徒 歩 進 香[巡 礼]

ハマるぞ台湾!道教文化

白沙屯媽祖進香レポート

 

白沙屯媽祖進香に参加してまいりました。10日間の行程の内、往路1日、復路3日計4日間を歩いた、その参加レポートを紹介させていただきます。今後参加される方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

 

f:id:balbaltan:20190421101750j:plain

 

※ 白沙屯媽祖については、こちらへ ※


※ 申込および参加までの流れについては、こちらへ ※


 

[目次]

 

 

参加初日(進香4日目)

大甲媽祖進香の往路を新港奉天宮まで歩き切り、その夜は隣町の北港にあるゲストハウスに泊りました。翌日から引き続き、白沙屯媽祖進香に参加するためです。白沙屯グッズ一式は事前にゲストハウスに送っておきました。

 

f:id:balbaltan:20190422120043j:plain

早朝3時に起床し、出発の準備を整えました。神輿は昨夜、褒忠という街に駐駕し、早朝5時に出発予定となっています。神輿はその日のうちに、ここ北港朝天宮までやってきて、往路のゴールとなります。

そこで私は4時前には宿を離れ、朝天宮辺りで一緒にタクシーを割り勘してくれる参加者を探しました。朝天宮近くには白沙屯媽祖進香の香燈腳の姿をちらほらと見ることができました。そのうち何人かに話しかけている過程で、3人組のグループの方が、一緒に連れて行ってくれることになりました。ありがとうございます。

 

f:id:balbaltan:20190422120304j:plain

駐駕先の褒忠派出所には、すでに多くの香燈腳たちが集まっています。媽祖に今日から参加する旨の挨拶をします。

 

f:id:balbaltan:20190422121418j:plain

4時半になり、人の流れに乗って、少し早めに出発しました。駐駕先はものすごい人ごみのため、少し先で神輿に合流する計画です。白沙屯媽祖進香は、大甲媽祖進香より参加者が集中しやすいことが難しさの一つです。

 

f:id:balbaltan:20190422122632j:plain

空が明るみだした頃、頭旗グループに吸収されました。頭旗の後ろに続く、集団の中を歩きます。

 

f:id:balbaltan:20190422122959j:plain

白沙屯媽祖進香では既定路線がなく、神輿の進む方向は神の意志により決められます。そのため基本神輿の後方を歩く必要があり、そこには当然非常に多くの香燈腳が集中します。そこで人ごみを避けるため、頭旗グループの近くを歩いたりもしますが、頭旗が必ずしも神輿と同じ道を進むとは限らず、たびたび走って神輿を追いかけなければならない事態も発生します。

 

f:id:balbaltan:20190422124226j:plain

大甲媽祖進香と同様に、路上では多くの信者の方々により、香燈腳に飲食が提供されています。ルートが決まっていないため、提供場所の設営がかなり困難になりますが、皆さんそれを乗り越え、こうして香燈腳をバックアップしてくれているのです。本当に感謝という言葉しかありません。

 

f:id:balbaltan:20190422125147j:plain

観光バスプランに申し込んだ方は、バスに乗り移動をすることもできます。こうしたバスが100台近く、進香団の近くを走っています。しかしバスは混雑を避けるため、必ずしも進香団と同じルートを走っているとは限らず、途中でバスに乗り込むことは簡単ではないかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20190422125607j:plain

しかし、私は「ドナドナ」と呼んでいるこのようなボランティアの服務車(香客車)が数多く走っていて、疲れた香燈腳を運んでくれます。見かけたら手を挙げて合図を送ると、停まって乗せてくれますよ。

 

f:id:balbaltan:20190422130137j:plain

この日は多くの香燈腳たちが頭旗よりも先行して歩いています。北港に到着するこの日は、ほぼルートが固定されているため、先に進んだとしても、神輿が全く違う方向に行ってしまったということがないからです。

