えることになります。感謝の思いで手を合わせました。

びしょびしょの服では電車に座れないため、駅で寝間着用のジャージに着替え帰途につきました。4日間の合計歩行距離は、122kmです。

 

 

最後に

昨年の急行軍とは違い、 また復路が中心となったことで、スピードはゆっくりめで、1日の距離も短く、だいぶ楽に歩くことができました。しかし大甲媽祖とは違いルートが決まっていないことで、神輿の後ろには人が集中し、かつ先行することが難しく、長時間の休みは入れずにペースを守って歩くタイプの私にとっては、ある意味厳しい歩きとなりました。

頭旗の後ろはいいペースで進みますが、道を間違えれば、走って戻らなければなりません。神輿の後ろは香燈腳が集中し、かなり歩きづらい状況です。またペースが一定ではなく、鑚轎脚でつまったり、長い休憩時間があったりと、なかなか自分のペースがつかめません。これはすべての香燈腳の課題かと思います。私はルート予測を楽しみながら、頭旗より少し先行して歩きました。

今回もいろいろな方から力をもらい、歩き切ることができました。これには本当に感謝しかありません。恩送りの意味で、些少ですがボランティアの香客車グループに寄付をさせていただきました。

いつか、縁があれば、生きていれば、またこの進香の道で再会できればうれしく思います。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]

 

 

大甲媽祖進香レポート

 

大甲媽祖進香に参加してまいりました。往路3日間の参加レポートを紹介させていただきます。今後参加される方の一助としていただければ幸いです。

 

f:id:balbaltan:20190426042957j:plain

 

 

※ 大甲媽祖進香については、こちらへ ※

 

※ 参加までの流れについては、こちらへ ※



[目次]

 

 

初日(前夜22時出発

f:id:balbaltan:20190421162541j:plain

大甲媽祖進香初日前夜の19時前、大甲駅に到着すると、駅前から鎮瀾宮までの道には、当然ものすごい人の波。屋台が続く通りを歩きながら、周りを見回すと、大甲媽祖進香の参加者である隨香客の姿はそれほど多くはありません。ほとんどが進香団の出発を見に来た見物客のようです。私のように往路完歩や全行程完歩を目指す人たちは、多くが朝から夕方にかけてすでに出発しています。

 

f:id:balbaltan:20190421162719j:plain

人ごみをかき分け、何とか鎮瀾宮の中に入り、出発(起馬)の挨拶と進香旗の過爐を終えることが出来ました。

 

f:id:balbaltan:20190426042617j:plain
廟前の広場では、すでに陣頭が始まっています。廟近くのアーケードの片隅に腰を下ろし、22時の出発を待ちます。

 

f:id:balbaltan:20190421163246j:plain

廟周辺の道は人で埋め尽くされ、陣頭を観に行くことさえ困難です。もともとの計画では、神輿と共に出発し、大甲渓で盛大な花火を楽しみ、沙鹿駅辺りから先行して歩こうと考えていました。しかし鎮瀾宮の周りはものすごい人ごみのため、まずは頭旗について出発し、大甲渓の橋の上で神輿の到着を待つことにします。

 

f:id:balbaltan:20190501211130j:plain

21時ごろ頭旗が出発し、それに続いて私の進香がスタートしました。人ごみと車の間を縫うように進んでいきます。事前トレーニングで近くの山を登った際に痛めたふくらはぎに爆弾を抱えながらのスタートとなりましたが、出だしは快調です。

しかし出発してから少しの間だけ一緒に歩く目的の人たちも多く、頭旗の後ろを歩くことさえかなり厳しくなり、少しだけ先行することにしました。頭旗の前にいるはずの報馬仔の姿は、見ることはできませんでした。

 

f:id:balbaltan:20190421164014j:plain

大甲渓に架かる大甲渓大橋では、多くの人が花火観ようと待ち構えています。私もここで神輿を待って、花火を鑑賞しようと考えていましたが、さらに3時間ほど待たなくてはならないと聞き、あきらめてそのまま先に進むことを決めました。

 

f:id:balbaltan:20190421164629j:plain

最初の立ち寄り先である廟に到着しました。廟で行うことは、お参りをして、進香旗に御朱印を押し、平安符をしばりつけ、過爐をします。多くの廟では食事や飲み物が提供されていますので、それをいただいたり、トイレをお借りしたり、時には長時間の休憩をとったりもします。

お賽銭は本来各廟で10元ずつ入れようと考えていましたが、コインだけでかなりの重量になる為、長時間の休憩をさせていただいたり、食事をいただいた廟に50〜100元を入れるようにしました。

 

f:id:balbaltan:20190421165300j:plain

このように進香旗に御朱印を押し、

 

f:id:balbaltan:20190421173005j:plain

平安符を縛り付けます。

 

f:id:balbaltan:20190421173103j:plain

お参り後、このように過爐して終了です。

 

f:id:balbaltan:20190421173447j:plain

その後は夜道を歩き続けます。頭旗よりも先行しているため、随香客はそれほど多くはありません。

 

f:id:balbaltan:20190421170105j:plain

今回の進香で最初にいただいた記念すべき食事は、こちらのたこ焼きです。たこ焼きと言ってもまだ素食期間なため、たこは入っていません。徒歩進香では、一気に食事はとらず、こまめにエネルギーを補給し先を目指します。

 

f:id:balbaltan:20190421173819j:plain

道路わきの透天の軒下では、早くも寝ている人たちがいます。おそらく早めに出発し、混雑を避け少し先で睡眠をとりながら、神輿を待つ計画なのかと思います。私はこまめに短めの休憩をとりながら、彰化県員林市まで距離を稼ぎ、睡眠をとる予定です。

 

f:id:balbaltan:20190421174141j:plain

このようにどこでも寝ることができないと、進香成功は難しいのかもしれません。夜寝て昼歩くか、昼寝て夜歩くかは、それぞれの徒歩戦略によります。

 

f:id:balbaltan:20190421174902j:plain

廟の建物内で寝ることができる廟とダメな廟があります。就寝OKな廟となると、足の踏み場がないぐらい随香客が寝ています。

 

f:id:balbaltan:20190421175151j:plain

ここは廟近くの広場ですが、人気のあるテント設営ポイントのようです。

 

f:id:balbaltan:20190421175622j:plain

夜も更け、休憩する人が増えてくると、歩く随香客の姿もだんだんとまばらになってきます。

ここに来て、足の裏に痛みが走り始めました。事前にいくつかの徒歩進香に参加し長距離を歩いていたので、足はある程度鍛えられていたはずですが... しかし思い当たる節がありました。進香直前になり、日本から買ってきた中敷きのことを思い出し、2回ほど試し履きをしてから参加をしたのですが、それがどうも合わなかったようです。昨年は直前に5本指ソックスの採用を決めたため、大きなまめを複数つくり、白沙屯媽祖を途中リタイアしていますが、またしても同じミスを繰り返してしまいました。

ここから足の裏の痛みとの、長い戦いが始まります。

 

f:id:balbaltan:20190421175522j:plain

廟に隣接された補給ポイントです。進香路上には、大小さまざまな補給ポイントが点在しています。これは廟や信者の皆さんが、深夜早朝問わず、自分たちのお金と労力を使い、随香客をもてなしてくれています。本当に感謝しかありません。この人情味こそ、私が大甲媽祖進香に魅せられた一番の要因です。

 

f:id:balbaltan:20190421185112j:plain

曲がり角にはこのような案内板が設置されています。随香客は、ここで曲がる人と直行する人に分かれます。

 

f:id:balbaltan:20190421185223j:plain

住宅の前には、所々でこのように休憩用椅子や飲み物などが置かれています。自由に座わらせていただいて大丈夫です。

 

f:id:balbaltan:20190421185332j:plain

この高架下は、昨年大勢の人たちと一緒に歩いた場所です。1年前を懐かしく思い出しながら歩き続けます。

 

f:id:balbaltan:20190421191612j:plain

昨年との違いでまず感じたことは、手押し車で参加している人が非常に増えたことです。私はバックパック派ですが、話を聞くと、バックパックを背負って歩くよりも、格段に楽になるようです。往路完歩、全行程完歩を目指す人は、手押し車の採用を検討した方がいいかもしれません。ただし神輿より先行しながら、人ごみを歩かないことが条件となります。

(他の参加者にぶつかり、怪我をさせるケースが多々発生しています。私もかつて他のイベントでぶつけられました)

 

f:id:balbaltan:20190421191843j:plain

そして何より驚いたのが、レンタルサイクルYoubikeでの参加者が異常に増加していたことです。去年はほとんど見かけることがなかったのですが、ここまで増えた背景には、Youbike利用による参加案内があったと聞きます。ただそのYoubikeも、レンタルポイントが員林市までしかないため、多くは彰化市あたりまでの参加としているのかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20190421185430j:plain

空が明るみ始めました。この大度橋を渡るといよいよ台中市を出て、彰化市に入ります。ここまで、ほとんど休みらしい休みをとらずに来ています。

 

f:id:balbaltan:20190421193113j:plain

橋を渡ると、一般の民間企業の方が、かなり広い休憩ポイントを設置し、食べ物や飲み物も提供いただけておりました。

 

f:id:balbaltan:20190421194011j:plain

彰化市の繁華街を抜け、進香ルート外にある昨年もお世話になった廟で、今回初となるやや長めの休憩をとります。仮眠をとり、充電をさせていただきました。

 

f:id:balbaltan:20190421194545j:plain

仮眠後は、員林市に向けて15kmの道のりを進みます。この区間は立ち寄り先となる廟がほとんどない上に、補給ポイントも少なく、気温も上昇したことで、非常にきつい道のりとなりました。大甲媽祖進香の中できついと感じた箇所は、この彰化-員林間と虎尾-土庫間の2か所です。

途中知り合った自転車参加のおじさんと一緒に雑談しながら歩くことで、多少気持ちが軽くなりました。このおじさんとは翌日再会することになります。進香参加の楽しみの一つは、こうしていろいろな方と出会えることです。なかには変わった人もいますが、たいていは同じ志を持った愉快な方が多いと思います。グループに参加をすると、いろいろな面で助け合いができますが、どうしても自分のペースを守れないという問題が出てきます。途中進香仲間にも遭遇しましたが、ところどころでこのように初対面の方と一緒に歩くことで、心の疲れが軽減されると思います。

 

f:id:balbaltan:20190421195706j:plain

とても個性的なドナドナ(服務車もしくは香客車。疲れた随香客を乗せてくれる車)が通り過ぎていきました。

 

f:id:balbaltan:20190421195715j:plain

午後1時すぎには、就寝ポイントとして決めていた員林市に到着、予定よりかなり速いペースです。とある廟の倉庫兼事務室で寝かせていただけることになりました。先客がすでに一人寝ています。

ここで身体を拭き、睡眠をとらせていただいた後、近くの店で比較的リスクが少なそうな薄めの靴の中敷きを購入しました。それにより、足の裏の痛みは少しずつ楽になりましたが、しばらくは痛み止めに頼っての歩きとなりました。

 

f:id:balbaltan:20190421201057j:plain

日も落ち、涼しくなった夜8時ごろ再出発し、北斗を目指します。

 

f:id:balbaltan:20190421205416j:plain

途中路上に設営された補給ポイントでサンドイッチをいただき、食べながら先を急ぎます。

 

 

二日目

f:id:balbaltan:20190421205544j:plain

深夜0時を回り、日付が変わった頃、北斗奠安宮に到着しました。廟内で寝ている随香客が大勢いました。

 

f:id:balbaltan:20190421205937j:plain

休憩時間は、短時間でも靴や靴下を脱ぐようにしています。そのため、小さな靴べらが大活躍してくれました。足はまだやや腫れているようです。サロンパス冷却スプレー ⇒ バンテリン ⇒ 湿布 ⇒ 薄荷入りワセリン という順番でケアを行います。

 

f:id:balbaltan:20190421210411j:plain

途中いくつか廟に立ち寄りながら、涼しくなった深夜の道を、西螺大橋を目指し歩き続けます。

 

f:id:balbaltan:20190421210825p:plain

歩きの最中には、迷わないように定期的にグーグルマップで現在地を確認することが必要となります。神輿はおそらくまだ彰化市内にいると思われます。

 

f:id:balbaltan:20190421211143j:plain

最近ほかの徒歩進香で来たばかりの、まだ記憶に新しい溪州天后宮に立ち寄り、一息つきます。

 

f:id:balbaltan:20190421211415j:plain

こちらの廟内でも多くの随香客が寝ていました。掛け布団は、廟の方が準備してくれたもののようです。

 

f:id:balbaltan:20190421211652j:plain

早朝4時過ぎ、いよいよかつて日本統治時代にその基礎が造られた西螺大橋に突入しました。2kmに渡り続く歩道のない大橋ですが、かなり「陰」の気が漂っていると、霊感などない私でも感じとることができる場所です。そこでなるべく下を流れる河には目を向けずに、前を歩いていたおじさんの背中を必死に追いかけました。

 

f:id:balbaltan:20190421212332j:plain

午前5時前に西螺福興宮に到着しましたが、なんと入口の扉が固く閉ざされています。進香の期間中は、ルート上の廟は24時間開いているものと思っていたので、かなり驚きました。ほかの廟であれば、外から手を合わせて先に進んでも構わないのですが、さすがに太平媽への参拝を飛ばすわけにはいかず、扉の前で休憩をとり開門を待ちます。

 

f:id:balbaltan:20190421213317j:plain

6時ごろ扉が開くと、多くの随香客は寝場所の確保に走りました。私はお参りを終えると、西螺市街地に点在する廟をめぐり、二日目の目的地である土庫を目指します。

西螺福興宮は夜も22時に扉を閉めて、中で休憩している随香客をすべて追い出したそうで、ネット上では賛否両論の意見が飛び交っていました。前夜には、彰化市において搶轎による暴力事件も発生し、ニュースで騒がれていたようです。

 

f:id:balbaltan:20190421214353j:plain

まだ目覚めたばかりの、早朝の西螺の街を歩き続けます。

 

f:id:balbaltan:20190421215057j:plain

日中はかなり暑くなるので、このような心遣いが本当に心にしみます。

 

f:id:balbaltan:20190421220303j:plain

以前徒歩進香に参加させていただいた懐かしの西螺新天宮に到着しました。ここでいただいた冷えたスイカがむちゃくちゃ美味しかったです。仮設廟の裏にある新たな廟の建設現場で長めの休憩をとりました。

 

f:id:balbaltan:20190421220700j:plain

休憩後は、随香客もまばらな道を黙々と歩き続けます。暑さに体力を削りとられていくようです。往路完歩のためには、にぎやかな神輿の近くを歩くには時間的に厳しく、どうしてもこのように単調で、孤独との戦いが多くなってきます。

 

f:id:balbaltan:20190421221226j:plain

立ち寄り先の廟の2階にある会議室で、仮眠をとらせていただくことが出来ました。こまめに仮眠をとりながら、暑さをしのいで体力を回復させます。

f:id:balbaltan:20190421221744j:plain

写真の二崙地区は、ショートカットする人が多く、随香客の姿はほとんど見かけませんでした。ここは街灯が少なく、夜真っ暗になり、歩くことが困難と言われている地域です。

 

f:id:balbaltan:20190421222250j:plain

神輿よりかなり先行しているはずですが、ドナドナが走り過ぎていきました。ここで昨日一緒に歩いた自転車のおじさんと再会しました。この後おじさんは先行し、今夜の就寝場所として予定している土庫の廟で、私の寝場所も確保していただけることになりました。

 

f:id:balbaltan:20190421222453j:plain

二崙から虎尾への長い直線道路を歩きぬけると、以前より一度来たかった擇元堂に到着です。ここは神輿の立ち寄り先の中で、唯一廟ではない一般の民家になります。

まだ大甲媽祖進香が知られていない、小規模で行われていた数十年前、こちらの民家の方が進香団の大変さを目にし、飲食や休憩場所の提供を始めました。その恩返しとして、大甲媽祖の神輿が毎年立ち寄るようになったそうです。

 

f:id:balbaltan:20190421223052j:plain

小休憩をとり足のケアを行いますが、腫れと痛みはなかなか引きません。特に休憩直後の歩き始めの痛みがかなりつらく感じます。

 

f:id:balbaltan:20190421223328p:plain

神輿の位置情報を確認すると、まだ西螺大橋までは到達しておらず、かなりリードを稼げています。このまま今日中に土庫に入ることが出来れば、最終日は神輿をゆっくり待って、かなり楽な歩きができそうです。

 

f:id:balbaltan:20190421223825j:plain

虎尾から土庫までは、ショートカットする道を選びました。そのため、ほかの随香客はほとんどおらず、当然補給ポイントもありません。この日はかなり距離を伸ばしていたこともあり、最後の土庫までのこの道のりがとてもつらく感じ、途中道端でぐったりと腰を落としました。

 

f:id:balbaltan:20190421224446j:plain

17時半を回り、ようやく目的地である土庫順天宮に到着しました。こちらの廟は、日本から来た観音菩薩像が祀られていることでも有名です。

 

f:id:balbaltan:20190421224824j:plain

おじさんが確保してくれた香客大楼の就寝場所です。ガス切れのため、冷たい水のシャワーを浴び、シャツを洗い、夕食をいただきました。

 

f:id:balbaltan:20190421225252j:plain

その後は廟の前で涼みながら雑談をしていると、夜になり続々と随香客が到着してきました。ここまで来ると、だいぶ先が見えてきます。翌日に備え、早めに就寝しました。

 

 

三日目

f:id:balbaltan:20190421225519j:plain

三日目は進香団の目的地である新港奉天宮に向けて、大甲媽祖進香往路最後の歩きとなります。早朝4時に目が覚めてしまったため、周りの人たちより早く起き出し、5時には出発をしました。そして途中長めの休憩を取りながら、神輿の到着を待つことにします。神輿は深夜に西螺を出発し、もう背後まで迫ってきています。

 

f:id:balbaltan:20190421225944j:plain

そうこうしている間に、歩く随香客の姿もだいぶ増えてきました。神輿がだんだんと近づいてきているようです。

 

f:id:balbaltan:20190421230212j:plain

午前8時を回り、元長郷にある廟の境内で、ついに頭旗と再会です。大甲で先行して以来、58時間ぶりとなります。

 

f:id:balbaltan:20190421230940j:plain

その後しばらく頭旗の後ろを歩き、ようやく大甲媽祖の神輿に挨拶をすることが出来ました。鎮瀾宮で見かけて以来、進香路上では初めての合流となります。

 

f:id:balbaltan:20190421231404j:plain

そこからは神輿の近くを歩き続けました。鑚轎脚が各所で行われています。少しして、神輿の担ぎ手が随香客に代わっていることに気づきました。そこで神輿グループの方に、次に担がせてもらえないかお願いしたところ、私が持っている進香旗が邪魔になるので「だめ」と言われてしまいました。しかし近くを歩いていたおじいさんが、親切に預かっていただけることとなり、今年も無事神輿を担がせてもらうことができました。

 

f:id:balbaltan:20190421232006j:plain

立ち寄り先の廟でお参りやトイレ休憩をしていると、神輿がいつのまにか先に出発していました。するとその直後、廟の前で壓轎金が配られはじめ、今年も何とかゲットすることができました。壓轎金はその後も何度か受け取る機会があり、自分と知り合いの分を残し、残りはほかの随香客や沿道の信者の方々に配りました。

 

f:id:balbaltan:20190421232619j:plain

そこからしばらくは、神輿の前後を行ったり来たりしながら歩きました。神輿が雲林県から嘉義県へと突入する橋の上に到着すると、新港奉天宮より神輿がお迎えに来ていました。そのため、橋の上は大混雑です。私は人ごみを避けるため、お迎えの儀式の見学はパスして、先を進みます。

 

f:id:balbaltan:20190421233149j:plain

新港郷に入ると、飲食が配られるポイントも格段に多くなりました。私はそのまま神輿より先行して、目的地である新港奉天宮を目指し歩きます。

 

f:id:balbaltan:20190421233517j:plain

新港奉天宮からやって来た報馬仔です。すごく会いたかった大甲鎮瀾宮の報馬仔は、結局車に乗りこむ姿しか見ることができませんでした。

 

f:id:balbaltan:20190421234010j:plain

そして、14時45分、大甲鎮瀾宮を出発して約66時間、ようやく目的地である新港奉天宮に到着することが出来ました。

感動に浸る間もなく、人ごみをかき分け、何とかお参りを終えました。3日間総歩行距離153km、往路完歩達成です。

神輿が奉天宮に到着するのは夜となるため、予約した隣町の北港にあるゲストハウスに一旦荷物を置き、シャワーを浴びてから、再び新港に戻ってくることにしました。

しかし北港で早めの夕食を食べていた際、龍結福徳宮の徒歩進香に参加している進香仲間より、まもなく北港朝天宮に到着するとの連絡が入りました。そこで朝天宮にて龍結媽を出迎えることに決め、新港奉天宮での神輿入廟の見物はあきらめることにしました。

