徒 歩 進 香[巡 礼]

ハマるぞ台湾!道教文化

大甲媽祖進香レポート

 

大甲媽祖進香に参加してまいりました。往路3日間の参加レポートを紹介させていただきます。今後参加される方の一助としていただければ幸いです。

 

f:id:balbaltan:20190426042957j:plain

 

 

※ 大甲媽祖進香については、こちらへ ※

 

※ 参加までの流れについては、こちらへ ※



[目次]

 

 

初日(前夜22時出発

f:id:balbaltan:20190421162541j:plain

大甲媽祖進香初日前夜の19時前、大甲駅に到着すると、駅前から鎮瀾宮までの道には、当然ものすごい人の波。屋台が続く通りを歩きながら、周りを見回すと、大甲媽祖進香の参加者である隨香客の姿はそれほど多くはありません。ほとんどが進香団の出発を見に来た見物客のようです。私のように往路完歩や全行程完歩を目指す人たちは、多くが朝から夕方にかけてすでに出発しています。

 

f:id:balbaltan:20190421162719j:plain

人ごみをかき分け、何とか鎮瀾宮の中に入り、出発(起馬)の挨拶と進香旗の過爐を終えることが出来ました。

 

f:id:balbaltan:20190426042617j:plain
廟前の広場では、すでに陣頭が始まっています。廟近くのアーケードの片隅に腰を下ろし、22時の出発を待ちます。

 

f:id:balbaltan:20190421163246j:plain

廟周辺の道は人で埋め尽くされ、陣頭を観に行くことさえ困難です。もともとの計画では、神輿と共に出発し、大甲渓で盛大な花火を楽しみ、沙鹿駅辺りから先行して歩こうと考えていました。しかし鎮瀾宮の周りはものすごい人ごみのため、まずは頭旗について出発し、大甲渓の橋の上で神輿の到着を待つことにします。

 

f:id:balbaltan:20190501211130j:plain

21時ごろ頭旗が出発し、それに続いて私の進香がスタートしました。人ごみと車の間を縫うように進んでいきます。事前トレーニングで近くの山を登った際に痛めたふくらはぎに爆弾を抱えながらのスタートとなりましたが、出だしは快調です。

しかし出発してから少しの間だけ一緒に歩く目的の人たちも多く、頭旗の後ろを歩くことさえかなり厳しくなり、少しだけ先行することにしました。頭旗の前にいるはずの報馬仔の姿は、見ることはできませんでした。

 

f:id:balbaltan:20190421164014j:plain

大甲渓に架かる大甲渓大橋では、多くの人が花火観ようと待ち構えています。私もここで神輿を待って、花火を鑑賞しようと考えていましたが、さらに3時間ほど待たなくてはならないと聞き、あきらめてそのまま先に進むことを決めました。

 

f:id:balbaltan:20190421164629j:plain

最初の立ち寄り先である廟に到着しました。廟で行うことは、お参りをして、進香旗に御朱印を押し、平安符をしばりつけ、過爐をします。多くの廟では食事や飲み物が提供されていますので、それをいただいたり、トイレをお借りしたり、時には長時間の休憩をとったりもします。

お賽銭は本来各廟で10元ずつ入れようと考えていましたが、コインだけでかなりの重量になる為、長時間の休憩をさせていただいたり、食事をいただいた廟に50〜100元を入れるようにしました。

 

f:id:balbaltan:20190421165300j:plain

このように進香旗に御朱印を押し、

 

f:id:balbaltan:20190421173005j:plain

平安符を縛り付けます。

 

f:id:balbaltan:20190421173103j:plain

お参り後、このように過爐して終了です。

 

f:id:balbaltan:20190421173447j:plain

その後は夜道を歩き続けます。頭旗よりも先行しているため、随香客はそれほど多くはありません。

 

f:id:balbaltan:20190421170105j:plain

今回の進香で最初にいただいた記念すべき食事は、こちらのたこ焼きです。たこ焼きと言ってもまだ素食期間なため、たこは入っていません。徒歩進香では、一気に食事はとらず、こまめにエネルギーを補給し先を目指します。

 

f:id:balbaltan:20190421173819j:plain

道路わきの透天の軒下では、早くも寝ている人たちがいます。おそらく早めに出発し、混雑を避け少し先で睡眠をとりながら、神輿を待つ計画なのかと思います。私はこまめに短めの休憩をとりながら、彰化県員林市まで距離を稼ぎ、睡眠をとる予定です。