 

f:id:balbaltan:20190422130556p:plain

ただ神輿追跡アプリを確認すると、神輿が途中休憩を挟んだことで、先行し過ぎてしまっているようです。休憩をはさみながら、神輿との合流を待つことにします。

 

f:id:balbaltan:20190422130758j:plain

午前8時ごろ、大甲媽祖進香の素食期間がようやく終わりを告げたため、ひさびさ、ほぼ1週間ぶりの肉料理となります。とても美味しくいただきました。

 

f:id:balbaltan:20190422131028j:plain

この巨大爆竹会場で休憩をとり、神輿を待つことにします。神輿が到着する頃には、この爆竹が鳴らされるはずです。

 

f:id:balbaltan:20190422131720j:plain

頭旗が歩き過ぎると、爆竹に火がつけられました。風向きをよく考えていなかったため、なんと火の粉や塵がすべてこちらに飛んできました。結局多少火傷を負い、バックパックも少し焦がしてしまいました。

その後なんと、ボディーガードに囲まれた蔡英文総統が歩いてきました。当然一目見ようと、ものすごい人だかりです。大甲媽祖進香では、次期総統の呼び声も高い柯文哲台北市長に会うことは叶いませんでしたが、この日はばっちりと蔡総統を目にすることができました。

 

f:id:balbaltan:20190422132447j:plain

そしていよいよ神輿が到着です。ここからしばらくは神輿の後ろについて歩きます。神輿の後ろはどうしても混み合うため、少し一緒に歩いた後は、ほかの香燈腳に場所を譲り、神輿の前を歩くようにしています。

 

f:id:balbaltan:20190422133259j:plain

路上では時折、換花のために神輿を待つ信者の姿を見かけました。

 

f:id:balbaltan:20190422133459j:plain

目的地である北港朝天宮に到着する前に、香燈腳は一旦その手前で集合することになります。その集合地点となる北辰派出所が近づくと、神輿はスピードを上げ始めました。香燈腳たちは、後ろから笛で追い立てられながら走ります。

 

f:id:balbaltan:20190422134055j:plain

北辰派出所前は、神輿の到着を待ち構える人たちでえらい混みようです。押し合いへし合いの人ごみを避けるため、神輿は待たずに先に行くことにします。

 

f:id:balbaltan:20190422134838j:plain

財神として名高い北港武徳宮をお参りして、ここで小休憩をとりました。休憩後は廟裏の駐車場から抜けて、大混雑を避けるために神輿より一足先に北港朝天宮を目指す予定です。

 

f:id:balbaltan:20190422135339j:plain

集団を避けるため、わざわざ裏から抜けたはずだったのですが、結局意に反して再度神輿と合流してしまいました。歩いていると、周りの人たちとぶつかりまくります。

 

f:id:balbaltan:20190422135938j:plain

白沙屯媽祖の神輿を出迎えに来た、北港朝天宮の報馬仔と遭遇しました。非常にいい味を出していますね。

 

f:id:balbaltan:20190504010515j:plain

そして、いよいよ北港朝天宮前で、神輿の入廟を見送ります。人ごみにもみくちゃにされながら、「進喔!進喔!進喔!」と大声で叫びました。こうして無事白沙屯媽祖進香の往路が終了しました。翌早朝に儀式が行われ、その後すぐに復路がスタートします。

私は仕事の都合上、どうしても一旦帰らなくてはならず、北港朝天宮をお参りし、媽祖に下馬の挨拶をした後、帰路につきました。

 

 

二日目(進香7日目)

f:id:balbaltan:20190422143117p:plain

二日間で仕事を片付け、復路の3日目(進香7日目)から進香団に復帰できることになりました。この日は、前夜埤頭合興宮に駐駕した神輿が早朝5時に出発します。そこから海側の路線を選び二林を目指すのか、そのまま北上し溪湖を目指すのか、それを見極めてから、神輿を追いかける予定です。