こうして私の大甲媽祖進香は終わりを告げました。

 

 

後日談

新港奉天宮に到着した翌日、白沙屯媽祖進香を一日歩いた後、仕事のため、一旦自宅に戻ってきました。

 

f:id:balbaltan:20190421235638j:plain

そして仕事を終えた夜、近くの店でクッキーやチョコなどを買い込み、大甲媽祖進香の道へと向かいました。

 

f:id:balbaltan:20190421235428j:plain

神輿が来るには早いため、永靖付近ではまだぱらぱらとしか随香客は歩いていませんでしたが、買い込んだSOYJOYやチョコを配り終わり、追加でコンビニへ買いに走りました。これでSOYJOYを配り、随香客を応援するという目標もかろうじて達成できたかと思います。

 

 

最後に

今回は往路完歩という目標があったため、神輿よりかなり先行して歩きました。そのため、ほぼほぼ自分と向き合う歩きとなり、残念ながら、お祭りとしてのにぎやかさを味わうことはあまりできませんでした。

大甲媽祖進香を楽しむという観点から考えると、やはり往路1日、復路1日といった日程で、神輿や頭旗の近くを歩いた方がいいように思います。

そして、路上で飲食を提供していただけた信者の方々には、ただただ感謝の気持ちしかありません。実際に歩いていた私たちよりも、その方たちの方が、ずっと敬虔であるように感じられました。恩送りとして、私も些少ですが、医療ボランティアグループに寄付をさせていただきました。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]

  

 

[道教御祭]鹽水蜂炮レポート

 
毎年元宵節に行われる、無数に発射されるロケット花火で有名なお祭りです。今後初めて参加される方のために、詳細レポートを残しておきます。
 

f:id:balbaltan:20190220205232j:plain

 
 

【鹽水蜂炮】

 

主催廟:鹽水武廟[建立年不明] 

開催時期:旧暦1月14日~15日

開催期間:2日間

参加人数:20万人以上

特徴:三大爆竹祭の一つに数えられる台湾を代表するお祭り。月津港ランタンフェスティバルも同時開催

住所:台南市鹽水區武廟路87號

アクセス:鹽水地政事務所バス停下車徒歩5分(新営駅前からバスで15分)

参考HP:

塩水蜂炮(行事・信仰)-台湾宗教文化地図-臺灣宗教百景

2019臺灣慶元宵-鹽水蜂炮 > 臺灣觀光年曆

 

蜂炮について

f:id:balbaltan:20190220205737j:plain

その起源については諸説あるようです。一般的に言われているものは、19世紀末、疫病から人々を救うために武廟の神輿が街をめぐった際、住民たちが爆竹をならしたことが起源となりました。それが定着し、戦後にはロケット花火が使われはじめ、80年代になり炮城(ロケット花火発射台)が導入されました。
 

初日

元宵節のイベントとしては、台東で行われる寒單と参加を迷いましたが、台東はとても遠く、現地まで行くのが億劫だった為、鹽水蜂炮に決めました。
 

f:id:balbaltan:20190221162206j:plain

鹽水には宿泊施設が少なく、隣町の新営駅近くにある安ホテルに拠点を置きました。この街に滞在するのも4回目となり、どうも縁があるようです。ホテルに着くと、なんと当日でもまだ空室がありました。新営には大きなホテルがないため、それほど遠くはない嘉義市に拠点をおいてもいいと思います。その際は鹽水まで来てくれるタクシー会社の番号を事前に入手しておきましょう。

f:id:balbaltan:20190304222420j:plain

安ホテルはシーツの交換をしていないことも多いので、宿泊する際は毎回このような簡易寝袋を持参しています。ホテルにチェックインし荷物を置いた後は、すぐに鹽水に向かいます
 

f:id:balbaltan:20190221163401j:plain

新営駅前のバス乗り場から鹽水まで約15分です。
 

f:id:balbaltan:20190221163826j:plain

お祭り期間中のバスの時刻表が掲示されていました。
 

f:id:balbaltan:20190221164238j:plain

深夜まで臨時バスが走っていますね。
もし鹽水行きのバスが満員で乗れなかった場合は、駅前に並んでいるタクシーで現地に向かいましょう。鹽水の中心部までは入れませんので、初日の夕方前であれば橋南老街の入口辺りまで、混みはじめた後も明達中学辺りまでは行ってくれると思います。料金は200元前後が目安です。改札を出たところに、タクシーの客引きが数人います。田舎のタクシーはメーターを使いませんので、事前にしっかりと料金を確認しましょう。もし不安がある場合は、新営駅にあるツーリストインフォメーションの方に料金の確認をお願いしてみて下さい。忙しくなければ、親切に対応いただけると思います。
 

f:id:balbaltan:20190221172743j:plain

13時半ごろ鹽水に到着しました。お祭り初日で時間的にも早かったので、バスは街中まで入ることができました。鹽水にはこれまで10回以上来たことがあり、おおよその地理は把握出来ています。蜂炮の本番は二日目となるため、初日の観光客はそれほど多くはありません。
 
f:id:balbaltan:20190221164510j:plain
まずは以前遶境に参加した鹽水護庇宮をお参りします。
 

f:id:balbaltan:20190221165951j:plain

次に以前徒歩進香の際に訪れた鹽水大眾廟に立ち寄りました。
 

f:id:balbaltan:20190221170511j:plain

そして鹽水蜂炮が開催される鹽水武廟に向かいます。まだ街は普段とそれほど変わりません。

 

f:id:balbaltan:20190221170531j:plain

鹽水武廟に到着です。時間が早いせいか、観光客はまだまだまばらですね。

f:id:balbaltan:20190221171557j:plain

廟の隣では、特産物や土産物を売るテントが軒を連ねています。
 

f:id:balbaltan:20190221171628j:plain

廟前の道路には、かなり大規模な夜市が開かれていました。
 

f:id:balbaltan:20190221173401j:plain

まずは神様にご挨拶します。祀られている神様は関聖帝君、つまり三国志関羽です。蜂炮での安全を祈願しました。
 

f:id:balbaltan:20190221173625j:plain

お参り後は街をぶらつきながら、街中で売られている防護用品の相場を調べて回ります。
 

f:id:balbaltan:20190221173804j:plain

左が一式(ズボン抜き)1450元、右が2150元です。結構高いですね。各防護用品の価格については、下の方で詳しく紹介していますので、そちらをご参考ください。
お店をしばらく見て回った後は、遶境の時にお世話になった方のところに挨拶に立ち寄りました。するとその方の知り合いのお店に連れて行ってくれることになりました。
 

f:id:balbaltan:20190221174222j:plain

しかし、どうやら街全体で話ができているようで、残念ながら値下げは叶いませんでした…… 結局複数のお店で、ばらばらに揃えることにしました。厚手のコート850、ズボンの下に履くジャージ150、ヘルメット300の計1300元です。タオル、マスク、手袋は自宅から持参しています。タオルはスポーツタオルのようなすこし大きなものがいいでしょう。
私が履いていたズボンはジーンズではなく、厚手の綿のズボンでしたので、念のために内側に履くジャージを購入しましたが、結果的に不要だったように思います。ただズボンには蜂炮の跡が残りますので、注意してください。
 

f:id:balbaltan:20190221174741j:plain

18時を過ぎ、廟の前に炮城が設置されました。ワクワク感が高まってまいります。
 

f:id:balbaltan:20190221175052j:plain

メディアの方々も準備万端です。
 

f:id:balbaltan:20190221182938j:plain

19時になり、ついに武廟の前において、最初の蜂炮が始まりました。周りの方の真似をしながら、炮城の近くで蜂炮を味わいます。

 

f:id:balbaltan:20190221175746j:plain

蜂炮が終わると、神輿はABCD4つのルートに分かれて一斉の廟を出発していきました。
 

f:id:balbaltan:20190221190531j:plain

事前に地元の方たちに聞いて回ったのですが、毎年いろいろな変更があるらしく、おすすめの炮城がいつ、どこで行われるのか、上記の表以上のことはわかりませんでした。また表の時間通りにもいかないようです。
そこでAルートについていこうと計画をしていましたが、神輿が次々と出発していく中で、どの神輿がどの路線なのかさっぱり分かりません。
 

f:id:balbaltan:20190221180138j:plain

とりあえず適当に神輿を追って出発しました。その後細い路地で他のルートの神輿と交錯するなどし、ますます訳が分からなくなっていきます。
 

f:id:balbaltan:20190221180430j:plain

住宅地では住民の方々が「擺香案」で神輿を迎えます。盛大に爆竹が鳴らされますが、なぜかロケット花火は見られません。神輿が到着すると、事前に申請した企業や個人が炮城を準備し、神輿に向けてロケット花火を発射すると聞いていたのですが…
 

f:id:balbaltan:20190221180747j:plain

だんだんと田舎道を奥へ奥へと進んでいきます。神輿を引いている方に話を聞くと、私がついて来たのはどうやらCルートだったようです。しかしこのルートは蜂炮が少ないらしく、急遽街中に戻ることにしました。遠くの方では花火が盛大に打ちあげられています。
 

f:id:balbaltan:20190221183226j:plain

街中まで戻ると、護庇宮の近くの交差点で、炮城を見つけました。このような小規模の炮城による蜂炮がいろいろなところで断続的に行われています。大規模なものはみな二日目となるようです。ほかの交差点でも同様に蜂炮が行われていました。
 

f:id:balbaltan:20190221192647j:plain

早速小規模な炮城に参戦です。蜂炮が行われる前には金紙が焼かれます。
 

f:id:balbaltan:20190221193339j:plain

蜂炮がスタートしました。蜂炮が始まるとみな一斉に炮城に背を向け、ロケット花火の背中で受けとめます。その際は小刻みに足踏みをしながら、火の粉を振るい落とします。ロケット花火を身体で受けることで、厄落としとなり、運が向上すると信じられています。
 
f:id:balbaltan:20190221183748j:plain
この交差点では、その後爆竹や蜂炮が何度も行われました。音もさることながら、ロケット花火の直撃を食らうと服の上からでも結構痛いですよ。私はしばらくこの場に張り付いていました。
 

f:id:balbaltan:20190221194010j:plain

繰り返し蜂炮を受けていたところ、上着が焼けて穴が開いてしまいました。知り合いを訪ね、穴をふさいで再チャレンジします。前もってコートの背面を、少し水で湿らせておいた方がいいかもしれません。
 

f:id:balbaltan:20190221195145j:plain

時間が遅くなるにつれ参加者が増えてくると、炮城のすぐ前に立ちロケット花火をふさぐ人たちが出始めました。このように炮城の目前に立つことで、神輿やほかの参加者までロケット花火が届かなくなり、近年大きな問題となっているようです。本来のルールでは、神輿と炮城の間に立って塞いではいけないということになっています。ネット上でも多くの批判の声が上がっていました。
ただ現実問題として、神輿の横に立ち蜂炮を待っていても、始まる前に炮城はこのように塞がれ、蜂炮を受けたい人たちは、必然的に間に立たざるを得なくなってきます。これについては、主催廟側が何かしらの規制をしていくしか手はなさそうです。
こうして21時半ごろまでその場にいましたが、炮城は塞がれ、あまり飛んで来なくなってしまったので、早めに帰路につきました。
 

f:id:balbaltan:20190221201151j:plain

帰り道の橋南老街は人で溢れかえっています。こう見ると、ロケット花火を受けている人は、少数なのかもしれません。
 

f:id:balbaltan:20190221201621j:plain

鹽水から外に出る道はどこも渋滞です。市街地を抜けた明達中学まで歩いて、新営のタクシーに迎えに来ていただきました。
 

二日目

f:id:balbaltan:20190221202156j:plain

いよいよ本番の二日目になりました。あまり早く行っても仕方がないのですが、15時ぐらいには鹽水入りしました。当日バスは、町はずれに作られた臨時バス停止まりとなり、そこから歩いて市街地へ向かいます。
 

f:id:balbaltan:20190221202536j:plain

穴の開いた上着もガムテで補強し、準備万端です。
 

f:id:balbaltan:20190221205757j:plain

路上には夜の蜂炮に備えて、早くも炮城が準備されていました。まずは知り合いのところに防護服セットを預け、街をぶらぶらしながら、炮城の場所や時間を確認して周ります。

 

f:id:balbaltan:20190221205814j:plain

こちらでは、炮城にロケット花火をセッティングしている最中でした。

 

f:id:balbaltan:20190221205845j:plain

今夜のメイン会場となる鹽水国中のグラウンドを下見に来ました。来賓の観覧席前に3台の炮城がセットされています。ここは21時です。

 

f:id:balbaltan:20190221205637j:plain

360° 炮城は、Bルートのラストを飾り、深夜1~2時頃になるようです。

 

f:id:balbaltan:20190221210041j:plain

爆竹が巻かれた人形炮城はCルートで、スタート直後の19時と情報をいただきました。

 

f:id:balbaltan:20190221210053j:plain

吊るされたひょうたんのようなものの穴の中に、爆竹を投げ入れるというイベントが行われていました。1回50元ですが、かなり難しく全く入りませんでした。

 

f:id:balbaltan:20190221210127j:plain

夕方ごろ武廟まで戻ると、廟前広場にはすでに大勢の参加者が集まっています。預けた防護服を受け取りに戻ります。

 

f:id:balbaltan:20190221210231j:plain

18時を回ると、すごい人ごみです。みなさん防護服を着こみ、19時に武廟前で行われる最初の炮城のスタートを待っています。周りからは日本語も頻繁に聞こえてきます。

蜂炮には関係ありませんが、ちょうどこの頃に大甲媽祖進香の日程が発表となり、白沙屯媽祖進香の日程が丸かぶりという情報が入ってきたため、テンションはかなり下がってしまいました。

 

f:id:balbaltan:20190221210401j:plain

時間が近づき、炮城の発射口が開かれ、発射の準備に入ります。

 

f:id:balbaltan:20190221210428j:plain

蜂炮の前には、火花の滝が行われました。

 

f:id:balbaltan:20190222220056j:plain

二日目の蜂炮が、いよいよスタートです。ロケット花火もさることながら、人ごみに押されまくってとにかく大変でした。
 

f:id:balbaltan:20190222220502j:plain

蜂炮の煙が消え去るのを待たずに、神輿は次々と出発していきます。出発してすぐのAルート上において、大規模な炮城があるという情報を得ていたので、急いで後を追いかけます。
 

f:id:balbaltan:20190221210511j:plain

民家からは手持ちロケット花火が発射されていました。

  

f:id:balbaltan:20190221210612j:plain

そしてなんとかお目当ての炮城まで追いつきました。

 

f:id:balbaltan:20190221210555j:plain

大規模な炮城では、蜂炮前にセットで火花の滝が行われるようです。みなさん火花の下をくぐっています。

 

f:id:balbaltan:20190223162617j:plain

なかなか激しい蜂炮です。メイン会場を含めて、その後いろいろ周りましたが、個人的にはここが一番良かったように思います。

 

f:id:balbaltan:20190221212334j:plain

時間はすこし早いのですが、20時過ぎにメイン会場に入りました。疲れてきたので小休止です。

 

f:id:balbaltan:20190223163652j:plain

21時が近づくと、多くの参加者が集まってきました。観覧席でも、大勢の観客が蜂炮のスタートを待っています。

 

f:id:balbaltan:20190223163718j:plain

いよいよ炮城の扉が開かれ、発射の時間が近づきます。すごい数のロケット花火です。期待が高まります。
 

f:id:balbaltan:20190223163444j:plain

時間になり、合図とともにメイン会場の蜂炮が始まりました。三台ある炮城から同時に発射されるのかと楽しみにしていましたが、一台ずつの発射となりちょっと拍子抜けです。

それよりも驚いたのが、右側にいる廟のスタッフの方です。防護服を着ておらず、ヘルメットも眼鏡もつけず、蜂炮の最前線を行ったり来たりしていました。

 

f:id:balbaltan:20190223164725j:plain

このぐらい離れても、たまに流れロケットは飛んできます。

 

f:id:balbaltan:20190223165348j:plain

その後街中をぐるぐると歩き回り、小中規模の炮城を楽しみました。しかし炮城のすぐ目の前に立ちロケット花火を塞ぐ人たちが大勢いて、正直楽しさも半減です。

 

f:id:balbaltan:20190221213746j:plain

水上燈会会場から眺める花火です。至る所で打ち上げられる花火が、とてもきれいだったのが印象的です。花火大会として見ても、十分素晴らしいと思います。

 

f:id:balbaltan:20190221213816j:plain

深夜1時ごろ360°炮城の様子を見に行くと、ちょうど発射準備の最中でした。ただ正直なところ、蜂炮は期待したほどではありませんでした。これは近くで受けるよりも、遠巻きから見た方が楽しかったのかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20190221213905j:plain

路上はどこもかしこもロケット花火の残骸であふれかえっています。二日目はこうして蜂炮会場を後にしました。

しかし、タクシーを呼ぶために町はずれまで歩いていく途中にも、いくつもの炮城につかまり、けっして避けて通ることはできず、最後までロケット花火を浴び続けました。

 

f:id:balbaltan:20190221214004j:plain

防護用上着は最終的にこんな感じです。ホテルの方に捨てていただきました。

 

f:id:balbaltan:20190221213935j:plain

初日水をつけすぎてタオルが外れてしまったため、水の量を少なめにしたところ、火の粉が残ってしまい、後ろにいた参加者の方が親切に消火してくれました。

 

つわもの達

鹽水蜂炮で見かけたつわものたちです。

f:id:balbaltan:20190221215943j:plain

一風変わった像を背負っています。

 

f:id:balbaltan:20190221220028j:plain

この防護服は何年物でしょうか。 

 

f:id:balbaltan:20190221220340j:plain

ATフィールドにしては、簡単に穴が開きそうです。 

 

f:id:balbaltan:20190221220108j:plain

もはや完全にウケ狙いで、記念撮影が殺到していました。

 

f:id:balbaltan:20190221213837j:plain
この方はTシャツ一枚で蜂炮を受け、背中は火傷だらけになっていました。他にも同じような方がいるようで、かなり危険ですね。
 

注意点

鹽水蜂炮を楽しむための注意点について書きたいと思います。

 

1.まずは火傷やケガをしないようしっかりと防護することが必要です。毎年けが人が出ています。防護服については、下の方で詳しく説明していますので、そちらをご参考ください。

f:id:balbaltan:20190221145847j:plain

 

2.すごい人混みのため、場所の取り合いやぶつかったぶつからないで喧嘩が起こります。以下のニュースのように集団での殴り合いもいくつか起きています。

f:id:balbaltan:20190221150044p:plain

ロケット花火を浴びる時は、火の粉を払うためにみな身体を上下に動かします。そのため周りの人たちとバンバンぶつかり合います。私もとある炮城にいた際、前にいた人がロケット花火も来ていないのに一人激しく上下にジャンプし、私にガンガンぶつかってきました。さらにものすごい勢いで私に体当たりし、私は後の人にぶつかり、そこから押し返され、さらに前にぶつかるという状況に遭いました。
さらに大きな炮城では、廟のスタッフが発射台前の空間を確保するために、群衆を外に向かって推し出してくることがあります。その際は前後人に挟まれながらすごい勢いで押されますので、転ばないように十分気を付けましょう。また路上でも神輿が通る際は、人ごみの中を突っ込んできます。突き飛ばされたりもしますので、背後にも十分気を付けてください。
過度の心配は不要ですが、外国人が巻き込まれると非常に厄介ですので、争いごとには十分注意しましょう。
 
3.人混みには必ずスリや痴漢がいます。貴重品の管理や女性の方は十分気を付けてください。
 
4.疲労に注意しましょう。蜂炮に参加していると、想像以上に体力を消耗します。相当な距離を歩き、炮城ではジャンプを繰り返すことで、夜も更けてくるとふらふらになってきます。初日は3万歩以上、二日目も2万歩以上歩きました。途中途中で適度な休憩を取ることが大切です。また防護服を着ると非常に暑く、かなり汗をかきます。水分補給や着替えについても対策が必要になります。ただ着替えても着替えても、Tシャツは汗でびっしょりとなります。
 