 

f:id:balbaltan:20190421174141j:plain

このようにどこでも寝ることができないと、進香成功は難しいのかもしれません。夜寝て昼歩くか、昼寝て夜歩くかは、それぞれの徒歩戦略によります。

 

f:id:balbaltan:20190421174902j:plain

廟の建物内で寝ることができる廟とダメな廟があります。就寝OKな廟となると、足の踏み場がないぐらい随香客が寝ています。

 

f:id:balbaltan:20190421175151j:plain

ここは廟近くの広場ですが、人気のあるテント設営ポイントのようです。

 

f:id:balbaltan:20190421175622j:plain

夜も更け、休憩する人が増えてくると、歩く随香客の姿もだんだんとまばらになってきます。

ここに来て、足の裏に痛みが走り始めました。事前にいくつかの徒歩進香に参加し長距離を歩いていたので、足はある程度鍛えられていたはずですが... しかし思い当たる節がありました。進香直前になり、日本から買ってきた中敷きのことを思い出し、2回ほど試し履きをしてから参加をしたのですが、それがどうも合わなかったようです。昨年は直前に5本指ソックスの採用を決めたため、大きなまめを複数つくり、白沙屯媽祖を途中リタイアしていますが、またしても同じミスを繰り返してしまいました。

ここから足の裏の痛みとの、長い戦いが始まります。

 

f:id:balbaltan:20190421175522j:plain

廟に隣接された補給ポイントです。進香路上には、大小さまざまな補給ポイントが点在しています。これは廟や信者の皆さんが、深夜早朝問わず、自分たちのお金と労力を使い、随香客をもてなしてくれています。本当に感謝しかありません。この人情味こそ、私が大甲媽祖進香に魅せられた一番の要因です。

 

f:id:balbaltan:20190421185112j:plain

曲がり角にはこのような案内板が設置されています。随香客は、ここで曲がる人と直行する人に分かれます。

 

f:id:balbaltan:20190421185223j:plain

住宅の前には、所々でこのように休憩用椅子や飲み物などが置かれています。自由に座わらせていただいて大丈夫です。

 

f:id:balbaltan:20190421185332j:plain

この高架下は、昨年大勢の人たちと一緒に歩いた場所です。1年前を懐かしく思い出しながら歩き続けます。

 

f:id:balbaltan:20190421191612j:plain

昨年との違いでまず感じたことは、手押し車で参加している人が非常に増えたことです。私はバックパック派ですが、話を聞くと、バックパックを背負って歩くよりも、格段に楽になるようです。往路完歩、全行程完歩を目指す人は、手押し車の採用を検討した方がいいかもしれません。ただし神輿より先行しながら、人ごみを歩かないことが条件となります。

(他の参加者にぶつかり、怪我をさせるケースが多々発生しています。私もかつて他のイベントでぶつけられました)

 

f:id:balbaltan:20190421191843j:plain

そして何より驚いたのが、レンタルサイクルYoubikeでの参加者が異常に増加していたことです。去年はほとんど見かけることがなかったのですが、ここまで増えた背景には、Youbike利用による参加案内があったと聞きます。ただそのYoubikeも、レンタルポイントが員林市までしかないため、多くは彰化市あたりまでの参加としているのかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20190421185430j:plain

空が明るみ始めました。この大度橋を渡るといよいよ台中市を出て、彰化市に入ります。ここまで、ほとんど休みらしい休みをとらずに来ています。

 

f:id:balbaltan:20190421193113j:plain

橋を渡ると、一般の民間企業の方が、かなり広い休憩ポイントを設置し、食べ物や飲み物も提供いただけておりました。

 

f:id:balbaltan:20190421194011j:plain

彰化市の繁華街を抜け、進香ルート外にある昨年もお世話になった廟で、今回初となるやや長めの休憩をとります。仮眠をとり、充電をさせていただきました。

 

f:id:balbaltan:20190421194545j:plain

仮眠後は、員林市に向けて15kmの道のりを進みます。この区間は立ち寄り先となる廟がほとんどない上に、補給ポイントも少なく、気温も上昇したことで、非常にきつい道のりとなりました。大甲媽祖進香の中できついと感じた箇所は、この彰化-員林間と虎尾-土庫間の2か所です。