往路の際に、本来海側の路線を行くものと思われていましたが、意外にも山側のルートを進んだため、復路では海側を進むと私は予測していました。しかし予想に反して、神輿は溪湖へ向けて北上を始めたため、私も急いで溪湖を目指します。

 

f:id:balbaltan:20190422143323j:plain

これまで何度か来たことのある溪湖福安宮で神輿の到着を待ちます。ここは非常に重要なポイントであり、鹿港への海側路線に行くのか、彰化市への山側路線を進むのか、ここで再度運命の分かれ道です。

 

f:id:balbaltan:20190422144320j:plain

朝のニュースでも、彰化市内で大甲媽祖と出会うのではないかと報道されており、神輿より先行する多くの香燈腳たちは、彰化市方面に向かって歩いていきます。頭旗も彰化市方面へ進んでいきました。しかし鹿港方面を予想している私は、神輿の到着を待つことにします。

 

f:id:balbaltan:20190422144620j:plain

そして神輿が分岐点に到着すると、銅鑼の音と共にその躯体左右に揺らしながら、進むべき方向を考えています。そして鹿港方面の道を選択しました。私の予想が的中です。頭旗や彰化市方面へ向かった人たちは、慌てて戻ってきているものと思われます。

  

f:id:balbaltan:20190422144921j:plain

ここからは神輿の後について、鹿港を目指します。この辺りで進香仲間の知り合いと出会いました。大きな荷物を手に、全行程完歩を目指し歩いています。少し雑談をした後、私は神輿を追いかけます。

 

f:id:balbaltan:20190422145201j:plain

週末と言うこともあり、至る所で鑚轎脚が行われています。しかし香燈腳は、鑚轎脚をしてはいけないという暗黙の了解がありますので、白沙屯媽祖では、私も経験したことがありません。

 

f:id:balbaltan:20190422145756j:plain

神輿の後ろを離れ、ここからすこし先行します。

今回歩いた中で、白沙屯媽祖進香と大甲媽祖進香の参加方法の違いを2つ感じました。

1.まずは荷物の量です。大甲媽祖では大きなリュックを背負ったり、手押し車を押して参加する人たちがほとんどでしたが、白沙屯媽祖進香では、手押し車も、大きなリュックも見かけることは少なく、軽装の参加者が多くなっています。多くは観光バスプランを申し込んでいるか、比較的短期間の参加者の方が多いのだと思われます。 

2.次に自転車やバイクの参加者が、大甲媽祖に比べて少ないことです。白沙屯媽祖進香では、神輿の後ろに参加者が集中しますので、バイクや自転車での参加は危険であるという共通認識があるのだと思います。

 

 f:id:balbaltan:20190422183159j:plain

焼きウインナーは、今回の進香を通して、路上で配られていた食べ物の中で、私が好んで口にしたものの一つです。これと湯包は、見かけると必ずいただいていました。

 

f:id:balbaltan:20190422185751j:plain

医療ボランティアの方々が、様々な場所で足のケアサービスを提供しています。今年は幸い医療チームの方のお世話になることはありませんでした。

 

f:id:balbaltan:20190422191058p:plain

神輿が長時間の休憩に入ったため、私は鹿港を目指して先行します。ここまで来れば、今夜は鹿港での駐駕の可能性がかなり高くなっています。

 

f:id:balbaltan:20190422191624j:plain

鹿港に近づくと、香燈腳の姿もだんだんと少なくなってきました。神輿はまだ休憩中です。

 

f:id:balbaltan:20190422191705j:plain

順調に鹿港に到着しました。こちらは古刹鹿港龍山寺です。静かな雰囲気の中に重厚な歴史の流れを感じます。

 

f:id:balbaltan:20190422192254j:plain

鹿港で寝場所を探そうと考えていた時に、以前泊ったことがあるゲストハウスを思い出し立ち寄ると、幸いまだベッドに空きがありました。ただ神輿が今夜鹿港に駐駕するとは決まっておらず、今日中に伸港を目指すのではないかという意見さえ耳にします。そこで鹿港から大きく離れるようであれば、チェックアウトして追いかけることにしました。自転車で参加している知り合いも、ここに泊ることになりました。