参戦方法による安全対策案

まず大きく分けて、次の3つの参加方法が考えられます。

 

[1]がっつりロケット花火を浴びたい人

発射台の近くでロケット花火の直撃を受けるのは、何と言ってもこのお祭りの醍醐味です。ただ当然、さまざまな危険が伴います。

f:id:balbaltan:20190221132242j:plain

 

[2]少し離れたところで流れ弾に当たりたい人

このような人は炮城にはあまり近寄らず、神輿の後ろぐらいがいいでしょう。その辺りであれば、流れロケット花火も結構飛んできます。

f:id:balbaltan:20190221132821j:plain

 

[3]遠巻きから見学したい人

ロケット花火には当たらずに、遠くから四方に飛んでいくロケット花火を見学することもできます。

f:id:balbaltan:20190221132428j:plain

 

ロケット花火のみならず、とにかく至る所でものすごい数の打ち上げ花火が上げられるので、それをメインで楽しむのもいいかと思いますよ。 

f:id:balbaltan:20190221133519j:plain

 

<安全対策案>

[1]がっつりロケット花火を浴びたい人

まず1の人は、完全防備が必要です。

f:id:balbaltan:20190221124038j:plain

このようなヘルメットと首周りのガードがセットになったものがいいでしょう。現地で売られていますが、600元から900元程度だったと思います。

 

f:id:balbaltan:20190221124532j:plain

上着は背中が耐久性の高い生地で覆われたものがいいですね。厚手のコートは衝撃は抑えられますが、焼ける可能性が高くなります。 写真のセットは2000元で売られていました。結構お高いので、厚手の着古したコートの背中部分にキャンバス生地を縫い付けて自作してもいいと思います。

 

ズボンは現地では売っていませんので、事前に準備してください。ジーパンでかまいませんが、タイトなものは当たるとかなり痛いので、ゆったりした大きめのサイズのものがいいでしょう。またズボンの裾は輪ゴムで留めた方が安全です。路上にバウンドしたロケット花火がズボンの裾から中に入り火傷したケースもありました。心配な方はジーンズの下にもう一枚着こんでもいいでしょう。 ロケット花火を受ける際は、袖も身体の前においた方が安全です。

  

f:id:balbaltan:20190221125739j:plain

手袋は軍手ではなく、もう少し丈夫なものがいいと思います。手に当たると結構痛いです。私は手のひら部分が強化された軍手を逆にして装着していました。

当然マスクも必要です。靴はカジュアルシューズやスポーツシューズで大丈夫でしょう。

 

[2]少し離れたところで流れ弾に当たりたい人

2の人もヘルメットは必ず着用しましょう。

f:id:balbaltan:20190221130720j:plain

首周りはタオルを購入し巻き付けます。タオルも一緒に購入すればガムテで張り付けてくれます。ただタオルは参加前に必ず水で軽く湿らせてください。さもないとロケット花火で焼けてしまいます。ヘルメットは400元+タオル100元で売られていました。

 

f:id:balbaltan:20190221130349j:plain

上着は厚手のコートで大丈夫です。この手のものはどこの店でも850元で統一されていました。

 

f:id:balbaltan:20190221131109j:plain

ズボンはジーパン、靴はスポーツシューズでOK。軍手やマスクもお忘れなく。軍手、マスク共に10元で売られています。

 

[3]遠巻きから見学したい人

3のケースでも、出来ればヘルメットは欲しいところですが、最低でも眼鏡かゴーグルは装着してください。ゴーグルは売られていないので、事前に準備した方がいいでしょう。ゴーグルをつけている人は見かけませんでしたが、遠巻きでもヘルメットをかぶっている人は大勢います。

数十メートル離れていても、時折流れロケット花火が飛んできます。安全装備を身に着けていない人たちは、キャーキャー叫びながら逃げまどっていました。私も休憩時に発射場所から50m程度離れていたのですが、ヘルメットを脱いでいる顔の近くを流れロケット花火がかすめていきました。もう一度書きますが、とにかく目だけはしっかりと守ってください。服装は半そで半ズボン、スカートは避け、できればジーンズ生地の長そでにジーパンで参加してください。

 

開催時間について

事前の案内では、初日は午後6時から午後11時ごろまで、二日目は午後6時から深夜2時ごろまでとありましたが、実際には両日とも午後7時に始まり、終了時刻は初日は深夜2時過ぎ、二日目は明け方4時ぐらいまで行われていたようです。
現地到着時間の目安としては、あまり早く行き過ぎても時間を持て余しますので、17時過ぎで十分だと思いますが、バスに乗れない恐れも出てきます。そこで15時ぐらいを目安に現地入りし、橋南老街や武廟前の夜市を楽しんだり、武廟をお参りしたりして過ごしましょう。その時間で防護服を買うこともできます 
 

観光ポイント

鹽水にはあまり観光する場所はないのですが、いくつかご紹介します。

f:id:balbaltan:20190221144053j:plain

月津港
 

f:id:balbaltan:20190221143028j:plain

八角
 

f:id:balbaltan:20190221144659j:plain

鹽水天主堂
 

f:id:balbaltan:20190221144826j:plain

鹽水美食城 および隣の映画館 
 

f:id:balbaltan:20190221145100j:plain

鹽水護庇宮の裏から伸びる細い路地
 

最後に

2019年は例年に比べ、炮城も観光客も少なめだったようです。それでもものすごい人出でした。2020年は開催時期が金土と週末にかかるので、さらなる人の出が予想されています。
週末に参加される方は、安全対策以外にも、現地入りの方法やホテルへの帰り方を含めて、事前にしっかりと計画を立てることをおすすめします。
 
 
 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]

 

 

 

[道教行事]搶頭香レポート(台湾版福男)

 

台湾版福男は、旧暦大晦日の深夜に行われる行事であり、毎年春節のニュースには、「十年目の悲願達成!」や「史上初!女性が勝ち取る」といったような文言がおどります。今回は、この道教行事「搶頭香」をレポートしてまいります。

 

f:id:balbaltan:20190228110238p:plain

 

 

[目次]

 

 

搶頭香とは

まずはこちらをご覧ください。

上空からの撮影は見ごたえがありますね。私も常々あの集団の中で廟に走り混む一人になりたいと思っていました。

旧暦の大みそか深夜、線香を手にした人たちが廟に駆け込み、先を争い炉に線香を突き立てます。一番最初に炉に挿された線香は「頭香」と呼ばれ、信者たちは新たな一年の幸福を願い、頭香ゲットを目指し走るのです。さらにそれだけではなく、頭香を勝ち取ることで豪華な記念品をもらえることもあります。

 

毎年1月に日本の西宮神社で行われる福男と似ていますね。ただ台湾の場合、西宮神社ほどの距離はなく短距離勝負となります。

 

f:id:balbaltan:20190206221916j:plain

実は昨年末も搶頭香に参加するべく、鹿港に行ったのですが、残念ながら搶頭香は行われていませんでした。大きな廟ならばどこでも行われているだろうという思い込みからくる失敗です。

そこで今年は事前にしっかりと調べ、有名なところでは、大甲鎮瀾宮、新港奉天宮、彰化南瑤宮、西螺福興宮などで行われていることがわかりました。ということで、今年は新港奉天宮に狙いを定め、その隣町の北港で年越しをすることに決めました。

みそか深夜から初一の早朝にかけて、新港奉天(23時15分開門) ⇒ 北港朝天宮(23時20分開門) ⇒ 北港武徳宮(5時15分開門) と有名な廟の搶頭香をめぐる計画です。

 

新港奉天

f:id:balbaltan:20190207195011j:plain

拠点とした北港から廟のある新港までは、20時半の最終バスで移動しようと計画していました。しかしバス乗り場に行くと、なんと大みそかは運休。田舎町では流しのタクシーもほとんどありません。そこでホテルで教えてもらったタクシー会社に連絡、手配しました。新港までは15分ほど、料金は250元です。

 

f:id:balbaltan:20190207200345j:plain

21時半ごろ奉天宮に到着すると、廟の前ではすでに数人の若者が場所取りをしています。どうやらあそこがスタートラインとなるようです。23時15分の搶頭香まで2時間弱、この時点で並べば最前列をキープできそうですが、まだまだ並びません。

 

f:id:balbaltan:20190207203959j:plain

廟前では大みそかの音楽会が開かれています。有名な廟なので芸能人が来るのかと思いましたが、どれも素人のおばちゃんたちのグループでした。

 

f:id:balbaltan:20190207203706j:plain

まずは奉天宮の媽祖にご挨拶です。 そして今年の大甲媽祖進香では、必ずここに歩きつくことを約束しました。

 

f:id:balbaltan:20190207204531j:plain

線香を最初にこの天公炉に突き刺せば勝利です。

 

f:id:balbaltan:20190207212550j:plain

搶頭香用の太い線香は、廟前のお店で1本10元で売られています。すでに火がつけられていますね。

 

f:id:balbaltan:20190207214117j:plain

22時を回り少しずつ人も増えてきましたが、まだまだそれほど多くはありません。私も本気で頭香を狙っているわけではないので、列の前方はガチ勢に譲ります。

 

f:id:balbaltan:20190207215210j:plain

22時半になると、新年の開門に備え廟の扉が閉められました。

 

f:id:balbaltan:20190207215304j:plain

見物客も少しずつ増え始めてきています。

 

f:id:balbaltan:20190207215533j:plain

私もここで後列に陣をとりました。この辺りならゆっくり走っても大丈夫だろうという位置取りです。

 

f:id:balbaltan:20190207215609j:plain

安全のために観客とコースがロープで仕切られました。スタートライン上にも同様にロープが張られています。

 

f:id:balbaltan:20190207215724j:plain

23時を回り、安全に関する注意が行われます。いよいよスタートです。見渡すと、ざっと七、八十人が線香を手に並んでいます。そのうちガチ勢は十数人ほどでしょうか。

 

カウントダウンの5、4、3、2、1でスタートです。実際の様子はこちらの動画をご覧ください。 

実際ガチ勢はフライングしたもの勝ち状態です。後ろの方でゆっくり走ってくる私の姿もかろうじて映っていました。笑

 

f:id:balbaltan:20190207220511j:plain

炉の中に線香を投げ込みゴールです。ただコース上では、後ろから押されたり、段差が見えなかったり、ロープに足を引っかけそうになったりと、短い距離の中に危険が満載でした。

 

f:id:balbaltan:20190207220233j:plain

最後尾の歩きの参加者たちの後方から、最後にもう一度手を合わせます。これで搶頭香は終了となりました。

 

f:id:balbaltan:20190207222315j:plain

廟から外に出ると、そこには長い行列ができていました。どうやらこの後「紅包」(お年玉)が配られるようです。せっかくなので並びたかったのですが、北港朝天宮の搶頭香があるため、すぐにタクシーを呼び、北港に向かいます。

 

北港朝天宮

f:id:balbaltan:20190207223221j:plain

北港に戻ると、24時近くになっていました。北港朝天宮の搶頭香は23時20分スタートだったため、すでに門は開いています。しかし朝天宮の場合は奉天宮と違い、搶頭香は先を争い順位をつけるものではなく、新年を迎えた際は順番に並んで、その人にとってその年最初となる線香を炉に立てることを意味します。これが昔から伝わる本来の意味での搶頭香ですね。頭香を奪い合う方式は、伝統から離れた商業化の結果と言えるのかもしれません。ニーズがあるところにはお金が絡みますので。

 

f:id:balbaltan:20190207223423j:plain

私の頭香を炉に立てお参りし、北港朝天宮での搶頭香は終了です。その後廟前で配られる「錢母」の列にならんでから、ホテルへと戻りました。

 

北港武徳宮

f:id:balbaltan:20190207225226j:plain

翌朝は4時起きで搶頭香に向かいました。朝天宮から歩いて30分ほどのところに位置する北港武徳宮、荘厳な建物が印象深い廟です。

財神を祀る廟としては、台湾で一番有名な廟であり、商売繁盛を祈る人々が参拝に訪れ、南投県の竹山紫南宮、屏東県の車城福安宮とならんで人気の高い、金運アップに効果がある廟なんですね。

搶頭香は5時15分からですが、到着時まだ扉は閉められていませんでした。ここの搶頭香も朝天宮と同様に先を争うものではなく、列に並んで順番に線香を供えます。

 

f:id:balbaltan:20190207225520j:plain

まずは財神から廟内の各神様をお参りして回ります。

 

f:id:balbaltan:20190207230302j:plain

荘厳な廟ですね。息をのむ美しさです。昨年の進香の際に初めて立ち寄ったのですが、その時の感動がよみがえってきました。

 

f:id:balbaltan:20190207230734j:plain

一通りお参りを終え外に出ると、すでに扉は閉められ、長い行列ができていました。私も細い線香を手に列に並びます。 

 

f:id:balbaltan:20190207235505j:plain

5時15分扉が開きました。順番に線香をお供えし、武徳宮での搶頭香を終えることができました。これで金運も上昇となるといいのですが... お参り後はふたたび廟の外に出て、「發財金」の列に並びました。

 

f:id:balbaltan:20190207224350j:plain

武徳宮は門も立派ですね。こうして後ろ髪を引かれるような思いで廟を離れ、歩いてホテルまで戻りました。

 

危険性について

新港奉天宮のような搶頭香の場合、当然それ相応の危険が伴います。現実に毎年けが人も出ているようです。

・場所の取り合いによる喧嘩

・走り込む途中での接触や転倒

・火のついた線香による火傷

などがあげられます。

どうしても頭香を狙いたいという人以外は、後ろの方でゆっくりと歩いて参加した方がいいでしょう。2番も100番も変わりませんから。

 

また数年前には事故ではありませんが、動画のような「事件」も起きています。

彰化南瑤宮で行われた搶頭香において、廟のボランティアスタッフとして参加していたおじいさんが、参加者たちが駆け込んでくる前に、突然身をひるがえして頭香を奪ってしまったという思わず笑ってしまうような事件がありました。

 

錢母・發財金について

f:id:balbaltan:20190208004009j:plain

旧正月には、「紅包」、「發財金」、「錢母」などが、参拝者に配られます。

左が北港武徳宮でもらった「發財金」、右が北港朝天宮でもらった「錢母」です。
「發財金」は、このお金を使用することで、より多くのお金を招く効果があると言われています。本来の意味は、廟から借り入れるお金のことを指します。

「錢母」は、お財布にいれたりすることで金運を上げる効果があるようです。

 

f:id:balbaltan:20190208005346j:plain

「錢母」と言えば、南投県にある竹山紫南宮のものがとても有名です。ここは春節の時期に台湾でもっともにぎわう廟の一つであり、特に初四にはものすごい人出となります。

 

f:id:balbaltan:20190208010205j:plain

毎年旧暦1月1日に配られる紫南宮が製作する独自の「錢母」は、多くの人を惹きつけ、早い人は数日前から並び始めます。当日朝には7万人以上が7kmに渡り列を作ったそうです。

 

最後に

台湾で春節を過ごす機会がある方は、興味があれば、ぜひ一度搶頭香に参加してみてはいかがでしょうか。参加までしなくとも、見物するだけでも十分楽しいですね。また「發財金」「錢母」は、とてもいい記念になると思います。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]

 

 

仏教進香・遶境レポート

 

台湾の仏教行事の中にも「徒歩進香」や「遶境」に似たイベントがあると聞きつけ、早速二つのイベントに参加してまいりました。一つは台南市で行われる観音菩薩の里帰りもう一つは高雄市で行われる観音菩薩の地域巡行という仏教イベントです。スタートからゴールまで、イベントの詳細について紹介させていただきます。

 

 

[目次]

 

 

東山迎佛祖

f:id:balbaltan:20190129182546j:plain

 

  

概要

【東山迎佛祖】

 

主催寺:東山碧軒寺[1844年建立] f:id:balbaltan:20190129105443j:plain

 

《送佛祖》

出発点:東山碧軒寺(台南市東山区

目的地:火山碧雲寺(台南市白河区

開催時期:旧暦12月23日

開催期間:1日

移動距離:約15km

 

《迎佛祖》

出発点:火山碧雲寺(台南市白河区)

目的地:東山碧軒寺(台南市東山区

開催時期:旧暦1月10日

開催期間:1日

移動距離:約25km

 

参加費:なし(申込不要)

参加人数:数千人

特徴:重要無形文化遺産に登録された数少ない仏教行事の一つ。旧正月前に碧雲寺へ向かい、旧正月後碧軒寺へ戻る

住所:台南市東山区東山里218

アクセス:北東山バス停下車30秒(新営駅からバスで25分)

参考HP:

東山碧軒寺全球資訊網-觀音佛祖廟

 

《送佛祖》ルート

f:id:balbaltan:20190131083614j:plain

 

《迎佛祖》ルート 

f:id:balbaltan:20190131083651j:plain

 

行事について

f:id:balbaltan:20190129152236j:plain

18世紀初頭、中国から観音菩薩を携えやってきた法師は、現在の台南市白川区にある山のふもとに寺院を建造し、観音菩薩を祀りました。そしてその後山の中腹へと移転しました。それが現在の火山碧雲寺です。しかし19世紀半ばになり、戦乱による焼き討ちや強奪に遭うと、山を下りた平地にある東山に簡素なお寺を建設し、そこに観音菩薩(正二媽)を安置しました。それが現在の東山碧軒寺になります。
その後毎年年越しの時期になると、正二媽は碧雲寺に里帰りし、年末年始の時間を「実家」で過ごすようになったのです。
毎年旧暦12月13日早朝、信者は正二媽を神輿に載せて碧軒寺を出発し、碧雲寺まで昔ながらの道を歩いて15kmの道のりを帰ります。
そして年越しの後、旧暦1月10日深夜に帰路につき、多くの信者は松明を手に山道を歩きます。往路復路の道は異なり、復路の方がやや長くなっています。
 
送佛祖レポート

f:id:balbaltan:20190129152900j:plain

当日神輿は朝7時ごろ出発となるため、近くの街に前泊し始発のバスに乗りました。6時すぎに碧軒寺に到着すると、すでにそこには長い長い行列ができています。並んでいる方に話を聞くと、どうやら結縁品(記念品)をもらえるようです。

 

f:id:balbaltan:20190129184847j:plain

まずは仏様(観音菩薩)にご挨拶です。個人的なことや行事が無事に行われることをお祈りしました。

  

f:id:balbaltan:20190129194953j:plain

廟の外では参加者に無料の朝食が振舞われており、その前の道には、500m以上に及ぶ長い長い列が出来ています。一体なんの行列でしょうか? 神輿が出発すると理由はすぐにわかりました。「鑚轎脚」を待つ行列だったようです。

 

f:id:balbaltan:20190129201051j:plain

そしてなんと、乩童の姿を見かけました。乩童は道教特有の存在だと思っていたのですが、仏教イベントにも参加していたことに驚きです。

 

f:id:balbaltan:20190131084800j:plain

子どもたちによる陣頭です。みんな長い木の棒を持ち歩いています。小さい子もいてとても可愛いですね。ほかには菅笠を手にした老人のグループぐらいで、陣頭はとてもシンプルです。 

  

f:id:balbaltan:20190131085228j:plain

多くの住民の方が「擺香案」(机の上に食べ物を並べ線香を供える)をして、熱心に拝んでいます。

 

f:id:balbaltan:20190131085349j:plain

頭旗グループに追いつきました。頭旗に頭燈、なんだか道教の進香にそっくりです。

 

f:id:balbaltan:20190131085628j:plain

ルート上には所々に写真のような補給ポイントがあります。頭旗に追いついたあたりで、進香仲間の知り合いに出会いました。そこからしばらくは雑談しながら歩きましたが、 基本一人で歩くのが好きなので、しばし一緒に歩いた後は、再び自由行動です。