途中知り合った自転車参加のおじさんと一緒に雑談しながら歩くことで、多少気持ちが軽くなりました。このおじさんとは翌日再会することになります。進香参加の楽しみの一つは、こうしていろいろな方と出会えることです。なかには変わった人もいますが、たいていは同じ志を持った愉快な方が多いと思います。グループに参加をすると、いろいろな面で助け合いができますが、どうしても自分のペースを守れないという問題が出てきます。途中進香仲間にも遭遇しましたが、ところどころでこのように初対面の方と一緒に歩くことで、心の疲れが軽減されると思います。

 

f:id:balbaltan:20190421195706j:plain

とても個性的なドナドナ(服務車もしくは香客車。疲れた随香客を乗せてくれる車)が通り過ぎていきました。

 

f:id:balbaltan:20190421195715j:plain

午後1時すぎには、就寝ポイントとして決めていた員林市に到着、予定よりかなり速いペースです。とある廟の倉庫兼事務室で寝かせていただけることになりました。先客がすでに一人寝ています。

ここで身体を拭き、睡眠をとらせていただいた後、近くの店で比較的リスクが少なそうな薄めの靴の中敷きを購入しました。それにより、足の裏の痛みは少しずつ楽になりましたが、しばらくは痛み止めに頼っての歩きとなりました。

 

f:id:balbaltan:20190421201057j:plain

日も落ち、涼しくなった夜8時ごろ再出発し、北斗を目指します。

 

f:id:balbaltan:20190421205416j:plain

途中路上に設営された補給ポイントでサンドイッチをいただき、食べながら先を急ぎます。

 

 

二日目

f:id:balbaltan:20190421205544j:plain

深夜0時を回り、日付が変わった頃、北斗奠安宮に到着しました。廟内で寝ている随香客が大勢いました。

 

f:id:balbaltan:20190421205937j:plain

休憩時間は、短時間でも靴や靴下を脱ぐようにしています。そのため、小さな靴べらが大活躍してくれました。足はまだやや腫れているようです。サロンパス冷却スプレー ⇒ バンテリン ⇒ 湿布 ⇒ 薄荷入りワセリン という順番でケアを行います。

 

f:id:balbaltan:20190421210411j:plain

途中いくつか廟に立ち寄りながら、涼しくなった深夜の道を、西螺大橋を目指し歩き続けます。

 

f:id:balbaltan:20190421210825p:plain

歩きの最中には、迷わないように定期的にグーグルマップで現在地を確認することが必要となります。神輿はおそらくまだ彰化市内にいると思われます。

 

f:id:balbaltan:20190421211143j:plain

最近ほかの徒歩進香で来たばかりの、まだ記憶に新しい溪州天后宮に立ち寄り、一息つきます。

 

f:id:balbaltan:20190421211415j:plain

こちらの廟内でも多くの随香客が寝ていました。掛け布団は、廟の方が準備してくれたもののようです。

 

f:id:balbaltan:20190421211652j:plain

早朝4時過ぎ、いよいよかつて日本統治時代にその基礎が造られた西螺大橋に突入しました。2kmに渡り続く歩道のない大橋ですが、かなり「陰」の気が漂っていると、霊感などない私でも感じとることができる場所です。そこでなるべく下を流れる河には目を向けずに、前を歩いていたおじさんの背中を必死に追いかけました。

 

f:id:balbaltan:20190421212332j:plain

午前5時前に西螺福興宮に到着しましたが、なんと入口の扉が固く閉ざされています。進香の期間中は、ルート上の廟は24時間開いているものと思っていたので、かなり驚きました。ほかの廟であれば、外から手を合わせて先に進んでも構わないのですが、さすがに太平媽への参拝を飛ばすわけにはいかず、扉の前で休憩をとり開門を待ちます。

 

f:id:balbaltan:20190421213317j:plain

6時ごろ扉が開くと、多くの随香客は寝場所の確保に走りました。私はお参りを終えると、西螺市街地に点在する廟をめぐり、二日目の目的地である土庫を目指します。

西螺福興宮は夜も22時に扉を閉めて、中で休憩している随香客をすべて追い出したそうで、ネット上では賛否両論の意見が飛び交っていました。前夜には、彰化市において搶轎による暴力事件も発生し、ニュースで騒がれていたようです。

