徒 歩 進 香[巡 礼]

ハマるぞ台湾!道教文化

[徒歩進香]南瑤宮笨港進香

 

二百年を越す最古の歴史をほこる南瑤宮笨港進香。三年に一度行われる「潦溪」と呼ばれる河を渡るルートが見せ場の一つです。

 

f:id:balbaltan:20181229174141j:plain

※地図上のルートは最短距離が表示されています。

 

f:id:balbaltan:20190107195938j:plain

 

[目次]

 

 

概要

【彰化南瑤宮笨港進香】

 

主催廟:彰化南瑤宮

出発点:彰化南瑤宮(彰化市

目的地:新港奉天宮(嘉義県新港鄉)

開催時期:毎年2月から3月頃

開催期間:7日潦溪がある年のみ8日間)

移動距離:約280km

参加費:500元(帽子、タオル、巾着袋、お札、旗などがもらえます)

申込をしなくとも参加は問題ないと思いますが、他の進香団の人たちとおそろいの帽子やタオルはきっと欲しくなりますよ。

参加人数:4万人以上

特徴:歴史が最も古い徒歩進香イベント。3年に1回行われる潦溪有名。(次回は2021年)

住所:彰化市南瑤里南瑤路四十三號

アクセス:彰化駅下車徒歩23分

参考HP:

彰化南瑤宮

彰化南瑶宮-台湾宗教文化地図-臺灣宗教百景

 

 

雰囲気は?

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

 

こちらは台湾人と結婚をされたアメリカ人“小貝"さんの動画です。進香を通しての盛り上がりが、非常に分かりやすく紹介されていますね。この方は台湾文化に関するいろいろな動画をアップしていますので、ご存知の方も多いかもしれません。

南瑤宮笨港進香のほかにも、大甲媽祖進香や北港媽祖遶境などに参加した際の動画もありますので、興味がある方はぜひ探してみてください。 

 

南瑤宮媽祖について

台湾中部の彰化市に位置する彰化南瑤宮、この廟が主催している進香の目的地は新港奉天宮になりますが、決して新港奉天宮から分霊され建立された訳ではありません。

十八世紀半ば頃、ある工員が当時笨港にあった笨港天后宮のお線香の火を携え、彰化まで働きに出てきました。家の中におかれたその火がのちに神々しい光を放つようになり、その場所に媽祖の像が祀られ、廟が建立されました。それが現在の南瑤宮です。そしてその歴史を忘れぬよう、200年前に徒歩進香が始まりました。しかしその頃には、笨港天后宮は洪水で流されなくなっており、三体の媽祖像は三か所の廟に分散し祀られていました。そこでそのうちの一か所である新港奉天宮に進香団は向かうようになりました。(現存する笨港天后宮は、近年建立されたものです)

 

しかしさまざまな事情から、途中50年間徒歩進香は行われず、信者たちはバスなどを利用して進香を行っていました。その間、大甲媽祖進香や白沙屯媽祖進香などほかの進香イベントがどんどん人気を博していくことになります。そして2014年、かつての栄光を取り戻すべく、南瑤宮の徒歩進香が再び復活することとなったのです。 

 

9つある廟の媽祖会が3つのグループに分かれ、「大媽四」、「二媽五」、「三媽六」といったように持ち回りで進香が実施されます。2018年は「三媽六」の年でした。北港媽祖遶境の紹介内でも触れますが、媽祖は6柱存在します。

地元の彰化には「大媽四愛吃雞、二媽五愛冤家、三媽六愛潦溪」という言い伝えがあり、意味は「大媽と四媽の進香祭典時には、信者は肉類の供え物を特に豊富に準備し、二媽と五媽の進香の際は、進香中にもめ事が起こりやすく、三媽と六媽の年には、河を歩いて渡らなければならない」というものです。

 

日程

f:id:balbaltan:20180909091547j:plain

※2015年の案内です

 

f:id:balbaltan:20180909092238j:plain

※2018年の日程表です

 

目的地である新港奉天の手前にある笨港天后宮にて、媽祖の衣装交換の儀式「換龍袍」が執り行われます。また雲林県彰化県の境を流れる大河 濁水溪を歩いて渡る「潦溪」が行われるのは6日目となります。(潦溪は三年に一回)

 

目的地

f:id:balbaltan:20181229164854j:plain

南瑤宮笨港進香の目的地は、嘉義県北部に位置する媽祖廟として有名な新港奉天です。こちらの廟は、大甲媽祖進香の目的地でもありますね。ただ上の方で説明しましたように、南瑤宮の媽祖は奉天宮から分霊された訳ではありません。ちなみに大甲鎮瀾宮の媽祖も奉天宮から分霊されておらず、さらに言えば、白沙屯拱天宮も北港朝天宮から分霊されてはいません。進香の目的地のほとんどは分霊元の廟になるのですが、中にはそうではないというケースも存在しています。古く歴史ある廟になると中国から分霊されているところが多くなりますが、昔は中国まで渡ることは決して容易ではなく、その代わりとして台湾国内にあるほかの廟へ進香に行くことになったという歴史があるようです。中でも南瑤宮の場合はかなり特殊なケースであり、鎮瀾宮についてはいろいろな説があるため、説明するには少々複雑かもしれません。

 

詳細について

残念ながら、私もまだ参加したことがないため、これ以上の詳しい情報がわかりません。ただ話をきくところによると、一般の徒歩参加者よりも、廟の関係者の参加がまだまだ多いといった状況のようです。

200年の歴史を持ち、日本統治時代には10万人以上が参加したと言われる由緒ある徒歩進香イベントになりますので、いまからとても期待しています。次回参加できた際にはさらに詳しい内容を更新できると思います。ご了承くださいませ。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]