 

f:id:balbaltan:20190131090049j:plain

最初の中継ポイントに到着です。どう見ても道教の廟ですね。お参りして先に進みます。「古香路」と呼ばれる昔ながらの山道までには、再び神輿と合流する計画です。 

 

f:id:balbaltan:20190131114630j:plain

学校はすでに春節の休みとなったようで、このイベントにはとても多くの子どもたちが参加していました。きっとハイキングのような感じなのでしょう。

 
f:id:balbaltan:20190131091408j:plain

こちらの中継ポイントでは大根餅が振舞われており、美味しくいただきました。 頭旗から大分先行してしまったようで、周りに人はかなりまばらです。

 

f:id:balbaltan:20190131093034j:plain

ここも昔は舗装のない山道だったのでしょう。遠い昔に想いを馳せながら歩き続けます。青空の下歩く田舎道は気持ちがいいですね。

 

f:id:balbaltan:20190131093216j:plain

次の中継ポイントでは、お参りの後また軽食休憩です。時間調整のために、すこし長めの休憩をとりました。

  

f:id:balbaltan:20190131093805j:plain

だんだんと上り坂になってきました。参加者のおばあさんたちと雑談しながら坂を上っていきます。 この区間は、竹林を吹き抜ける風を浴びながら気持ちよく歩けました。

 

f:id:balbaltan:20190131114743j:plain

いよいよ山道「古香路」に突入する前最後の中継ポイントです。エネルギーを補給しながら、神輿の到着を待ちます。少し休憩していると、神輿に続いて、参加者の方々も続々と到着し始めました。

f:id:balbaltan:20190131093901j:plain

昔ながらの山道である「古香路」に向かって出発です。最後は神輿と一緒にゴールを目指します。

  

f:id:balbaltan:20190131094607j:plain

少しずつゼーゼーハーハーと息が切れはじめてきました。山道はだんだんと険しさを増していきます。 また足元が不安定なため、みなうつむきながら山を登っていきます。想像以上に険しい山道に、その後私もすこし遅れ始めました。

 

f:id:balbaltan:20190131094756j:plain

写真ではなかなか伝わりませんが、かなりの急こう配です。 

 

f:id:balbaltan:20190131094721j:plain

急こう配の前では、神輿チームはしばし休憩を取り、体力を回復させます。 

 

f:id:balbaltan:20190131095019j:plain

神輿が信者を引き連れ急こう配を上ってきます。古香路のハイライトらしく、多くの人たちが坂の上でカメラを手に神輿の到着を待ち構えていました。

 

f:id:balbaltan:20190131095406j:plain

一番の難所を越えると、ようやく先が見えてきました。

 

f:id:balbaltan:20190131095516j:plain

当日は本当にいい天気に恵まれ、気持ちよく歩くことができました。ここから先は、神輿より少し先行します。

 

f:id:balbaltan:20190131095629j:plain

ここでやっと枕頭山の山頂が見えてきました。美しい景色に、疲れた身体も癒されるようです。

  

f:id:balbaltan:20190131095830j:plain

いよいよゴールの碧雲寺が視界に入ってきました。この美しさを、写真では表現しきれないところが残念でなりません。

 

f:id:balbaltan:20190131101134j:plain

碧雲寺までの最後の道は、神輿や多くの信者の方たちとともに歩きます。 

 

f:id:balbaltan:20190131114431j:plain

おばあさんが杖を手にここまで歩いてきたようです。その信仰心の強さに、感動すら覚えました。

 

f:id:balbaltan:20190131101227j:plain

碧雲寺前駐車場からの眺めもいいですね。 ここまで登ってきました。

 

f:id:balbaltan:20190131101339j:plain

そしてようやく目的地の碧雲寺に到着です。他の参加者の皆さんとともにお参りをし、これで終了となりました。お寺を出てすぐに碧軒寺まで戻る送迎バスの列に並びましたが、結局この時間が一番疲れたように思います。東山に戻り、碧軒寺にお礼の報告をして帰路につきました。

 

 

 

羅漢門迎佛祖

 

f:id:balbaltan:20190320030504j:plain

 

概要

【內門紫竹寺羅漢門迎佛祖遶境活動】

 

主催寺:内門紫竹寺[1733年建立]

f:id:balbaltan:20190320211349j:plain

開催時期:不定

開催期間:4日間(2019年より土日のみ開催)

移動距離:約76km(4日間計)

参加費:なし(申込不要)

参加人数:1万人以上

特徴:重要無形文化遺産に登録された仏教行事の一つ。お寺の周辺地域を4日間に分けて巡行する。

住所:高雄市內門區觀亭里中正路115巷18號

アクセス:観音亭バス停下車1分(台南駅からバスで約85分)

参考HP:內門紫竹寺 

 

行事について

200年以上の歴史を有し、内門区および周辺地域が参加する宗教行事です。さまざまな儀式や陣頭が有名であり、区内全住民が総動員で参加する、高雄における盛大な民俗文化行事の一つとなっています。1969年、政治的な要因で分離し建立された内門南海紫竹寺が独自に遶境を実施するようになり、2010年に高雄政府の調整により、両寺が初めて共同で遶境を行い、その後は3年ごとに交代で実施することになりました。2018年から3年間は内門紫竹寺が主催を行います。2019年にはこれまでの4日間連続の実施から、土日2回計4日間実施へと変更となりました。その背景には、宋江陣などの陣頭に参加する地元民の休日調整が困難という問題があげられます。また内門紫竹寺が管轄し遶境が行われる地域では、数々の不思議な出来事が起きており、それも強い信仰心へとつながっているようです。

 

迎佛祖レポート

もともと参加する予定は全くなかったのですが、ほかの進香が途中リタイアとなったため、急遽知り合いが勧めてくれたこのイベントに参加することとなりました。

公共交通機関で朝7時の出発に間に合わせるためには、現地に前泊する必要があります。当日乗せて行ってくれるという方もいましたが、自力で行くことにしました。紫竹寺には香客大楼がないため、近くの街「旗山」に前泊して、当日早朝タクシーで向かうことにました。

 

f:id:balbaltan:20190322183108j:plain

旗山は初めて訪れましたが、佛光山と合わせて泊りがけで観光に来たいと思えるような、心地いい雰囲気に包まれた街でした。宿泊先は、台湾の知り合いに、「そんな安いところがあるの!?」と言われるような安宿でした。

翌朝タクシーで紫竹寺を目指します。ちなみに旗山から紫竹寺までタクシーで250元でした。

 

f:id:balbaltan:20190322183826j:plain

6時過ぎに到着した時はまばらだった参加者も、お参りをして辺りをぶらついている間にだんだんと集まってきました。

 

f:id:balbaltan:20190322185140j:plain

澄み渡った青空の下、三基の神輿の後に続きます。敬虔な信者の皆さんはみな太い線香を手に歩いています。神輿の近くはすごい人ごみです。

 

f:id:balbaltan:20190322192040j:plain

多くの信者の方が神輿の後ろに続いています。私自身、遶境はあまり好きではないのですが、このように多くの神輿に付き添う「隨香客」が参加するイベントは、その限りではありません。

 

f:id:balbaltan:20190322192251j:plain

神輿の後ろは信者の方々に譲り、私は神輿より先行して歩きます。アップダウンが続く山道ですが、青空の下、田舎道を歩くのは気持ちいいですね。

 

f:id:balbaltan:20190322194407j:plain

頭旗グループを追い越すと、周囲を歩く参加者の姿は大分まばらになってきました。

f:id:balbaltan:20190322194637j:plain

立ち寄り先の廟では、どこでも盛大なお供え物が準備されています。

 

f:id:balbaltan:20190322194917j:plain

このイベントで最も感動したところは、地元の敬虔な信者の方々です。山道を進むルート上では多くの集落を通過します。そのほとんどの住民の方が写真のように、飲み物や食べ物を準備して私たちの到着を待っていてくれます。中にはビールやたばこまでありました。これは東山迎佛祖では見られなかった光景です。東山迎佛祖では、寺院の服務車や立ち寄り先の廟が飲み物や食べ物を提供していました。正直いただいた飲食の量は東山迎佛祖と変わりませんが、やはり廟が準備したものと、地元住民の方が提供してくれたものでは、そのありがたみが全く違います。

 

f:id:balbaltan:20190322203346j:plain

こうしたイベントでは、「擺香案」というお供え物を準備し、線香を手にし、金紙を焼いて待つ信者の方々の姿をよく目にします。しかしこのように多くの住民の方々が飲食を提供しているイベントは、私が知っている限り、大甲媽祖や白沙屯媽祖の進香イベントぐらいです。こうした「人情味」こそ、道教イベントが私を惹きつけてやまない一番大きな理由になります。

 

f:id:balbaltan:20190322210525j:plain

途中道を間違えて、2kmほど遠回りをしてしまったため、その後再び神輿の隊列に合流しました。このイベントで素晴らしかったのは、一定距離ごとにごみ袋が設置されていたことです。そのごみ袋のおかげで、道が違うことにも気づけました。残念だったことは、バイクの多さです。山道を非常に多くの参加者のバイクが行ったり来たりしており、徒歩参加者にとっては歩きづらい状況となってしまいました。

 

f:id:balbaltan:20190322211134j:plain

昼食会場に設置された「流水席」です。ここまで大規模なものは初めてみました。「流水席」とは、大きな入れ物に盛られた食事を、参加者が思い思いに器に盛り付けて食べるといった食事の形式です。進香や遶境では、よほど小規模のイベントではない限り、お弁当ではなく、こうした形で食事が準備されています。

 

f:id:balbaltan:20190322204002j:plain

南海紫竹寺まで神輿に付き添った後は、ひとり先を急ぎました。神輿が内門紫竹寺まで戻るのは20時ごろになるため、そうなると帰りの電車に間に合わなくなってしまいます。そこで神輿より先に内門紫竹寺へ戻り、お参りを終えると、帰路につきました。

案内では22kmとなっていましたが、途中道を間違えたこともあり、当日の歩行距離は30kmを超えていました。

 

最後に

仏教独自の「徒歩進香」や「遶境」を期待して参加しましたが、残念ながら、実際はどちらのイベントも道教の進香や遶境イベントとほぼほぼ変わりがありませんでした。

仏教:郊外の山の中に大きなお寺があり、信者はそこで修行する。

道教街中に廟が点在し、信者は日々お参りに訪れる。

もともと台湾の仏教と道教には、ざっくりとこのようなイメージを持っていました。台湾では仏教と道教の境界線はかなりあいまいであり、あまり変わりがないという話もよく耳にしてきましたが、現実問題として、想像以上に融合しているようです。特に観音菩薩は、仏教、道教の間に存在する一番あいまいな仏様(神様)なのかもしれません。

しかし東山迎佛祖、羅漢門迎佛祖のどちらとも、タイミングが合えば、ぜひもう一度参加してみたいと思えるイベントでした。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]

 

 

白沙屯媽祖進香一問一答

 

進香の参加を申し込んだ際に配られる白沙屯媽祖進香に関する疑問に回答したチラシです。これから参加される方の基礎知識として、その内容を紹介させていただきます。

 

白沙屯媽祖進香については、下記ページをご確認ください。


 

【白沙屯媽祖進香一問一答】

 

f:id:balbaltan:20190224042818j:plain


 

[進香前]

Q.「進香」ですか? それとも「遶境」?

A.古来より、白沙屯拱天宮では「進香」という名を使っています。ですので、進香!です。

 

Q.進香の日程を教えてください。

A.毎年旧暦12月15日の午後1時に、擲杯の占いにより媽祖にお伺いをたて決定します。月、日、時間の順に決定され、このため毎年の開催日数は定まってはいません。

 

Q.申込はいつから始まりますか?

A.旧暦12月15日に日程が決定した後、Facebookにて詳細を発表します。https://www.facebook.com/bstmz/

  

Q.進香に申し込みをするにあたり、参加資格の制限はありますか?

A.両親やまだ結婚していない兄弟が亡くなってから一年未満の場合、もしくは葬儀に参加し棺に入る前の遺体を目にした人は参加してはなりません。その他については特に制限はありません。

  

Q.進香に参加したいのですが、どのように申し込めばいいですか?

A.廟を訪れて直接申し込みをしてください。申込者は旧暦12月15日以降に自ら白沙屯拱天宮に来て申込書を受け取ってください。その後受付日がFB上にて発表になった後、申込に訪れてください。(その際は知り合いの方にお願いしてもかまいません)

  

Q.進香に参加する際、申込は必要ですか?

A.1. 白沙屯媽祖進香の主な目的は、朝天宮で行われる「進火」と呼ばれる儀式です。申込者の方々の姓名は祈祷文の中に記載され、北港朝天宮の炉にて焼かれます。その灰は「香擔」に入れられ、火を絶やすことなく拱天宮まで持ち帰られます。

2. 沿道で食事や飲み物を準備している信者の方々は、申込者の人数によりその必要な量を判断しています。 

 

[進香中]

Q.進香のルートは?

A.白沙屯媽祖進香では、事前にその日程のみが決められ、ルートは決まっていません。進む方向は「行轎」という方式で媽祖により指示がなされます。これは神の意思であり、決して遮ってはいけません。

  

Q.進香中の食事は、精進料理にすべきですか?

A.頭旗が立てられてから3日間は精進料理(肉抜きの食事)にしなければなりませんが、進香中の食事に制限はありません。

  

Q.進香道中での食事はどのようにすればいいですか?

A.進香の沿道では多くの信者の方々が飲食を無料で提供しています。香燈腳の皆さんは常に感謝の心を忘れず、必要な分だけを受け取り、決して無駄にしてはいけません。もし食事の提供を受けられなくとも、香燈腳は自らそれを解決し、どんな状況においても柔軟に対応しましょう。

 

Q.進香中の宿泊はどうなりますか?

A.1. 白沙屯媽祖進香ではルートが決まっていないため、事前に宿泊を手配することができません。北港に到着する日も、現地では十分な宿泊施設が準備されていませんので、自ら宿泊場所を探してください。

2. 「観光バスプラン」を申し込んだ参加者は、神輿がその日の目的地に到着した後、すみやかにドライバーもしくはアテンド係と連絡をとり、以下の方法で宿泊場所を選んでください。

① ドライバーもしくはアテンド係が手配した宿泊施設に宿泊する。

② 自ら宿泊先を探すか、神輿の目的地近くで就寝場所を探します。その際はバスの出発を妨げとならないよう、速やかにバスから荷物を受け取ってください。

  

Q.進香での注意事項やタブーはありますか?

A.1. 頭旗、香擔、神輿、神像はみな神聖なものであり、決して触ったりしないように注意してください。

2. 神輿の進む先や道の選択を行う際には、速やかに場所を開け、現場が混乱しないよう心掛けてください。

  

Q.「起馬」「下馬」はどのような意味ですか?

A.「起馬」は媽祖の神輿が出発する前、頭旗がまだ神輿の脇に立てられている時に、神輿の前で出発の挨拶をすることを言います。

「下馬」は神輿がその日の活動を終え、頭旗がその場に戻ってきた際、その日の終了の挨拶をすることを指します。

 

 [進香後]

Q.「往復徒歩」「片道徒歩」の錦旗を受け取ることができる資格とは?

A.「往復徒歩達成」とは、毎日の出発到着において、かかさず「起馬」「下馬」を行い、かつ進香の全行程を車やバイク、自転車などの交通手段を利用せず、媽祖の神輿とともに全行程を歩き通すことを指します。

「片道徒歩達成」は、日々かかさず「起馬」「下馬」を行い、北港までの往路、もしくは白沙屯までの復路を完全徒歩で達成することです。

 

Q.「往復徒歩」「片道徒歩」の錦旗はどのように申込みまた受取ることができますか?

A.いずれかを達成した人は、媽祖像が拱天宮に安置された後、媽祖に「下馬」の報告を行います。その後廟が指定した時間、場所において、氏名を登録し、その場で錦旗を受け取ります。登録の受付けは「開爐」の儀式が終了するまでとなります。

もし錦旗が不足し当日受け取ることができなかった人は、その場で登記だけを行い後日改めて受け取るものとし、日時はその場で伝えるものとします。ただし期限を過ぎても受け取りに来ない場合は、その権利を放棄したものとみなします。

                                 以上

 

 

 

f:id:balbaltan:20190123103214j:plain

さらに深く突きつめてみたい方は、進香関連の本もいろいろ出版されていますので、ぜひ購入してみてください。 

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]

 

 

遶境参加レポート

 

街中で時折見かける遶境ですが、私も何度か隊列の後について歩きました。しかし実際歩いてみると、やはり他のみなさんと同じ帽子をかぶりシャツを着て、メンバーの一員として歩いてみたいと感じるようになりました。

 

f:id:balbaltan:20181015200725j:plain

これまで、遶境と一緒に歩く徒歩イベントやよくお参りに行っていた廟の主催する遶境のメンバーとして参加したことがありました。とはいっても、一緒に歩きながら少し手伝ったぐらいです。そして今回、全く知らない廟の遶境に参加してみよう!ということで、申込から参加、遶境での状況まで、写真を交えてご紹介させていただきます。

 

[目次]

 

 

概要

f:id:balbaltan:20181015212239j:plain

 

【鹽水護庇宮 歳次戊戌年南巡卅六庄香科】

 

主催廟:鹽水護庇宮

期間:5日間

時期:通常の遶境以外に、より広い範囲の地域をめぐる北巡と南巡を不定期に実施。南巡は12年ぶりの開催。

参加費:なし(ボランティア)

移動距離:約150km

特徴:400年以上の歴史を有し、鄭成功ともゆかりのある古刹。福建湄州朝天閣から分霊された媽祖を祀る。

住所:台南市鹽水区中正路水正里16鄰140號

アクセス:護庇宮バス停すぐ(新営駅からバスで約25分)

 

申込

f:id:balbaltan:20181015194230j:plain

今回の遶境メンバー(ボランティア)の募集は、徒歩進香仲間からの情報で知りました。画像の内容は「いついつ遶境をやるので、遶境メンバーとして参加いただけるボランティアを募集します」というものです。遶境でのこのような募集は、進香に比べかなり少なくなっています。なぜなら遶境のほとんどが、友好関係にある廟からの助っ人やお金を払って人を集めることでまかなっているからです。

ただ当初参加するかどうかで悩みました。それは屏東県で行われる「東港東隆宮戊戌正科迎王平安祭典」と日程が被っていたことによります。それでも見知らぬ場所での遶境参加というシチュエーションに興味があり、今回は鹽水護庇宮を選びました。

 

f:id:balbaltan:20181015210545j:plain

主催廟は「鹽水護庇宮」(別名:月港護庇宮)、天上聖母媽祖)を祀り、鹽水烽炮で有名な鹽水武廟がある台南市鹽水区に位置しています。今回の遶境について検索してみましたが、メンバー募集に関する情報が見当たらなかったので、おそらくあまり表には出していないのかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20181016180837j:plain

事前に廟の担当者の方に電話で詳細を尋ねた後、新営太子宮を訪れた帰りに直接お伺いし、お参りと申し込みを済ませました。私のような地元ではない外部からの申込は少ないようです。

 

f:id:balbaltan:20181016180737j:plain

鹽水護庇宮は湄洲媽祖を祀り、長い間この地を見守ってきた歴史ある廟になります。

 

f:id:balbaltan:20181015194309j:plain

写真のようにすでに遶境の準備が始まっていました。鹽水はこじんまりとしたいい感じの街ですね。

 

f:id:balbaltan:20181104092540j:plain

昔、「一府二鹿三艋舺四月津(一台南、二鹿港、三台北、四鹽水)」と言われていたように、この鹽水の街が栄えていた当時が偲ばれます。

 

f:id:balbaltan:20181016180743j:plain

廟の受付では、名前、連絡先、参加したい日程を伝え、帽子とシャツを受け取りました。そして待ち合わせ場所、担当する役割、夜の就寝場所等について確認を行い、当日お世話になる団長さんと顔合わせをしました。他に申し込んだ人がいないせいか、受付を完了するまで相当骨が折れました。

 

f:id:balbaltan:20181015194256j:plain

遶境は五日間の日程で、鹽水区周辺の町や村を広範囲に巡行します。距離はそれほどではなさそうですが、深夜までの行程もあり、時間的に大変そうな印象です。今回は五日間の内、休みとの関係から三日目と四日目の二日間のボランティア参加を申込みました。

 

 f:id:balbaltan:20181023204604j:plain

申込から数日後、遶境のために設置された鹽水護庇宮のゲートを大型トラックがぶち倒し、ニュース報道されていました。

 

f:id:balbaltan:20181025101403p:plain

そしてなんと再び台風が台湾に向かっており、当日果たしてどうなるのか天気予報を注視する日が続きます。

 

f:id:balbaltan:20181101141825p:plain

フィリピン上陸後勢力を弱めながらも、もはや完全に狙いに来ています。

 

f:id:balbaltan:20181101141832j:plain

そこで雨対策用にサンダルとカッパを新調し、当日に臨みました。普段履いていたクロックスもどきのサンダルでは、長距離を歩く上で耐久性に問題があったからです。値は張りますが、結局本物に戻りました。

 

参加初日

f:id:balbaltan:20181103173330j:plain

当日は朝5時半集合と言われていたので、前日夜には現地入りをしました。朝から雨がぱらつき、気温は21度と肌寒く感じます。5時過ぎに到着すると、廟にはまだ誰も集まっていません。