 

f:id:balbaltan:20190421214353j:plain

まだ目覚めたばかりの、早朝の西螺の街を歩き続けます。

 

f:id:balbaltan:20190421215057j:plain

日中はかなり暑くなるので、このような心遣いが本当に心にしみます。

 

f:id:balbaltan:20190421220303j:plain

以前徒歩進香に参加させていただいた懐かしの西螺新天宮に到着しました。ここでいただいた冷えたスイカがむちゃくちゃ美味しかったです。仮設廟の裏にある新たな廟の建設現場で長めの休憩をとりました。

 

f:id:balbaltan:20190421220700j:plain

休憩後は、随香客もまばらな道を黙々と歩き続けます。暑さに体力を削りとられていくようです。往路完歩のためには、にぎやかな神輿の近くを歩くには時間的に厳しく、どうしてもこのように単調で、孤独との戦いが多くなってきます。

 

f:id:balbaltan:20190421221226j:plain

立ち寄り先の廟の2階にある会議室で、仮眠をとらせていただくことが出来ました。こまめに仮眠をとりながら、暑さをしのいで体力を回復させます。

f:id:balbaltan:20190421221744j:plain

写真の二崙地区は、ショートカットする人が多く、随香客の姿はほとんど見かけませんでした。ここは街灯が少なく、夜真っ暗になり、歩くことが困難と言われている地域です。

 

f:id:balbaltan:20190421222250j:plain

神輿よりかなり先行しているはずですが、ドナドナが走り過ぎていきました。ここで昨日一緒に歩いた自転車のおじさんと再会しました。この後おじさんは先行し、今夜の就寝場所として予定している土庫の廟で、私の寝場所も確保していただけることになりました。

 

f:id:balbaltan:20190421222453j:plain

二崙から虎尾への長い直線道路を歩きぬけると、以前より一度来たかった擇元堂に到着です。ここは神輿の立ち寄り先の中で、唯一廟ではない一般の民家になります。

まだ大甲媽祖進香が知られていない、小規模で行われていた数十年前、こちらの民家の方が進香団の大変さを目にし、飲食や休憩場所の提供を始めました。その恩返しとして、大甲媽祖の神輿が毎年立ち寄るようになったそうです。

 

f:id:balbaltan:20190421223052j:plain

小休憩をとり足のケアを行いますが、腫れと痛みはなかなか引きません。特に休憩直後の歩き始めの痛みがかなりつらく感じます。

 

f:id:balbaltan:20190421223328p:plain

神輿の位置情報を確認すると、まだ西螺大橋までは到達しておらず、かなりリードを稼げています。このまま今日中に土庫に入ることが出来れば、最終日は神輿をゆっくり待って、かなり楽な歩きができそうです。

 

f:id:balbaltan:20190421223825j:plain

虎尾から土庫までは、ショートカットする道を選びました。そのため、ほかの随香客はほとんどおらず、当然補給ポイントもありません。この日はかなり距離を伸ばしていたこともあり、最後の土庫までのこの道のりがとてもつらく感じ、途中道端でぐったりと腰を落としました。

 

f:id:balbaltan:20190421224446j:plain

17時半を回り、ようやく目的地である土庫順天宮に到着しました。こちらの廟は、日本から来た観音菩薩像が祀られていることでも有名です。

 

f:id:balbaltan:20190421224824j:plain

おじさんが確保してくれた香客大楼の就寝場所です。ガス切れのため、冷たい水のシャワーを浴び、シャツを洗い、夕食をいただきました。

 

f:id:balbaltan:20190421225252j:plain

その後は廟の前で涼みながら雑談をしていると、夜になり続々と随香客が到着してきました。ここまで来ると、だいぶ先が見えてきます。翌日に備え、早めに就寝しました。

 

 

三日目

f:id:balbaltan:20190421225519j:plain

三日目は進香団の目的地である新港奉天宮に向けて、大甲媽祖進香往路最後の歩きとなります。早朝4時に目が覚めてしまったため、周りの人たちより早く起き出し、5時には出発をしました。そして途中長めの休憩を取りながら、神輿の到着を待つことにします。神輿は深夜に西螺を出発し、もう背後まで迫ってきています。