 

f:id:balbaltan:20181103173556j:plain

出発地点まで送迎してくれるバスが来ました。しかし乗り込んだのは私一人。そこから車で15分程度の場所にある本日のスタート地点となる廟に向かいます。

 

f:id:balbaltan:20181103173951j:plain

スタート地点の廟ではぱらぱらと遶境メンバーが集まり始めています。早速先日挨拶をした団長さんの姿を探します。

 

f:id:balbaltan:20181103174053j:plain

設置されたテントの中では簡単な朝食が準備されていました。

 

f:id:balbaltan:20181103174251j:plain

6時近くになると人も大勢集まり始め、いよいよ出発です。しかし私が担当するはずだった「擔馬草水」の道具が準備されていません。ボランティアが必要との要請に応募しても所詮こんなものですね。

これに限らず今回のイベント全体を通して、ボランティア参加者に対する扱いの悪さが際立っていました。神様への奉仕とはいえ、これでは人が集まらないのかもしれません。実際廟の関係者以外はほぼ日当が出ているので、わざわざボランティアなどに申し込む人などいないのかもしれません。

遶境イベントの中には、ほぼボランティアだけで実施されているものもあります。ただそれは、信仰心に篤い信者が多い廟に限られるでしょう。

 

f:id:balbaltan:20181103175117j:plain

「擔馬草水」とは、このように神様の兵馬の食事となる草や水を載せた天秤を担ぐ役割です。

 

f:id:balbaltan:20181104080247j:plain

同時にボランティア募集されていた「天地掃」です。結局見かけたのは擔馬草水1名と天地掃2名だけでした。

 

f:id:balbaltan:20181103175037j:plain

本日の遶境には鹽水護庇宮以外に20程度の友好廟から神輿が参加しています。最終日には100近い廟が参加するようです。

 

f:id:balbaltan:20181103175449j:plain

各廟の神輿が続々と出発していく中、手持無沙汰の私は、仕方なく最後の神輿と一緒にとりあえず歩き始めました。神輿は車輪のついた台車にのせて引っ張る山車のようなタイプです。

 

f:id:balbaltan:20181103180229j:plain

小雨が降ったりやんだりするあいにくの天候の下、遶境の長い隊列が進みます。至る所で爆竹と花火が鳴り響いています。

 

f:id:balbaltan:20181103180517j:plain

せっかく来たのにやることもないので、団長さんと神輿グループの方に了承いただき、神輿を引っ張るグループに急遽仲間入りをしました。

 

f:id:balbaltan:20181103181536j:plain

本日の遶境は農村地帯の村々をめぐります。普段見ることのない古い家並みが続いてます。神輿はかなり重量があるため数人で引っ張っていもかなり大変です。

 

f:id:balbaltan:20181103181007j:plain

村々では多くの住民の方々が「擺香案」(家の前テーブルを置き、お供え物や線香を供えたり、金紙を焼いたりする)をして神輿の到着を待っていることに驚きました。こうした場所に遶境が来ることは少ないため、それだけ貴重な機会なのかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20181103182457j:plain

道の所々に写真のような袋に入った服が置かれ、その上を神輿が通過します。これによりその服の持ち主の健康や幸運を祈願する意味合いがあるそうです。 

 

f:id:balbaltan:20181103182828j:plain

途中途中で廟に立ち寄り、お参りをして、お供え物を受け取ります。少し青空が見え始めていますが、小雨が降ったりやんだりという天気が続きました。

 

f:id:balbaltan:20181024231054j:image

立ち寄り先の廟にはこのような「香條」が事前に貼られ、遶境や進香の到着を信者の方々にお知らせします。

 

f:id:balbaltan:20181103183238j:plain

家並みが途切れると、車に乗りワープします。始まってから何度も隊列が止まり、路上で待たされる時間が非常に長く、午前中ですでに2時間以上予定から遅れています。

 

f:id:balbaltan:20181103183455j:plain

次の目的地である廟から乩童が出迎えに来ました。今回の遶境では非常に多くの乩童を見かけました。いろいろなタイプの乩童がいて興味が尽きません。

 

f:id:balbaltan:20181103183738j:plain

今回のような村々を練り歩く遶境では、派手なことはほとんどなく、とにかく農村地帯を歩いて、廟にごく短時間立ち寄りお参りするだけです。しかし地域の人たちにとっては非常にありがたいことなのかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20181103184127j:plain

村の至る所で線香を手に持ち神輿に乗る神様を拝み、金紙を焼く人たちを見ると、信仰心の強さを感じます。神輿を引っ張っていると、なかなか写真を撮ることができないのがつらいところです。

 

f:id:balbaltan:20181103184634j:plain

途中、鹽水護庇宮の神輿から、友好廟の神輿へ助っ人として移動することになりました。

 

f:id:balbaltan:20181103185047j:plain

農村地帯をどんどん奥へと入っていきます。普段決して来ることのないようなのどかな場所ですね。神輿の前を進む涼傘の後ろをひたすら歩きます。

 

f:id:balbaltan:20181103185255j:plain

昼休憩ポイントとなる廟に到着しました。この時点ですでに予定より3時間以上遅れています。

 

f:id:balbaltan:20181103185450j:plain

食事休憩の場所に行くと、食事はほとんど残っていませんでした。そこで幸い近くにあった村の小さなお店でパンを購入しました。

 

f:id:balbaltan:20181103185656j:plain

ここに来てようやく遶境の隊列の一部を見ることができました。遶境は進香と違い、自由に前後に移動することができません。それにより隊列の全体を見る機会はほとんどありません。ただ前をあるく涼傘の背中を追うのみです。こうした点から、道教文化を楽しみたいという目的の人にとっては、陣頭のメンバーや信者として参加する人、雇われて来た人たちとは違い、単調さを感じることになると思います。だって、ずぅーっと同じ背中を見ながら神輿を引っ張るだけなのですから。それでも神様や地域の信者の方々への敬意は決して忘れません。

 

f:id:balbaltan:20181103190530j:plain

夜になり暗くなっても、ただ黙々と歩き続けます。神輿を引っ張る手もだんだんと力が入らなくなってきました。

 

f:id:balbaltan:20181103190747j:plain

夕食休憩となる廟に到着しました。出発の時間が全く分からないため、急いで食事を済ませます。こちらでは廟ごとにテーブルを分けて食事が準備されていました。

 

f:id:balbaltan:20181103191001j:plain

辣妹によるセクシーダンスが行われていましたが、残念ながらゆっくり見ているヒマはありません。

 

f:id:balbaltan:20181103191159j:plain

あたりが暗くなると神輿はライトアップされます。道端でライトアップされた神輿の隊列を見物すると奇麗なんだろうなあとは思いますが、当然中の人が見ることはありません。

 

f:id:balbaltan:20181103191508j:plain

夕食後、神輿の場所に戻るとその姿が見えませんでした。隊列の先頭から一番後方までの間を何度も行ったり来たりしましたが、どうしても見つかりません。その途中見知らぬスクーターに乗ったおばさんから前の方に行ったよと声を掛けられました。そこでふたたび前の方に戻りますがやはり見つかりません。

そんな時後ろから歩いてくる廟の涼傘を見つけホッとしたのもつかの間、その後ろに神輿の姿はありません。話を聞くと、神輿を載せた台車がパンクして修理中とのことでした。神輿が追いつくのを待ちながら、同じ背中の後ろを黙々と歩き続けます。それにしてもあのおばさんは一体誰だったのでしょうか。

 

f:id:balbaltan:20181103192012j:plain

予定より大幅に遅れ夜遅くなっても、こうして神輿の到着待っていてくれている人々が大勢います。

 

f:id:balbaltan:20181103191629j:plain

廟側が準備した飲み物だけではなく、住民の方々もこうして路上で遶境メンバーに飲み物を提供してくれています。

 

f:id:balbaltan:20181103191843j:plain

時間も遅くなり、民家がないところでは車で神輿を引きながらワープすることが増えてきました。

  

f:id:balbaltan:20181103192320j:plain

深夜1時を回りようやく目的地である新営太子宮近くに到着しました。ここでも廟の周辺地域を練り歩きます。深夜でも住民の方々は金紙を焼き、熱心に神輿を拝んでいます。

 

f:id:balbaltan:20181103192628j:plain

そして午前2時ごろ、本日のゴールである新営太子宮にやっと到着です。本当にやっとという感じでした。写真ではうまく映っていませんが、ライトアップされ非常に美しい姿で我々の到着を待っていてくれました。

 

f:id:balbaltan:20181103192912j:plain

しばらくして鹽水護庇宮の神輿も到着し、本日の行程は終了です。みなさん遅くまでお疲れさまでした。一日だけの参加にして早めに帰ろうかと考えていましたが、廟の方から翌日の応援もお願いされ、急遽残ることに決めました。

 

f:id:balbaltan:20181103193156j:plain

深夜の夜食タイムです。こうして食べているから歩いているのに逆に太るんですよね。

 

f:id:balbaltan:20181103194847j:plain

幸い新営太子宮の香客大楼の一室で休ませていただけることになりました。シャワーを浴び足をケアし寝る準備を整えた頃には、すでに3時を回っていました。翌朝は5時半集合です。

 

二日目

f:id:balbaltan:20181103195234j:plain

朝4時半に起きて5時過ぎに廟に行くと、まだそれほど人は集まっていません。昨晩は1時間ほどしか眠れていないので万全とは言えませんが、二日目も頑張って神輿を引っ張ります。

 

f:id:balbaltan:20181103200820j:plain

朝食を食べていると、ぞろぞろと皆さん重い身体を引きずり集まってきました。太子宮は鹽水から車で数分程度の場所にあるので、多くの方は自宅に戻って休んだようです。

 

f:id:balbaltan:20181103201228j:plain

隊列での順番は廟ごとに決められています。その順番がくるのを待って出発です。本日は30以上の廟から神輿が参加しています。

 

f:id:balbaltan:20181103201606j:plain

神輿の引き手からの景色は前日と同じです。早朝から街全体が霧に覆われています。

 

f:id:balbaltan:20181103202134j:plain

本日最初の廟に到着しました。ここには三太子の父親である李靖将軍が祀られています。

 

f:id:balbaltan:20181103202328j:plain

私が応援に参加した廟の神輿グループです。涼傘1名、神輿4名、まとめ役1名の6名で構成されています。涼傘1名と神輿の3名は「走路工」と呼ばれる雇われ周辺の街から来たメンバー、プラス「義工」(ボランティア)の私1名という構成です。もともと私の持ち場は「工頭」と呼ばれる廟から来たまとめ役が担当しており、途中から私に交代しました。他にも途中廟の関係者と思われる人が、スクーターで周りをちょろちょろしていました。

走路工の日当は役割や時間によって変わってきますが、高くて1日約1万円、低いと3,000円ぐらいでしょうか。神輿の担ぎ手などの重労働の方が必然的に高くなりますが、若い人たちは義工もしくはおこずかい程度というパターンが多いように思います。工頭の日当は通常分にプラスして走路工の日当から中抜きした分が加わります。

 

f:id:balbaltan:20181103201933j:plain

今日は早くからワープです。鹽水区のとなりにある新営区の街中までトラックで引っ張ります。霧が晴れ、青空が広がり、日差しも照り始めました。今日は暑くなりそうです。天気がいい分心も軽くなりますが、当然ながら眠たさに変わりはありません。

今回分かったことは、神輿の引き手は持ち場から離れられず、廟に留まるということもないため、トイレポイントにかなり苦労します。そこで水分摂取をかなり控えていました。ちなみにほかの皆さんは普通にそこら中で立ちションしています。民家の庭先だろうとお構いなしです。女性メンバーはそうもいかないので、かなり大変だろうと思います。

 

f:id:balbaltan:20181103203603j:plain

神輿を引きながら青空の下を進みます。本日は市街地を遶境ですが、昨日の農村地帯とはうって変わり、家の前で線香を持ち拝む人の姿はほとんど見かけなくなりました。田舎に行くほどまだまだ信仰心が篤いのかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20181103203948j:plain

廟に着くたびに、このようなお供え物を受け取る儀式が行われます。これ以外にもしその廟に神輿があれば、お互いの神輿を上下に振って挨拶を行います。後がつかえているため、一つの廟での滞在時間は1分程度と短くすぐに出発です。隊列が渋滞し動かなくなる原因はここにあります。

 

f:id:balbaltan:20181103204611j:plain

ほかに特にイベントもなく、何かが起こる訳でもありません。ただただ神輿を引き歩くのみです。写真の玄天上帝の廟をお参りした後昼食休憩になり、トラックの荷台でお弁当をいただきました。

その頃には新たに10人近くの廟の関係者たちが集まってきていたため、私はそこで神輿引きの任を辞し帰途につきました。さすがに寝不足と疲れから、電車の中では座ってすぐに爆睡、あやうく乗り過ごしそうになるというおまけつきでした。

2日間の合計歩行数は74,454歩、距離にして約52kmになります。重い神輿を引っ張っていた分だけ疲れはそれ以上ですが、今回は足はもとより腕の筋肉痛が残りました。

 

最後に

これは分かっていたことなのですが、遶境は進香と違い移動の自由がなく、景色も単調なため、イベントを楽しむという点では難しいかもしれません。特にボランティアとして役目を負い参加するには、信仰心が欠かせません。

さらに、ゴミのポイ捨て、檳榔吐き捨て、立ちション、民家侵入などのマナー違反はいつものことですが、こうした点以外にも今回の経験を通して、道教イベントに関わる人たちのもっと深い部分、一番大切な"信仰心"という点について大きな疑問を感じざるを得ませんでした。これは進香よりも遶境の方が顕著なように感じます。

詳しくは書きませんが、ネット上ではこうした伝統文化からかけ離れつつある遶境や進香というイベントを、快く思わない人たちの意見をよく目にします。今回の遶境も例外ではありません。実際私もこのレポートを書く予定がなければ、きっと初日の途中で帰っていたでしょう。後日廟の方と話をする機会があったのですが、やはり同様のクレームが数多く入って来ているようです。

これでしばらく遶境への参加は控え、進香も春の進香期までお休みしようと思います。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]

 

 

[道教寺院]陽廟と陰廟

 

旅先でいい雰囲気の廟を見かけ、ふと立ち寄りお参りする。おそらく皆さんもこんな経験をされたことがあると思います。でもそれ、本当に大丈夫なのでしょうか?

 

f:id:balbaltan:20190326211934j:plain


 

 

[目次]

 

 

陽廟と陰廟

台湾の廟には公廟・私廟以外にもさらに重要な分類が存在します。それが陽廟陰廟です。

f:id:balbaltan:20181017163813j:plain

※西螺福興宮(陽廟)

皆さんが日ごろ見かける廟のほとんどは陽廟になります。ただもしかすると、気づかずに陰廟へお参りに行っていたかもしれません。陰廟はむやみにお参りに行ってはいけないと言われています。それでは陰廟とは一体どのようなところなのでしょうか。

 

f:id:balbaltan:20181023075808j:plain

※鹽水七歲姑娘廟(日本軍に殺された女の子の霊を祭る陰廟)

陽廟は当然のことながら神様を祀っています。しかし陰廟はなんと亡霊を祭っているのです。祭られている亡霊には、有應公、萬善爺、大衆爺、姑娘廟の女鬼、林投姐などがあります。ではなぜ亡霊が祭られることになったのでしょうか。

  

なぜ亡霊を?

f:id:balbaltan:20181023191649j:plain

台湾の民間信仰においては、亡霊は神様と人間の間に位置付けられ、そのため亡霊は人としての性質があり、意志や感情を持ち合わせると信じられています。さらに亡霊は人間に危害をもたらすと考えられており、人々は災いを取り除くために亡霊を祭っているのです。その後、亡霊を祭る廟をお参りすると、ある特定の物事において非常に効果があるとされ、多くの人がお参りに訪れるようになりました。それでは、いくつかの伝説について見ていきたいと思います。

 

林投姐は台南に伝わる伝説です。その内容はいくつか種類があるようなのですが、海に出たきり帰ってこなかった夫の帰りを待ち続け、泣きながら死んでいった女性の亡霊だと言われています。村人たちは彼女の怨念を鎮めるため、廟を建設しお参りするようになりました。 

大衆爺廟は、戦乱や疫病で亡くなり放置された死骸を、村に災いが及ぶことを恐れた村人たちが祠を造り、お供え物を供えるようになったと言われています。

有應公(萬善爺)廟では、誰からも祭られることのないさまよう亡霊を祭っています。 

姑娘廟は、未婚の女性の怨霊を祭り、主に女性の方が参拝するようです。

 

このように特定の人物の亡霊が祭られている廟と、不特定多数の無縁仏が祭られている廟があります。特定の人物の場合は、無実の罪で殺された人間、また事件や事故に巻き込まれて亡くなったり、幼くして、もしくは女性が未婚のまま亡くなった場合も亡霊になると信じられていました。

 

日本では?

f:id:balbaltan:20181225164101j:plain

※東京神田に位置する神田明神

少し異なりますが、祟りを鎮めるといった点では、日本にも似たようなケースがあります。九州にある太宰府天満宮は、天神様として名高い菅原道真を祀っていますが、もともとの目的はその祟りを恐れ、道真公の鎮魂のためであったと言われています。

東京に位置する神田祭で有名な神田明神には、平将門が祀られています。もともとは将門の首塚を作ったことで、さまざまな厄災がこの地を襲うようになり、将門の祟りをおさめるために祀られたことが始まりだと伝えられています。

 

陽廟と陰廟の見分け方

廟の内部に光が入らず、薄暗くなっているのが陰廟であると言われていますが、実際薄暗い陽廟も多数存在しています。また建物の造りとして瓦部分に違いがあるようですが、いずれにしろ判別は簡単ではありません。

 

f:id:balbaltan:20190312180955j:plain

このように光が差し込む、明るい陰廟も数多く存在しています。

 

f:id:balbaltan:20190130115652j:plain

神像ではなく、このような大きな位牌のような石碑が祭られている場合は、陰廟であることを疑った方がいいかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20190130122501j:plain

ただ孔子廟や書院などのように、神像ではなく位牌が祀られている陽廟も多々あるので一概には言えません。特に南部で多く見かけました。

 

f:id:balbaltan:20190503124218j:plain

このような「有求必應」(願いがあれば必ず聞き届ける)という言葉は、特に陰廟でよく見かけます。他には「宮」や「廟」ではなく、「祠」という漢字が名前に使われている場合も注意が必要です。

 

f:id:balbaltan:20190319024401j:plain

田舎の方に行くと、このような小さな陰廟を特に山あいの地域で見ることができます。

 

f:id:balbaltan:20190326212208j:plain

陰廟には一般の廟のような建物だけではなく、小さな祠のようなものも多く、道端でそのような祠を見かけても決してお参りをしないことです。特に河辺や山の中などに多く分布しています。

 

f:id:balbaltan:20190318160850j:plain

このように土地公とともに祭られているケースもあり、注意が必要です。むやみにお参りすることで、悪いものを連れて帰らないように注意してください。

 

f:id:balbaltan:20190319105918j:plain

こちらの祠では、土地公のほかに聖公と地基主が祭られています。聖公は恐らく有應公のことだと思われます。地基主については、いろいろな説があるようですが、土地公よりもより狭い範囲に根付いた、誰からも祭られない亡霊だと言われています。家を建てる時は、その地の地基主にお祈りをするそうです。

 

f:id:balbaltan:20190129164137j:plain

彰化県を訪れた際、市街地にいくつもの百姓公廟を見かけました。百姓公とは、萬善公の別名ですね。なぜこんなに百姓公があるのか、廟の方に教えていただきました。それによると、昔は平地に住む少数民族の風習により遺体を墓地などには葬らず、そこら中に埋めていたそうです。そのため近年建物を建てるために土地を掘ると、人骨が出てくることがままあり、その供養のために百姓公廟に持ち込まれるとのことでした。

そうなると彰化県に限られる話ではないとは思うのですが、他の地域では山地以外でそれほど見かけたことがありません。昔この地に住んでいた人たちとなにか関連があるのかもしれませんね。また百姓公廟をお参りしても、名前を名乗らなければ大丈夫とのことでした。ただ地元の方は、特に田舎の方では、日常的に百姓公をお参りしているようです。

 

f:id:balbaltan:20190130113848j:plain

中にはこの百姓公廟のように、もともとあった墓地が移転となり、跡地に市場が建てられた際、身元の分からない人骨が多数見つかり、それらを祭るために建てられたというケースもあるようです。

 

f:id:balbaltan:20181202162147j:plain

こちらは台北龍山寺近くにある大衆爺廟です。名前から陰廟だろうとお参りは避けていたのですが、廟の方から「うちは陰廟ではないよ」との説明をいただきました。でも恐らく陰廟だろうと考えています。

 

f:id:balbaltan:20190311223952j:image

陰廟では誕生祭が行われることもあります。 ということは、こちらの萬善公廟で祭られているのは、特定の人物の亡霊のようです。

 

陰廟へのお参り

お参り時の作法については、陽廟と特に変わりはありません。ただお供えする金紙が異なり、またお供え物については、果物などよりも調理済みの食品や肉料理を好むようです。「服務台」があれば、そこの方に尋ねてみましょう。

 

f:id:balbaltan:20181017164320j:plain

※大里杙七将軍廟(陰廟)

私が初めてお参りした陰廟は、台中にある大里杙七将軍廟です。七将軍廟では七将軍や犬神が祭られています。この廟をお参りした際、陰廟という認識は全くなく、すぐそばにある大里杙福興宮をお参りしたついでに立ち寄りました。そして後日知り合いから、陰廟であると知らされたのです。正直なところ、外観からは全く見分けがつきません。ちなみにこちらの七将軍廟は 、"失くしもの" を探す際に非常に霊験あらたかだと言われています。

陰廟をお参りしお願い事が叶った際は、必ず再度御礼参りに訪れないといけないと言われています。大甲媽祖南巡遶境に参加した際、すぐ近くまで行ったため再度お参りに訪れました。その際お願いした失くしものは未だ見つかっていないため、まだ御礼参りには行っていません。

 

f:id:balbaltan:20190130114943j:plain

こちらは彰化県で廟巡りをしていた時に、通りがかりに見かけた廟です。廟の前で普通に金紙が売られており、何の気なしにお参りに立ち寄ったところ、実は陰廟でした。そうなると売られているのは金紙ではなく、「銀紙」となります

 

f:id:balbaltan:20190312061955j:plain

こちらは南鯤鯓代天府の敷地内にある萬善堂です。皆さん金運アップのお参りをしていたため、財運の神様かと思い私も一緒にお参りしたところ、こちらもまたまた陰廟でした。

 

f:id:balbaltan:20190130134125j:plain

余談ですが、台湾人旅行者が日本を旅行する時、神社やお寺の厳かな雰囲気を逆に「陰」だと感じることがあるようです。熱田神宮高野山奥の院の参道など、あの神聖で心が洗われるような雰囲気を、逆に「陰」の氣に満ちていると感じるとは、国が違うと本当に感じ方も違うのですね。

 

f:id:balbaltan:20190130132353j:plain

逆に日本人にとって、神社や寺院とは本来静寂に包まれ心静まる場所でもあるので、龍山寺よりも、行天宮の雰囲気の方がしっくりくるのかもしれません。私も行天宮に行くと心が安らぐ気がします。 

 

陰廟と間違えられやすい廟

f:id:balbaltan:20181019154404j:plain

※南投指南宮(城隍廟)

よく陰廟と間違えられるのが城隍廟です。しかし城隍廟は陽廟になります。城隍爺は好兄弟(亡霊)の親分とも言われているので、そう思われるのも仕方がないのかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20190312184121j:plain

※嘉邑九華山地蔵庵(嘉義市

他にも地藏王菩薩を祀る地藏庵があります日本では子どもの守り神である「お地蔵さま」も、道教の世界では地獄の閻魔様のもう一つの姿と言われ、死者を裁くと信じられています。そのため、陰廟のような認識を持つ人もいるようです。

 

f:id:balbaltan:20190318172136j:plain

さらに彰化県の南部の方に行くと、写真のような廟を時々見かけます。一見すると普通の廟のようですが......

 

f:id:balbaltan:20190318172240j:plain

中に入ると、このように墓石のような石碑が安置されています。見るからに陰廟のようですが、これは「阿彌陀佛碑」と呼ばれるこの地域独特のもので、水害などから地域を守る仏様に感謝し、邪気を払うために設置されています。陰廟ではなく、日本で言うところの沖縄でよく見かける石敢當のようなものです。

 

f:id:balbaltan:20190404200256j:plain

こちらは石敢當が置かれた祠です。魔物をよけたり、邪気を払ったりするための石敢當ですので、陰廟ではありません。日本では石敢當を拝むことはありませんが、台湾では線香などが供えられています。

 

f:id:balbaltan:20190319104516j:plain

こちらは石頭公という「石」を祀る廟であり、大木の根元に石が置かれています。そして大樹公と呼ばれる「大樹」と合わせて祀られています。一見すると道教の廟とは異なるため、陰廟と誤解するかもしれませんが、陰廟ではありません。石や大樹に宿る自然の生命力が、病気治癒や子どもの成長を守る力をもたらすと考えられています。また石敢當のような邪気を払う効果もあるようです。日本の神道のような自然崇拝が、台湾にもあるのですね。

 

f:id:balbaltan:20181022204528j:plain

土地公廟も半陽半陰と聞いたことがありますが、実際のところは陽廟として考えられています。

 

f:id:balbaltan:20190110094625j:plain

※麻豆代天府地獄めぐりの建物

また陰廟ではありませんが、地獄めぐりを体験できる廟がいくつかあります。例えば台南北部にある麻豆代天府、高雄の蓮池潭ほとりにある慈濟宮、彰化の八卦南天宮などです。特に麻豆代天府の地獄めぐりなどは、そのいい感じの古さ加減からぞぞっとくるものがありました。

 

f:id:balbaltan:20190110095839j:plain

しかし私が一番不気味だと感じた廟は、南投県にある名間萬丹宮です。こちらの廟では、廃棄されたり、廃廟となり引き取り手のない仏像を引き取り祀っています。その数は六千以上にものぼります。

廟公が亡くなり、現在は有志の方によって管理がされています。私が訪れた際は廟の門が閉ざされており、あきらめて帰りかけた時に有志の方が来て扉を開けてくれました。そのせいか廟の内部がまだ薄暗く、ひと際不気味に感じられたように思います。

 

陰廟でのタブー

f:id:balbaltan:20190318170059j:plain

陰廟での注意点は、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

1.用もないのにむやみに参拝しない。もし参拝した時は、不浄なものを家に持ち帰る可能性を忘れてはならない。

2.まず参拝する陰廟の性質、タブーについてあらかじめ確認する。一部の陰廟はカップルで訪れてはいけない。また家庭円満をお祈りしてはいけない陰廟も存在する。

3.正月に陰廟を参拝してはいけない。何かに憑りつかれる可能性がある。

4.男性は陰廟で女運を願ってはならない。

5.陰廟への御礼参りについてしっかり理解する。願いが叶った際は、必ず霊に御礼参りをしなければならない。

とにかくこの御礼参りという行為が、陰廟では非常に大切となるようです。

 

代表的な陰廟

ネットで紹介されていた有名な陰廟をいくつかご紹介します。

f:id:balbaltan:20181019155321j:plain

※苗栗造橋龍湖宮

・苗栗龍湖宮 水子の霊を祭る

・基隆老大公廟 戦乱で亡くなった亡霊を祭る廟

・新北土城大墓公 金運や刑事案件の解決に効力を発揮

・新北石碇姑娘廟 女性が恋愛運のために参拝

・新北石門十八王公廟 金運やくじ運UP

嘉義大林大眾爺公廟 病気治癒

・大里杙七将軍廟 探し物がある時に行くとよい

・南投集集大眾爺廟 日本軍と関係あり。樹齢七百年のクスノキが有名

・台南五妃廟 夫婦、カップルが忠節を祈る

・高雄苓雅聖公媽廟 夜の世界で働く女性に特に効果あり

・屏東烏龍大聖公媽廟 夫と浮気相手を断ち切らせる

 

[参考HP]

全台十大陰廟看這裡!求財求感情找失物個個都靈驗? | Fanily 粉絲玩樂

 

無縁仏信仰(孤魂信仰)について

ウィキペディアの内容を簡単に紹介させていただきます。

 

f:id:balbaltan:20190312101323j:plain

無縁仏信仰は、東アジアにおける民間信仰です。天災や戦争、虐殺、動乱、疫病により亡くなった人、無実の罪で殺された人、犯罪者、交通事故などによる犠牲者、後継ぎがいない死者、幼くして亡くなった人など、こうした死者たちの魂を祭っています。

供養する人のいないことで祟りをもたらすと信じられ、この信仰が徐々に形成されていくことになります。もともとは閩南人や客家などの移民により台湾に伝わり、台湾の民間信仰となりました。

陰に関わる神様を祀っている城隍廟、地藏庵、東嶽殿、閻羅宮などは「神様」を祀っており、陰廟ではありません。両者はまったく違うものなので、混同しないように注意しましょう。

無縁仏は、地域や性別、埋葬の方法などにより呼び名も変わってきます。例えば以下のようなものがあります。

有應公、有英公、金斗公、百姓公、萬姓公、萬應公、萬善公、萬善爺、萬善同歸、無嗣陰公、地府陰公、水流公、水流媽、大眾爺、大眾媽、眾人公、眾靈公、大塚公、大墓公、聖公、聖媽、もしくは某姓公、某姑娘、某仙姑、某仙女、某先生などです。

福建省や台湾では、有應公、萬應公、萬善爺、大眾爺の呼び名が一般的に普及しており、台湾ではほかにも「好兄弟」と呼ばれたりしています。

 

古代、地位の高い人物が無実の罪で亡くなると、死後は神様とみなされ、有應公(無縁仏)とはされませんでした。また亡くなった後、皇帝や朝廷などから称号を与えられた人たちも有應公からは除外され、神様となりました。

中国の民間信仰では、誰からも埋葬されず、供養もされない死者、当時の宗教制度により未婚のまま亡くなった女性、事故や事件などで亡くなった人は、悪霊と見なされました。悪霊たちは成仏することができず、供養を必要としており、また復讐を行おうとすることで、人々は恐れおののきました。そのため、国や地域社会が、まとめて埋葬、供養し、悪霊を慰めることで、人々に平静をもたらしました。

歴代の皇帝は、この無縁仏信仰に対する姿勢を決めかね、時には奨励し、時には弾圧しました。最近の調査により、台湾における無縁仏を祭る廟の多くでは、先住民族である平埔族の遺骨を祭っている可能性が高いことが分かりました。平埔族はもともと平地に住んでおり、弔いの方法が漢人とは異なっていため、漢人が開拓時に、しばしば身元の分からない遺骨を掘りあてたことによります。無縁仏の祭祀については、多くは遺骨が発見されたり、事故や事件が起きた場所に小さい祠、すなわち陰廟を建てて供養を行いました。

 

一般的に、陰廟の多くには扉がなく、門神もいません。扉上方の横木に赤い布が掛けられ、一部の廟では「有求必應」の文字が書かれています。屋根の装飾も一般的な廟とは異なります。祭祀の後には、銀紙や亡霊用の金白銭などを燃やし、紙のお金を燃やすための炉は「銀炉」と呼ばれます。無縁仏信仰が広まるにつれ、廟の建築様式もさまざまに変化し、中には一般の廟と変わらない建物や、さらにはおみくじや乩童がいる陰廟まで存在します。

 

有應公は、通常では考えられない奇跡をよく起こしたことで、悪霊から神様に昇格し、地域の守り神となりました。台湾での習俗として、大病を患い入院する人は、入退院時、病院前に「香案」を設置し、病院内の無縁仏を拝み、その加護に感謝をします。さらには病院周辺に廟を建てるケースもあります。

 

台湾では、幼くして亡くなったり、未婚のまま亡くなった女性は、姑娘廟もしくは娶神主に祭られます。庶民の間において、無縁仏を祭る祭事の多くは、旧暦7月の中元節に行われます。醮祭の最終日には、無縁仏を導く儀式が行われます。

 

陰廟でのタブーについて紹介します。台湾の民間信仰では、一般的に日没後に陰廟をお参りすることは、タブーとされています。ただし博打での勝利や違法なことについてお祈りする場合はその限りではありません。

もし陰廟でお願い事をする場合は、平穏無事を祈るケースなども含めて、後日願いが実現した時には、必ずお礼参りに訪れなければなりません。その際はお供え物を供えます。ほかにも線香を寄進したり、演劇団を招いたり、廟の改築に寄付をするといった方法でも構いません。

 

参考:孤魂信仰 - 維基百科,自由的百科全書

 

最後に

陰廟は特別な目的がない限り拝んだりはせず、もしお参りする際は、十分その性質を理解した上で訪れて下さい。

台湾に伝わる怖い言い伝えとしてはこれ以外にも、台中の「紅衣小女孩」や「幽霊船」、さらには中元節の「好兄弟」や「魔神仔」、「肩叩き」などがあります。そして恐ろしい風習として、「冥婚」や彰化の「送肉粽」などが現代でも残っていますので、興味がある方は調べてみてください。そして良くないものに憑りつかれた可能性がある場合は、廟に行き収驚を受けるようにしましょう。

道端に赤い封筒が落ちていても、くれぐれも拾わないように... 

 

 

 

 

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]

 

  

[道教寺院]公廟と私廟

 

道教の廟は大きく分けて2種類が存在します。それが「公廟」「私廟」です。私廟へのお参りは注意した方がいいという話も耳にします。それではどのような違いがあるのでしょうか。

 

f:id:balbaltan:20181019124348j:plain

 

[目次]

 

 

公廟と私廟

公廟は信者の方々やその地域の人たちがお金を出し合い建設した公の持ち物であり、管理委員会によって運営されています。それに対して、私廟は個人が建てた廟です。どちらもお参りに立ち寄ることは問題ありません。

 

f:id:balbaltan:20181017163701j:plain

※西螺廣福宮(公廟)

こちらが公廟です。台湾でよく見られる一般的な廟になります。公廟は許可なく入ってお参りしても、何ら問題はありません。お参りの方法については、詳しく紹介されているサイトがいくつもありますので、ここでは割愛いたします。参拝の際はまず廟に祀られている神様が何なのかを確認してから、お参りする内容を考えた方がいいでしょう。

 

f:id:balbaltan:20181022113759j:plain

※透天一階にある私廟

こちらが街中でよく見られる私廟です。多くはこのような透天厝と呼ばれる建物の一階もしくは最上階にあり、個人が管理している小さな廟になります。一見してすぐに私廟とわかり敷居も高く、ほとんどお参りに行くことはありません。しかし私廟の中にも大きな建物の廟が存在し、そうなるとなかなか見分けがつきません。

 

公廟、私廟の見分け方

f:id:balbaltan:20181022184027j:plain

※この立派な廟も私廟だそうです。

知り合いの家の近くに廟があり、遊びに行った時はいつもお参りに寄っていたのですが、ある日知り合いから「あの廟は私廟だからあまりお参りに行かない方がいいよ」と言われました。しかし大きな建物の廟となると、外部の人間にはなかなか判断がつかないものです。ではどうやって見分ければいいのでしょうか。

 

f:id:balbaltan:20181022184405j:plain

ポイントは廟の管理人である「廟公(婆)」がいるかどうかです。公廟の場合、財団法人化され管理をされていますので、日中であれば必ず廟内に廟公がいます。そして廟公の座っている机の近くには、行事日程が書かれたホワイトボードが設置されています。100%という訳にはいきませんが、これでかなりの確率でわかると思います。よくお参りに行く廟の場合は、それとなく廟の方に公廟なのか私廟なのか尋ねてみましょう。

 

私廟を避ける理由

f:id:balbaltan:20181022190054j:plain

それでは、なぜ私廟にはあまりお参りに行かない方がいいのでしょうか?

まず一番は他人の敷地に入りこみ、そこにある神棚をお参りをするような心理的抵抗感からでしょうか。

二つ目に神像や廟の管理がしっかりなされていない可能性があるという点です。

三つ目として、お金の流れが不透明という問題です。私廟は公廟と違い、資金の流れを公開する必要がありません。さらに廟の役員が好き勝手にやっている可能性が否定できません。つまりお賽銭や寄付金などのお金がどこに流れているのか分からない、政治と関わりを持っていたり、裏の世界と繋がりがあるかもしれないということです。さらには運営内容が法に触れている可能性があるかもしれません。

 

土地公は公廟? それとも私廟?

f:id:balbaltan:20181022190441j:plain

かの有名な竹山紫南宮も実は私廟なんだそうです。そうなるとますます分からなくなりますね。

 

f:id:balbaltan:20181022190927j:plain

土地公の廟は小さくても公廟に入ると思うのですが、登記されていないところがほとんどという話も聞きます。竹山紫南宮も歴史的にそのような理由があるのかもしれませんね。ただ一般的には地域の皆さんで管理しているので、お参りしても問題ないでしょう。

 

家廟について

f:id:balbaltan:20190318152635j:plain

こちらは彰化県で見かけた「張氏家廟有義堂」という廟です。こちらは家廟という私廟になり、さらに「張」という姓の一族のみが参拝します。そこで関係ない人は立ち入らない方がいいでしょう。

 

f:id:balbaltan:20190422001659j:plain

こちらは嘉義県で見かけた「陳」姓の方のための家廟です。

 

以前南投県でも「張琯溪公宗祠」という廟を見かけましたが、入口には関係者以外立ち入り禁止の看板が掛けられていました。その時初めて家廟という存在を知りました。廟名の最初に「姓」がある場合は、家廟である可能性を考えた方がいいでしょう。

 

小さな祠について

f:id:balbaltan:20190321114921j:plain

道端にある小さな祠は私廟が多いと聞きました。公廟、私廟を問わず、小さな廟や祠はむやみに拝んではいけません。なぜなら次に紹介する「陰廟」が多く、"なにか"を連れてきてしまう可能性があるからです。

 

f:id:balbaltan:20181029185928j:plain

五営将軍の小廟ならば問題ありませんが、よく分からないうちはやはり避けた方がよさそうです。

 

  

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]

 

 

進香期レポート

 

ここまで徒歩進香について、詳しく紹介させていただきました。しかし進香はまだまだ奥深く、実はもう一つ楽しみ方があります。それが「進香期」の見物です。

 

f:id:balbaltan:20181015043607j:plain

 

 

[目次]

 

 

進香期とは

f:id:balbaltan:20181015043831j:plain

以前少しだけ紹介をしましたが、進香のうち徒歩で行われるものはほんのごく一部のみであり、99%以上の進香は観光バスに乗り行われます。バスに乗り現地入りし、陣頭は駐車場から廟までの間で行われます。そこで我々は廟で待ち構え、さまざまな進香団の陣頭を見物をするのです。

その進香が集中する時期を「進香期」と呼び、多い廟では1日あたり大小さまざま100グループ以上の進香団が訪れます。進香期は一般的に神様の誕生日前後となるので、見物に行く場合は誕生日前数週間の週末が狙い目です。

遶境の場合では、巡行している長く続く陣頭を路上で見物しますが、それに対して進香期では、波のように押し寄せる短い陣頭を廟で待ち構えて見物することになります。

 

人気の高い神様、進香でにぎわう廟

台湾で最も多く祀られている神様はおそらく福徳正神(土地公)でしょう。その次に王爺、天上聖母(媽祖)、玄天上帝などの神様が続きます。 

f:id:balbaltan:20181015045027j:plain

※媽祖像

 

<各神様の誕生日>

・福徳正神:旧暦二月二日

・王爺:旧暦四月二十六日、四月二十七日、六月十八日、八月十五日、九月十五日...