 

f:id:balbaltan:20190421225944j:plain

そうこうしている間に、歩く随香客の姿もだいぶ増えてきました。神輿がだんだんと近づいてきているようです。

 

f:id:balbaltan:20190421230212j:plain

午前8時を回り、元長郷にある廟の境内で、ついに頭旗と再会です。大甲で先行して以来、58時間ぶりとなります。

 

f:id:balbaltan:20190421230940j:plain

その後しばらく頭旗の後ろを歩き、ようやく大甲媽祖の神輿に挨拶をすることが出来ました。鎮瀾宮で見かけて以来、進香路上では初めての合流となります。

 

f:id:balbaltan:20190421231404j:plain

そこからは神輿の近くを歩き続けました。鑚轎脚が各所で行われています。少しして、神輿の担ぎ手が随香客に代わっていることに気づきました。そこで神輿グループの方に、次に担がせてもらえないかお願いしたところ、私が持っている進香旗が邪魔になるので「だめ」と言われてしまいました。しかし近くを歩いていたおじいさんが、親切に預かっていただけることとなり、今年も無事神輿を担がせてもらうことができました。

 

f:id:balbaltan:20190421232006j:plain

立ち寄り先の廟でお参りやトイレ休憩をしていると、神輿がいつのまにか先に出発していました。するとその直後、廟の前で壓轎金が配られはじめ、今年も何とかゲットすることができました。壓轎金はその後も何度か受け取る機会があり、自分と知り合いの分を残し、残りはほかの随香客や沿道の信者の方々に配りました。

 

f:id:balbaltan:20190421232619j:plain

そこからしばらくは、神輿の前後を行ったり来たりしながら歩きました。神輿が雲林県から嘉義県へと突入する橋の上に到着すると、新港奉天宮より神輿がお迎えに来ていました。そのため、橋の上は大混雑です。私は人ごみを避けるため、お迎えの儀式の見学はパスして、先を進みます。

 

f:id:balbaltan:20190421233149j:plain

新港郷に入ると、飲食が配られるポイントも格段に多くなりました。私はそのまま神輿より先行して、目的地である新港奉天宮を目指し歩きます。

 

f:id:balbaltan:20190421233517j:plain

新港奉天宮からやって来た報馬仔です。すごく会いたかった大甲鎮瀾宮の報馬仔は、結局車に乗りこむ姿しか見ることができませんでした。

 

f:id:balbaltan:20190421234010j:plain

そして、14時45分、大甲鎮瀾宮を出発して約66時間、ようやく目的地である新港奉天宮に到着することが出来ました。

感動に浸る間もなく、人ごみをかき分け、何とかお参りを終えました。3日間総歩行距離153km、往路完歩達成です。

神輿が奉天宮に到着するのは夜となるため、予約した隣町の北港にあるゲストハウスに一旦荷物を置き、シャワーを浴びてから、再び新港に戻ってくることにしました。

しかし北港で早めの夕食を食べていた際、龍結福徳宮の徒歩進香に参加している進香仲間より、まもなく北港朝天宮に到着するとの連絡が入りました。そこで朝天宮にて龍結媽を出迎えることに決め、新港奉天宮での神輿入廟の見物はあきらめることにしました。

こうして私の大甲媽祖進香は終わりを告げました。

 

 

後日談

新港奉天宮に到着した翌日、白沙屯媽祖進香を一日歩いた後、仕事のため、一旦自宅に戻ってきました。

 

f:id:balbaltan:20190421235638j:plain

そして仕事を終えた夜、近くの店でクッキーやチョコなどを買い込み、大甲媽祖進香の道へと向かいました。

 

f:id:balbaltan:20190421235428j:plain

神輿が来るには早いため、永靖付近ではまだぱらぱらとしか随香客は歩いていませんでしたが、買い込んだSOYJOYやチョコを配り終わり、追加でコンビニへ買いに走りました。これでSOYJOYを配り、随香客を応援するという目標もかろうじて達成できたかと思います。

 

 

最後に

今回は往路完歩という目標があったため、神輿よりかなり先行して歩きました。そのため、ほぼほぼ自分と向き合う歩きとなり、残念ながら、お祭りとしてのにぎやかさを味わうことはあまりできませんでした。

大甲媽祖進香を楽しむという観点から考えると、やはり往路1日、復路1日といった日程で、神輿や頭旗の近くを歩いた方がいいように思います。

そして、路上で飲食を提供していただけた信者の方々には、ただただ感謝の気持ちしかありません。実際に歩いていた私たちよりも、その方たちの方が、ずっと敬虔であるように感じられました。恩送りとして、私も些少ですが、医療ボランティアグループに寄付をさせていただきました。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]