・媽祖:旧暦三月二十三日

・玄天上帝:旧暦三月三日

※王爺の誕生日がなぜたくさんあるのかについては、後ほど説明させていただきます。

 

f:id:balbaltan:20190421160929j:plain

※鹿港天后宮進香期

これからわかるように、旧暦三月前後に多くの進香期が集中しています。

 

f:id:balbaltan:20181015044152j:plain

※松柏嶺受天宮

進香期がにぎわう廟、つまり分霊が多い廟は以下の通りです。

・福徳正神:恆春高山巖福德宮(屏東県恆春鎮)

・王爺:南鯤鯓代天府(台南市北門区)

・媽祖北港朝天宮(雲林県北港鎮)、大甲鎮瀾宮(台中市大甲区)、鹿港天后宮(彰化県鹿港鎮)

・玄天上帝:松柏嶺受天宮(南投県名間郷)

ただし福徳正神の進香はあまり多くないかもしれません。

 

進香期見物に出発

f:id:balbaltan:20181015045422j:plain

※今回の進香期見物の拠点となった台南市北部の新営駅前

今回は中壇元帥(太子爺)と王爺(呉府千歳)の誕生日が近いということで、週末を利用し台南市北部にやって来ました。それぞれの神様を祀る代表的な廟に進香期の見物に行きます。台南市の有名な廟の多くは中西区近辺に集中していますが、北部にもいくつか点在しています。

進香期の見物は春に行った松柏嶺受天宮以来となり、ちょっとわくわくしながらの出発となりました。

 

新営太子宮(中壇元帥)

f:id:balbaltan:20181015035129j:plain

まず最初に訪問したのは、中壇元帥の廟として最も有名な新営太子宮です。新営駅からバスで30分ほどの距離に位置しています。

 

f:id:balbaltan:20181015035306j:plain

それでは道教でも人気の神様の一柱である中壇元帥について簡単にご紹介します。

 

f:id:balbaltan:20181015154207j:plain

中壇元帥というとあまりピンと来ないかもしれませんが、3人の子どもの神様が踊る陣頭をどこかで見たことがあるかもしれません。そのうちの一人が中壇元帥です。中壇元帥とは本来役職名であり、名前を哪吒と言います。残り二人はお兄さんの金吒と木叉、ちなみに父親は李靖です。

中壇元帥は地域の守り神「五営兵将」のリーダーであり、日々神兵とともに街を巡回し平和を守っているんですね。そうなると上司は玄天上帝なのでしょうか。中壇元帥にはいろいろな逸話がありますので、興味がある方はぜひ調べてみてください。かなり暴力的な神様です。

 

新営太子宮の進香期をレポート

f:id:balbaltan:20181015041138j:plain

新営太子宮にお昼頃到着すると、廟は進香団と見物客ですでにとてもにぎやかです。

 

f:id:balbaltan:20181015041306j:plain

まずは廟のすぐ目の前にある旧廟をお参りします。こちらでも陣頭が行われています。

 

f:id:balbaltan:20181015164517j:plain

よく見かける誰も観ていない布袋劇が演じられていました。神様が観ているのかもしれませんね。

 

f:id:balbaltan:20181015041631j:plain

続いて本廟をお参りするため、他の参拝客に続いて建物の中へと入ります。

 

f:id:balbaltan:20181015041743j:plain

以前訪れた時にはなかった礼拝用の台が設置されており、奥までは入れないようです。人ごみの中で神様にご挨拶します。

  

f:id:balbaltan:20181015164310j:plain

廟の前には多くのお供え物が供えられています。

 

f:id:balbaltan:20181015164335j:plain

金紙(紙のお金)や線香が売られています。金紙の価格は、100元という廟とお気持ちを入れてくださいという廟があります。 

 

f:id:balbaltan:20181015164319j:plain

こちらでは廟グッズが売られています。

 

f:id:balbaltan:20181015163848j:plain

金紙を焼く金炉は煙が途切れることがありません。

 

f:id:balbaltan:20181015042027j:plain

廟の外に出て空を仰ぐと、屋根の上で輝く太子の像が印象的です。

 

f:id:balbaltan:20181015164723j:plain

お参りを終えたら、いよいよ進香団見物が始まります。廟から数百メートル先の路上より、進香がスタートします。

 

f:id:balbaltan:20181015042158j:plain

廟前の道路は進香団であふれかえり、その中に早速「乩童」の姿を見つけました。進香期見物のお目当の一つはやはりこの神様が乗り移る存在である乩童ですね。玄天上帝や王爺、中壇元帥の進香団では、乩童の姿を見ることができます。媽祖でも見かけます。

 

f:id:balbaltan:20181015163404j:plain

乩童は果たして本物なのかという点については、正直なところ半信半疑です。中には一部本物がいるかもしれませんが、多くは演技だろうなと思っています。それを含めて見物してみると、いろいろ楽しいですよ。

 

f:id:balbaltan:20181015163223j:plain

このおばあさんも乩童なのでしょうか。

 

f:id:balbaltan:20181015164620j:plain

進香団ごとに毎回大量の爆竹が準備されます。

 

f:id:balbaltan:20181015164029j:plain

爆竹の音が鳴り響き、乩童は裸足で火のついた爆竹の上を歩いています。

 

f:id:balbaltan:20190314071021j:plain

進香団や見物客は、みな煙と塵に包まれます。

 

f:id:balbaltan:20181015164629j:plain

爆竹のゴミは、廟のボランティアの方々が清掃しています。お疲れさまです。

 

f:id:balbaltan:20190314071342j:plain

乩童以外にもさまざまな陣頭が訪れます。

 

f:id:balbaltan:20181015164250j:plain

波のように押し寄せる進香団では、さまざまな陣頭が楽しめます。こちらは二人組で踊る舞獅です。

 

f:id:balbaltan:20181015163449j:plain

陣頭の中でも人気の八家将がやってきました。

 

f:id:balbaltan:20190314070913j:plain

こちらは将軍コンビの一人、順風眼将軍ですね。

 

f:id:balbaltan:20190314071623j:plain

お参りを終えると進香団は神輿と共に帰っていきます。そして次の進香団がやってきます。

 

f:id:balbaltan:20181015164134j:plain

辣妹のポールダンスもやってきました。

 

f:id:balbaltan:20190314070525j:plain

廟の上階からの眺めです。奥に見えるのが旧廟ですね。

 

f:id:balbaltan:20181015163536j:plain

週末ということもあり、廟前の広場は進香団と見物客で埋め尽くされはじめました。

 

f:id:balbaltan:20181015163937j:plain

廟脇の建物で進香の順番待ちする神輿や陣頭たち。

 

f:id:balbaltan:20181015163744j:plain

駐車場には多くの進香団の観光バスが停車しています。

 

f:id:balbaltan:20181015163751j:plain

神輿や陣頭の道具を運ぶトラックです。

 

f:id:balbaltan:20181017080836p:plain

FBを確認すると、なんと新北市から9日間かけて歩いてきた徒歩進香団が間もなく到着するとの案内がありました。

 

f:id:balbaltan:20181015164447j:plain

廟の裏では多くの屋台が軒を並べ、ちょっとした夜市のようです。 

こうして進香期を数時間見物し、私は廟をあとにしました。

 

 

南鯤鯓代天府(王爺)

f:id:balbaltan:20181015034637j:plain

翌日訪れた廟は、新営駅からバスで1時間弱の北台南に位置する、王爺信仰の総本山ともいわれる南鯤鯓代天府です。唯一国定重要無形文化遺産にも指定されている最も有名な「進香期」と言ってもいいでしょう。

 

f:id:balbaltan:20181015034347j:plain

※正統鹿耳門聖母廟

南鯤鯓代天府は、台南市安南区にある正統鹿耳門聖母廟と並ぶ規模の大きさを誇り、壮大ですね。

 

f:id:balbaltan:20181015040337j:plain

それではなぜ王爺の誕生日が複数あるのかという点について、簡単に解説します。

それは「王爺」という名称は、一柱の神様を指している訳ではなく総称になっているからです。「〇府千歳」とあるのが王爺のことですが、この〇の部分にいろいろな姓が入り、その数は100を超えています。中で代表的なものが五府千歳と言われる李・池・呉・朱・范です。

王爺とはもともと疫病神であり、海を越えて疫病を連れてくると言われていました。それが転じて疫病を取り除く神様へと変わり、疫病がなくなった現在では厄災を取り払ってくれる神様としてあがめられるようになりました。台湾でよく見られる代天府と名がついている廟は王爺の廟になります。

北部の城隍爺、中部の媽祖、南部の王爺と言われるように、特に台湾南部では王爺信仰が盛んです。有名な焼王船も王爺のイベントです。

 

南鯤鯓代天府(王爺)の進香期をレポート

f:id:balbaltan:20181015040638j:plain

進香期見物二日目、バスが廟に近づくと、遠くから爆竹や花火の音が鳴り響いてきました。すでに進香団が到着し、現地はにぎやかなようです。

 

f:id:balbaltan:20181015181135j:plain

廟前の礼拝場は、進香期を見物する人々で混み合い、爆竹や音楽が鳴り響き、ちょっとしたカオスでした。

 

f:id:balbaltan:20181015181416j:plain

奥に見えるのが廟の建物になります。なかなか長い歴史を感じさせる風情が漂っています。

 

f:id:balbaltan:20181015181226j:plain

廟の中もすごい人ですね。こちらも手前に柵が設けられ、神様の前まではたどり着けません。遠くから手を合わせます。 

  

f:id:balbaltan:20181015182300j:plain

お参りを終え、廟前広場に戻ってきました。進香期には次から次へと進香団がやってきます。 

 

 f:id:balbaltan:20181015182047j:plain

進香団の規模も、数人から100人を超えるものまでと様々です。

 

f:id:balbaltan:20181015181538j:plain

陣頭の中に馬の行列を見つけました。

 

f:id:balbaltan:20181015182432j:plain

進香に向かうグループと入れ替わりに、お参りが終ったグループが駐車場へ戻っていきます。

 

f:id:balbaltan:20181015181612j:plain

乩童です。王爺の進香団でも乩童の姿を見ることができます。

 

f:id:balbaltan:20181015182322j:plain

背中の傷が見てとれるかと思います。中にはひどく流血している乩童もいます。

 

f:id:balbaltan:20181015181532j:plain

陣頭の一つ、舞獅による獅陣です。日本の獅子舞に似ていますね。

 

f:id:balbaltan:20181015182039j:plain

同じく陣頭の一つ、八家将です。 陣頭は三種類あり、舞獅や八家将などの武陣、太鼓や管楽器などの文陣、お葬式で楽器を弾いたり踊ったりする喪葬陣です。このうち前者二つが、進香や遶境などで見ることができます。

 

f:id:balbaltan:20190314075046j:plain

陣頭ではおなじみの千里眼将軍順風耳将軍です。遶境では、将軍の紙で作られた髪の装飾(篙錢)が落ちると、信者の方々が大事そうに拾っています。

 

f:id:balbaltan:20181015181716j:plain

廟前の礼拝場では読経によるお参りが行われていました。

 

f:id:balbaltan:20181015181722j:plain

廟の裏手にある凌霄寶殿です。こちらでは玉皇大帝などの神様が祀られています。

 

f:id:balbaltan:20181015181452j:plain

お参りに使う線香や金紙はこちらで購入します。セットで100元。ちなみに「ご自由にお使いください」の線香は置かれていませんでした。廟によくある無料の線香は廟が用意したものではなく、一般的に信者の方々が寄付したものです。私もよく行く廟では、時々多めに買って線香入れに入れたりしています。

 

f:id:balbaltan:20181015181736j:plain

ガスバーナーではなく線香を押し付けて火をつける珍しいタイプです。でもこの方がつけやすいですよ。

 

f:id:balbaltan:20181015043236j:plain

廟の中にはコンビニや郵便局までありますよ。

 

f:id:balbaltan:20181015181821j:plain

敷地内にあるレストランや宿泊施設の入った建物です。

 

f:id:balbaltan:20181015181829j:plain

食堂や土産物屋が集まる一角。ちょっとした市場のようです。

 

f:id:balbaltan:20181015181838j:plain

敷地内の庭園も美しく管理されています。

 

f:id:balbaltan:20181015181907j:plain

駐車場には進香団の観光バスが所狭しと停車しています。

 

f:id:balbaltan:20181015040926j:plain

南鯤鯓代天府の十大特徴が紹介されていました。

この日も多くの進香団を見物し少々飽きてきましたので、爆竹の音を背中に聞きながら、バスに乗り帰途につきました。

  

注意事項

進行期を見物する上でいくつか注意点があります。

 

1.神輿に近寄ったり、前を横切らない

f:id:balbaltan:20181017112024j:plain

進香団のお参りを邪魔してはいけません。ただ正直、前を横切らないことには移動ができなくなります。その際はお参りをしている際の神輿や神像の前は横切らないように注意しましょう。

 

2.爆竹に注意する

f:id:balbaltan:20181015182422j:plain

とにかく至る所で爆竹がならされます。爆竹に火をつける際、周りに声をかけてくれる人もいますが、たいていは気にせず鳴らされます。たまにいきなり足元で爆竹が破裂し、驚かされることもあります。そこでやけどをしないよう、長ズボンで見物に行くことをおすすめします。そして写真のように爆竹が並べられている場所には、できる限り近づかないようにしましょう。

また音もものすごいため、慣れないうちは爆竹の間は耳をふさいだ方がいいかもしれません。

 

3.煙や塵を吸い込まないよう対策を

f:id:balbaltan:20181015163704j:plain

廟周辺には爆竹や花火による煙や塵が充満しています。マスクや口を覆うタオルを忘れずに持参しましょう。

 

[追記]松柏坑受天宮進香期

f:id:balbaltan:20190331111137j:plain

南投県名間鄉にある玄天上帝の総本山である松柏坑受天宮です。

 

f:id:balbaltan:20190331111834j:plain

山登り徒歩進香で受天宮に到着した後、進香団はみなバスに乗って山を下っていったのですが、私は一人進香期を見学、というよりも乩童を見学してから歩いて帰りました。その際撮影した乩童の写真をいくつか紹介したいと思います。

 

f:id:balbaltan:20190331112134j:plain

f:id:balbaltan:20190331112247j:plain

f:id:balbaltan:20190331112330j:plain

f:id:balbaltan:20190331113254j:plain

f:id:balbaltan:20190331112219j:plain

f:id:balbaltan:20190331112601j:plain

多くの乩童を目にすることが出来ましたが、顔を串刺しにしたり、頭に鉄球を落としたり、血まみれな乩童の姿は、見ることができませんでした。

 

f:id:balbaltan:20190331112644j:plain

乩童が身体を傷つけるために使用する武器になります。

 

f:id:balbaltan:20190331112729j:plain

進香期を見学後は、受天宮から山道を降り、二水駅から電車に乗りました。

 

 

最後に

進香期は遶境見物とともに、台湾の道教文化を手軽に楽しむことができる機会です。旅行の日程を決める際には、ぜひ神様の誕生日も合わせて調べてみてください。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]

 

 

[道教儀式]建醮(神壇による祈祷儀式)

 

今回は、よりディープな道教の宗教儀式建醮(ジエンジアオ)(神壇による祈祷儀式)について、紹介してまいります。

 

f:id:balbaltan:20180912210508j:plain

 

[目次]

 

 

建醮について

f:id:balbaltan:20180917125249j:plain

※中元普渡の儀式

建醮には、中元節に亡霊たちをもてなす「中元普渡」の儀式もその仲間に入ります。ただここでは、一般的に言われるところの「平安醮」をご紹介します。

 

f:id:balbaltan:20180913174518j:plain

南投県竹山で行われた建醮の案内

建醮は、神様に感謝し平安を祈ることを目的とした宗教儀式です。建醮は毎年行われるものではなく、十数年に一度や、数十年に一度のタイミングで行われ、その日程は占いにより決められます。開催の間があけばあくほど、より盛大になっていきます。主に冬の時期に行われているようです。 

主催する廟に近隣の廟が協力することで、街全体が一つとなり、一週間程度続く大規模な儀式となっていきます。

 

f:id:balbaltan:20180916155746j:plain

参加する地元民は中元普渡と同様に、儀式で使われるお供え物などを購入します。廟にお金を支払って申し込めば、あとは勝手にやってくれるようです。 

 

f:id:balbaltan:20181226191104j:plain
またこの儀式が始まる前の数日間は、その地域に住む人々は精進料理(肉なしの食事)にしなければならず、街すべてのレストラン、食堂から肉料理が一斉に消えます。

私の住んでいた近くの街でも建醮があり、私も参加しました。儀式が始まる前3日間は肉抜き生活。また儀式の期間中、地域の学校が休みになったりもします。

 

建醮の様子

建醮は道教の中でもかなり盛大な儀式になります。 

f:id:balbaltan:20180916152444j:plain

この期間は街全体が一体となり、家々の入り口には写真のような垂れ幕や提灯などが掛けられます。この垂れ幕は儀式の期間が過ぎても飾られたままになります。

 

f:id:balbaltan:20180912213045j:plain

街の中に数か所、大きな「神壇」が設置され、お供え物が並べられます。

 

f:id:balbaltan:20180912212728j:plain

廟にはお米で形作った龍(米龍)が飾られます。

 

f:id:balbaltan:20190110085125j:plain

しかし遶境などがあるわけではなく、祈祷メインの儀式です。観光客はその地域に点在する神壇や廟を見学してまわります。

 

f:id:balbaltan:20180912213840j:plain

建醮を主催する廟や地域によって、それぞれ特色が見られます。

 

余談ですが、ある建醮を見に行った際、とある廟で私が日本人と分かると、応接室に通され、大勢の人が集まり、誰が案内をするかの話し合いの後、車に私を乗せていろいろ回っていただけました。断ることもできず、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。それと同時に、台湾の方の親切さを強く感じた経験でもありました。

 

最後に

f:id:balbaltan:20181227175316j:plain

何度か遠征して観に行きましたが、正直なところ道教文化にそれほど興味がない人にとっては、あまり見どころがないかもしれません。

ただ、建醮は台湾全土でみると、結構な頻度で行われています。もし興味がある方は、日程を調べて、一度見学してみてはいかがでしょうか。

 

 

[参考HP]

https://religion.moi.gov.tw/Knowledge/Content?ci=2&cid=172

http://www.shs.edu.tw/works/essay/2009/03/2009032908132097.pdf

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]

 

 

[道教儀式]收驚(お祓い)

 

道教における儀式の中で、旅行者の方でも時々耳にする「收驚」について今回はご紹介します。收驚とは、道教で言うところのお祓いです。中でも、台北の行天宮で行われている收驚は有名ですね。

 

f:id:balbaltan:20181209092710j:plain

※行天宮での收驚の風景

 

[目次]

 

 

收驚について

f:id:balbaltan:20180913134327j:plain

※米卦とは、生米を使用した占いです。

台湾の人たちは日常的に廟で收驚を受けています。台湾では、何かに驚くと魂が身体から離れてしまうと考えられており、その魂を戻すために收驚という儀式を行います。特に小さな子どもに多いようですね。また何か良くないものに憑りつかれた時も、收驚を受けに行きます。

私の場合、後者のケースで收驚を受けました。

 

f:id:balbaltan:20181225144437j:plain

行天宮で行われている收驚は多少異なるかもしれません。行天宮にて收驚を受ける人たちの主な原因は、不安、ストレス、よく眠れない、悪夢を見た、ぼうっとする、集中できないなど日常的な問題にかかわることが多いようです。

行天宮では、收驚の列に並び、順番がきたら收驚を担当するボランティアの方に氏名を告げます。その後は線香を手に前後に移動しながらお祓いをしていただけるので、あとは心静かに收驚を受けるだけです。その間大体2、3分ぐらいだったと思います。最後にお礼を言って終了です。費用は無料ですが、お気持ちで多少のお金をお供えしてもいいかもしれません。しかし行天宮には賽銭箱が置かれていませんので、事務室の受付で寄付をするという形をとります。

 

f:id:balbaltan:20190105222203j:plain

こちらは彰化県にある玄天上帝の公廟になりますが、收驚を随時受け付けていました。こちらも費用は無料です。ただ行天宮とは違い、廟の方に何かをしてもらうというものではないようです。

案内には、驚いた時や心が不安定な時、眠れない時、不意の事故に遭った時などは、收驚により心を落ち着かせ、魂を取り戻す必要があると書かれています。具体的な收驚の手順は以下の通りです。

紙のお金と生米一合程度、そして收驚を受ける人が着ていた服を持参します。(紙のお金は廟で購入できますが、お米は売っていないため、持参するか、外のお店で購入するようです) 服は洗濯をした後のきれいなもの、そして襟や袖があるものでなければいけません。しかしジャケットや厚手の上着は不可です。

1.お米を赤いお盆の上に移します。もし本人であるならば、お米を掌に押し付けます。(男性は左手、女性は右手) 服は畳み、襟を上にしてお米の上に置きます。最後に紙のお金を服の上に置きます。

 2.受付にて用紙を受け取り、氏名、生年月日、住所、電話番号等を記入します。

※3日後、服を引き取ります。

1.紙のお金を炉で焼き、服を受け取り、お米と赤いお盆は廟のスタッフが処理するので、そのまま残しておきます。

2.服は受け取った後すぐに着用します。着用後は洗濯してもかまいません。

 

私が收驚に至るまで

f:id:balbaltan:20180913145536j:plain

阿里山鉄道からの眺め

元々の原因は嘉義県への旅行でした。嘉義市に前泊し、翌日阿里山鉄道に乗って阿里山へ向かいました。しかし阿里山から自宅に帰った後、微熱が出始め、とにかく全身がだるくなり、風邪をひいたかなと風邪薬を飲みましたが全く効果がなく、10日が過ぎても良くなりませんでした。当然仕事中もふらふらです。

 

f:id:balbaltan:20180913145342j:plain

※刑務所博物館(嘉義市

咳、鼻水、のどの痛みなど明らかな風邪の症状が全くなかったことで、もしかして嘉義市刑務所博物館で、何か悪いものを連れてきてしまったのかも!?  と内心おびえ始めました。收驚を受けた廟の方からは、阿里山獣の霊に憑かれたのかもしれないとも......

体調がなかなか回復しない私を心配した知り合いが、收驚に連れて行ってくれました。近所の建物の一階にある小さな廟、いわゆる私廟というやつですね。実際、多くの私廟で收驚を実施しています。公廟でもやっていますが、一般的に何曜日の何時からと決まっているところが多いようです。

知り合いに連れて行かれた私廟ですが、その日はすでに夜になっていたため誰もおらず、翌日出直すことになりました。

 

收驚の流れ

f:id:balbaltan:20190105221853j:plain

翌日朝一で日ごろよくお参りをしていた公廟に行き、最近のおかしな状態を説明しました。

 

f:id:balbaltan:20180913134341j:plain

残念ながら收驚の日ではなかったため、代わりにお札をいただきました。このお札を燃やし、燃やした後の灰を水にまぜ、その水で口を漱いだ後簡単に身体を清めます。費用は“気持ち”を賽銭箱に入れました。

 

f:id:balbaltan:20190105221849j:plain

そしてその後、いよいよ私廟で收驚を受けました。その際準備したものは以下の2品です。

・生米1合程度

・普段来ている服(洗った後)

 

まず神様の前に立ち、お辞儀をした後、名前、生年月日、住所などを伝えました。

廟婆がお米を服に押し付け、なにやらお経のようなものを唱えた後、私は言われるがままにお辞儀などを繰り返しました。時間的には5分もかからずに終わったでしょうか。その後、その場で購入した紙のお金を外にある廟の炉で燃やします。(確か50元だったと記憶しています)

最後に封筒を渡され、“気持ち”を入れるように言われました。費用は事前に知り合いに聞いていた100元札を入れお渡しして終了です。

 

f:id:balbaltan:20180913134352j:plain

帰りに上の写真のお札(金紙?)と葉っぱをいただきました。お札を燃やし、その灰を葉っぱとともに水につけ、その水で口を漱ぎ身体を清めます。

 

收驚の後自宅に戻り、教えられた方法で身体を清めたところ、その日の夜にはなんと体調が回復していました。上記の方法で2日間身体を清め、使用後の水は下水やドブに流してはならないため、近くの川まで捨てに行きました。

 

感想

正直收驚を受けるまでは、あまりその効果について信じてはいませんでした。しかしおかしな体調不良が收驚後すぐに回復をしたことで、その効果を信じざるを得ません。やはり郷に入れば郷に従えなのかも知れませんね。

もし台湾を旅行中に体調不良になり、薬や病院でもよくならなかった時、もしくはなにかにとても驚いた時は、收驚を受けに行ってみてもいいかもしれません。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]

 

 

[道教儀式]拝土地公(土地の神様を拝む)

 

徒歩進香から少し話はそれますが、台湾を旅していると、民家やお店の前に小さなテーブルを置き、その上に果物やお菓子、飲み物などを並べ、線香を手にし拝んだり、紙のお金を焼いているシーンを見かけたことがあるかもしれません。それは、「拝土地公」と呼ばれる日常的な儀式になります。

 

 

[目次]

 

 

拝土地公とは

f:id:balbaltan:20181010125825j:plain

これは毎月旧暦初二、十六に行われる、土地公を拝む日常的な道教の儀式の一つです。一般に「拝土地公」と言ったりしますが、正確には「作牙」または「牙祭」と呼ばれています。主に商売をしている店舗や企業などで初二と十六に行われ、老人がいるような一般家庭では、初一と十五に行うこともあるそうです。またこの日は土地公の廟でも、線香や金紙を焼く煙が途切れません。

商売はその土地と密接に関係があるため、土地の守り神であり、財神としての側面も合わせ持つ土地公に、毎月2回日々の感謝を述べ、商売繁盛をお祈りしています。

 

土地公について

f:id:balbaltan:20181009183922j:plain

その地区の守り神として愛される「土地公」ですが、正式名称を「福徳正神」と言います。一説によると、昔、張福徳という素晴らしい役人がおり、その死後、張さんを祭った家が裕福になったことから、福徳正神として多くの人たちから祀られるようになりました。

人によっては、土地公と福徳正神は別の存在という人もいますが、同一と考えていいでしょう。特に田舎の方では地区ごとに小さな廟が建てられており、それが土地公廟です。

 

f:id:balbaltan:20190404191238j:plain

都市部になると、大きな廟の中にほかの神様と一緒に祀られていることが多いようです。

 

f:id:balbaltan:20190404214615j:plain

一部の土地公廟には椅子などが置かれ、老人たちの憩いの場になっています。

 

f:id:balbaltan:20190404181741j:plain

私はこの土地公廟が非常に好きで、いろいろな土地で見かけると、必ずと言っていいほどお参りに立ち寄ります。また近所の土地公廟にも日々お参りに行き、時々ボランティアとして廟の清掃にも参加しています。特に初二と十六は参拝客が途切れることなく続き、少し目を離すと片付けたばかりの炉が再び線香であふれかえっています。

 

f:id:balbaltan:20190429000533j:plain

よく見ると奥さん(土地婆)がいる土地公もいますので、お参りの際には注意深く観察してみてください。

 

小さな祠について

f:id:balbaltan:20190404183352j:plain

山の方に行くと小さな土地公の祠をよく見かけます。ただ小さな土地公の祠の場合、亡霊も一緒に祭っている陰廟(亡霊を祭る廟)である可能性がありますので、お参りは避けた方がいいでしょう。土地公も半陽半陰と言われることがありますが、土地公だけが祀られている場合は、お参りをしても問題はありません。

 

f:id:balbaltan:20190429102728j:plain

小さな祠には、ほかにも五営将軍の小廟があります。これはその地区にある大きな廟の管轄範囲内に設置されています。中営を筆頭に、東営、南営、西営、北営があり、よく見ると、〇営と書かれていますのですぐに分かると思います。私たちが道端で見かける小さな祠のほとんどは、この五営将軍のものになります。

五営将軍の部下である神兵が見回りをして、その地区の平和を守っていると信じられています。当然お参りをしても全く問題ありませんが、先に書きましたように、小さな廟には亡霊を祭る陰廟が多いため、よく分からないうちは、お参りは避けた方がいいでしょう。

 

f:id:balbaltan:20190404174629j:plain

見かけることはあまりありませんが、地基主の祠もあります。地基主は土地公よりもより狭い範囲を管轄していますが、陰廟となりますので、お参りは避けた方がいいでしょう。 

 

有名な土地公廟

f:id:balbaltan:20181009184118j:plain

※いつ行っても多くの参拝客でにぎわう南投竹山紫南宮

土地公というと、道教の神様の中でも位が低い存在と認識されています。しかし、台湾で人気の廟の上位には、土地公の廟がいくつも入っているんです。例えば、南投竹山紫南宮、烘爐地南山福德宮、車城福安宮などが有名になります。

春節の時期、紫南宮で配られる金運を向上させると言われる銭母は非常に人気が高く、数kmに渡り長蛇の列ができ、春節の風物詩として毎年ニュースで報道されています。

 

f:id:balbaltan:20181010130948j:plain

さらに紫南宮では、お金を借りることができます。最高で600元(約2,200円)までとなりますが、博杯(ポエ占い)で神様の許可をいただいた後、窓口で身分証を提示し借りることができます。そしてそのお金を元手に商売をすることで、成功率がグンッと高まると信じられています。(残念ながら、外国人は借りることができません)

借りたお金は当然一年以内に、同額かそれ以上を返済しなければいけませんが、返済率は95%を越えているそうです。また商売がうまくいった人は、借りたお金を何十倍、何百倍にして返すため、これにより非常に潤っている廟の一つになります。廟のトイレを見たらすぐにわかりますよ。

 

尾牙とは

f:id:balbaltan:20190404205903j:plain

作牙(拝土地公)の中でも「頭牙」「尾牙」という儀式は、年初め、年終わりの作牙を意味し、より盛大に行われます。最近この尾牙中秋節が「バーベキューの日」となったのと同様に、「忘年会」という意味合いになりかわり、各企業が盛大に忘年会を開催します。この時期になると社内では、尾牙で行われるくじ引き大会の豪華な景品が話題になったりもします。

 

拝土地公以外のケース

f:id:balbaltan:20190429011142j:plain

もし夜間に店の前で金紙を焼いて拝んでいるようなことがあれば、もしかすると拝土地公ではない可能性があります。それが初二、十六でなければなおさらです。それは、風俗業界が主に拝む神様・豬哥神かもしれません。そうです、西遊記に出てくるあの猪八戒です。好色の存在として、風俗嬢が男を惹きつけるその魅力を増し、そして風俗店にお客を呼び込む効果があると信じられています。ただ近年では、豬哥神ではなく、土地公を拝む風俗店が増えてきているようです。また、これまで数多くの廟をお参りしてきましたが、豬哥神を祀っている廟は見たことがありません。

 

f:id:balbaltan:20181009200515j:plain

初一、十五には、先に紹介した五営将軍の神兵に感謝する儀式が、一部の廟において行われます。主に初一だけ行う廟が多いようですが、それは「犒軍」もしくは「賞兵」と呼ばれるものです。徒歩進香でもなじみがある儀式ですね。

 

最後に

台湾の街角で「拝土地公」の光景を見かけた時は、「そうか今日は旧暦初二(もしくは十六)なのかぁ」と、ぜひ土地公廟を参拝に訪れてみてください。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]

 

 

大甲媽祖進香攻略ノート

 

大甲鎮瀾宮の公式FB(フェイスブック)にて、『大甲媽祖進香9日間攻略』というノートが公開されています。マナーやタブーなどを知った上で参加したい方のために、こちらで紹介させていただきます。

 

大甲媽祖進香については、下記ページをご確認ください。

 

 

【大甲媽祖遶境進香 9日間攻略ノート】

 

 f:id:balbaltan:20181229015103j:plain

 

1.「奉仕」編

8泊9日、媽祖につきそい歩き続けます。誰も苦労をいとわず、ぼやきもしません。これは代々100年に渡り受け継がれてきた大甲媽祖の精神です。進香の路上では、昼夜問わず、飲み物や食べ物が配られます。小さな子どもの手から年老いた信者に渡されるのは、食べ物だけではなく心であり、元気さえももらっているのです。

村人総動員でもてなしの準備をおこない、神輿が去った後は、清掃ボランティアがゴミを分別し、食器を洗います。この名もなき人々の奉仕の精神にこそ、私たちは感動をさせられます。また多くの医療ボランティアメンバーが、傷の手当を行いやマッサージを提供しています。参加者の社会的地位など関係ありません。歩き続ける人たちにタオルやシャワーを提供し、疲れ切った人たちはまた元気を取り戻し媽祖とともに旅立っていくのです。

媽祖とともに全行程を歩き続ける旗グループにおばあちゃんたち。媽祖のため、家族のために歩きつづけます。この奉仕に関わるメンバーひとりひとりが、それぞれのストーリーを背後に隠し持ち、家族のために祈り歩き続けるのです。進香の道中は人情にあふれ、往復300kmに渡る道のりにおいて、こうした美しい光景が目前に広がります。

昨年はもしかしすると参加できなかったかもしれません。でも今年は何をおいてでも参加しなければならない理由があります。みなと一緒に進香の道を歩きましょう。

 

2.「信者」編

大甲媽祖進香団の規模は大きく、報馬仔、頭旗グループ、旗グループ、神輿グループなどさまざまなグループから構成されています。これらグループは、曽祖父、祖父の代から父親に引き継がれ、そして子ども、孫へと伝えていきます。それは家族一人一人の幸せのためであり、多くは身近な人たちの幸せのためでもあります。とても心温まる情景であり、また台湾の媽祖信仰が伝えてきた精神でもあるのです。

台湾人にとって、一生のうちにやらなければいけないことが3つあります。それは、玉山登山、台湾島一周、そして大甲媽祖進香です。 多くが子ども頃からグループへの参加を始めます。さらに課外授業の学生たち、学生服を着た卒業旅行者たち、仕事の合間を縫って参加する信者たち、そして彼らは家族を伴い媽祖とともに歩きます。

世界三大宗教イベントの一つに認定される大甲媽祖進香では、世界30以上の国々からこの地を訪れ、台湾伝統の媽祖進香文化を体験し、進香の道中において長きに渡り伝えられてきた人情を味わうでしょう。大甲媽祖文化はこうして世界へと広まり、世界が台湾の信仰の力と敬虔な精神を知ることになるのです。

 

3.「ボランティア」編

9日間の進香においては、台中、彰化、雲林、嘉義の地を歩き通し、道中では友好関係にある廟や信者の方たちのもてなしをうけます。村々では村人総動員で24時間、無料の軽食や飲み物、マッサージが提供されています。また路上の暗がりには、歩く人たちの安全のためにLEDライトが設置されます。9日の間、互いを信頼し、助け合い、周囲の人たちに奉仕する、これは台湾人が持ち合わせる最も人情味あふれる一面でもあるのです。

進香の道中、ボランティアの方々から手渡される飲み物や食べ物は「心」であり、それは感謝の気持ちとともに受け取らなければいけません。そして心をこめて、「ありがとう」、「おつかれさま」といった言葉を返し、受け取った食べ物は決して無駄にはせず、ごみを路上に捨てることなく、自分が食べられる分だけを受け取る。これこそが進香団のメンバーとしての矜持であり、媽祖のともに歩き進む者なのです。

 

4.「精神」編

信者たちが一歩一歩踏みしめた足跡が、街や村の道々に残され、この大地を美しく染めてゆきます。多くの若者が両親や祖父母の衣服をカバンに忍ばせ参加します。これは体調がすぐれず参加できない家族の健康を祈るためです。このような行いは、線香を立てお祈りしたり、素食を食べたりすることよりも、精神の上においてずっと効果があるものです。みな苦労をいとわず、奉仕することをためらわず、見返りをもとめません。

 

5.「マナー」編

多くの人にとって、進香への参加は初めての体験であり、さまざまな儀式やイベントに興味をもつことは当然だと思います。ただ歩く時や写真を撮る時は、必ずマナーを守りましょう。廟をお参りする時は、参拝をしているほかのグループを決して遮ってはならず、儀式の妨害をしてはいけません。道中では自らの安全を考え、交通ルールを守り、ごみのポイ捨てはせず、環境保護し、民家にお邪魔する際は礼儀を守り、「どうぞ」、「ありがとう」、「すいません」といった感謝の言葉を忘れず、和やかさと敬虔さを持ちながら媽祖と歩き進んでいく。こうしてこそ、真の進香メンバーとなりえるのです。

媽祖の像が神輿から出る際は、決して触れてはいけません。100年の歴史を持つ媽祖の像をいたわり、旗でたたいたり、神棚をひっぱったりするなどはもってのほかです。媽祖の信者たちは信仰における礼儀を守り、媽祖の慈悲の心を忘れてはなりません。遠くから手を合わせるだけで、我々の心は十分届くのです。

道中では多くの「結縁品」が配られています。それはボランティアや信者たちが、自らのお金と労力を使い、多くの人たちと縁を結ぶために準備しているものです。それらを受けった後は大切にし、決して欲張ってはいけません。また神輿が廟を離れた後に配られる「圧轎金」についても、くれぐれも奪い合いはしないでください。道中では神輿を代わりに担いだり、「鑽轎腳」をする機会があります。その際も廟の係員の指示に従い、ルールを守り、お互いの安全に配慮しましょう。

 

6.「進香旗」編

毎年元宵節に行われる式典において進香の日程が決定した後、多くの参拝客が、前年に行われた進香をともにし、道中立ち寄った廟の「平安符」を結び付けた進香旗を手にして、大甲鎮瀾宮に戻ってきます。媽祖、そして道中の廟の神々に一年のご加護を感謝し、今年もともに歩く報告と道中の安全をお祈りします。

 

「犒軍」 (廟や地域を守る神様の兵に感謝する儀式)

進香に出発する前に、お年寄りの参拝者は自宅で「犒軍」の儀式を行い、媽祖が派遣する神兵により進香団の安全が守られるようお祈りします。 

 

「起馬」と「下馬」

参拝者が携え歩く進香旗は、出発前に各家庭の神様に供え道中の安全を祈ります。大甲鎮瀾宮に到着した際は、媽祖に準備完了の報告を行い、安全を祈り、旗を「過爐」(廟にある炉の煙の上で3回時計回りに円を描くように回す)します。これが「起馬」です。

進香の道中、その日の目的地である廟に到着した際には、一日安全に歩き通せたことを感謝し、再び「過爐」を行います。これを「下馬」と呼びます。

毎日出発前に「起馬」、到着後に「下馬」の儀式を行います。9日目に大甲鎮瀾宮に戻り「下馬」の儀式を終えると、これで本当の意味での進香の終了となるのです。

 

「封旗」

進香中に立ち寄った各廟で平安符を結び過爐をした旗は、4日目の祝賀祭典が終了した後巻き取ります。これを「封旗」と呼びます。往路で集めた霊気を封じ込め自宅に持ち帰ることを意味します。

 

7.「タブー」編

①忌中の家の人、産後1か月以内の女性は参加できない。

②進香に参加する前には、香を焚き、身を清め、持ち物や車も必ず清めなければならない。

③「起馬」後は肉料理を食べず、忌中の家や産後一か月の家に入ってはならない。

④初めての参加者は、必ずすべて新しい服を着て参加しなければならない。これは地域の神々への敬意を表すためである。

⑤媽祖に奉仕する大甲鎮瀾宮の名が入った服を着た人たちは、その服の上に重ね着してはならず、その服を着たままトイレに行ってはならない。道中は、賭け事、色事をしてはならず、素食の期間はお酒を飲むことも禁止し、話す内容も慎まなければならない。最も敬虔な心を持ち、媽祖に付き添わなければならない。

 

8.「注意事項」編

①進香団から遅れないように、毎日5、6時間前には出発したほうがよい。

②毎日の行程表に則り、道中神輿が立ち寄る場所や廟では休憩をとる。

③手や顔を洗ったり、就寝できる場所は、廟の香客大楼、学校、コミュニティセンター、民家、軒下などである。

④休憩場所を決める際は、まず建物の所有者の許可を取り、マナーには気を付ける。

⑤香客大楼や許しをいただいた民家でシャワーを浴びる以外にも、シャワー設備を備えた車を使用することができる。

⑥ボランティアのサポート車を利用することができる。

⑦道中医療サポートが必要な際は、大甲鎮瀾宮の医療グループを利用することができる。

 

9.「装備」編

①帽子や竹で編んだ笠

②着替え3~5着

③ハンガーや洗濯ロープ

④動きやすいズボン

⑤靴下3~5足(5本指や厚手のソックス)

⑥布靴か運動靴(中敷き強化が必須)

⑦サンダル(雨の日用)

⑧朝晩の冷え込み対策の上着

⑨カッパ(上下分かれたもの)

⑩一人用アルミマットと寝袋

⑪洗面用具(トイレットペーパー、歯磨きセット、シャワーセット)

⑫薬と保険証

⑬シップや塗り薬

⑭環境に配慮した食器類

⑮携帯(充電器、モバイルバッテリー)

⑯夜間用ライト

⑰リュックサックもしくは手押し車

⑱進香旗

⑲日焼け止めクリーム、蚊よけスプレー

⑳以上を個人の状況に合わせて調整

※ 旅行保険に加入しましょう

※ 道中の爆竹には特に注意を払いましょう

※ 二週間前には歩く練習を開始し、毎日2時間、5~10kmは歩きましょう

                              以上

 

 

[参考HP] 

大甲媽祖遶境進香 【九天攻略手冊】

 

 

 

f:id:balbaltan:20190123103214j:plain

このブログでは、歴史的背景や進香隊列の詳細、各廟の紹介などより深い部分については、(需要がなさそうなので)あまり触れていません。

もし興味がある方は、進香に関する本がいろいろ出版されていますので、ぜひ読んでみてください。もし中国語が分からなくても、なんとなく雰囲気で感じ取れると思います。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]