 

f:id:balbaltan:20190422191930j:plain

早速荷物を置いて、鹿港天后宮にお参りに行きます。ゲストハウスで知り合った女性の方が案内していただけることになり、一緒にお参りをして回りました。

 

f:id:balbaltan:20190422192206j:plain

その後鹿港天后宮の進香期を堪能した後、食事をとり、シャワーを浴びると、ベッドにごろんと横になりました。かなり眠かったのですが、神輿が駐駕するまでは落ち着かず、アプリで神輿の動きを追い続けていました。鹿港では本日、天后宮と新祖宮の遶境が行われており、神輿はそれを避けるかのように、鹿港の街中を迂回して北上し、鹿港の北側で駐駕となりました。予想通りの展開です。媽祖の方角に手を合わせ、下馬の挨拶をします。

翌朝神輿は4時に起駕となるため、私は2時起きで、3時にはゲストハウスを出発する計画です。これでゆっくりと眠れます。

 

 

三日目(進香8日目)

f:id:balbaltan:20190422195102j:plain

蚊帳をつるのを忘れて寝てしまったため、夜中蚊に刺され何度か起こされました。2時には起床し、出発の準備を整えた後、知り合いとともに神輿の駐駕先を目指します。

 

f:id:balbaltan:20190422195432j:plain

3時半頃に駐駕地に着くと、すでに大勢の香燈腳が集まっています。人ごみをかき分け、媽祖に起馬の挨拶をしてから、少し早めに出発しました。本日は伸港を通り、大甲の北側で駐駕するであろうと予測していますが、途中のルートは全く分かりません。

 

f:id:balbaltan:20190422200232j:plain

早朝にも関わらず、多くの方が朝食を準備して待っていてくれます。ありがたいですね。観光バスも続々と到着してきました。宿泊地からの移動を考えると、おそらく相当早く出発してきたものと思われます。

 

f:id:balbaltan:20190422200803j:plain

このように荷物を預かってくれるボランティアの服務車を時折見かけました。荷物を預けるメリットとデメリットを考慮した上で、必要があれば、荷物をお願いしてみてはいかがでしょうか。

 

f:id:balbaltan:20190422201424j:plain

神輿からも頭旗からも先行し、黙々と伸港を目指していると、空も少しずつ明るみ始めました。

 

f:id:balbaltan:20190422201839j:plain

ふと気がつくと、頭旗グループに吸収されていました。北港朝天宮の火と灰が入った香擔の姿も見えます。香擔はほかの徒歩進香で何度か担いだことがありますが、結構な重さです。頭旗グループは時速5.5kmほどで進み、このぐらいのスピードが心地よく歩けます。

 

f:id:balbaltan:20190422202426j:plain

懐かしの伸港福安宮に到着です。去年も白沙屯媽祖進香を歩き、ここを通過しました。あの時はかなり苦しい状況での到着でしたが、今回はまだまだ余裕があります。大甲媽祖進香で痛めた足の裏の痛みも、だいぶ楽になってきています。

こちらは例年、往路で通過する確率が高い廟であり、往路の際には神輿の到来を待ち構え、たくさんの食事を準備して待っていてくれたと聞きました。しかし意外にも神輿が山側ルートを通ってしまったため、かなり無駄になってしまったそうです。

 

f:id:balbaltan:20190422203148j:plain

食事をいただきながら、神輿の到着を待ちます。こちらでいただいたデザートがとても美味しく、珍しくお代わりをいただきました。

 

f:id:balbaltan:20190504011736j:plain

そうこうしている間に、神輿が多くの香燈腳を引き連れ到着しました。神輿が休憩に入ったため、私は早めに福安宮を出発します。

 

f:id:balbaltan:20190425114959p:plain

本日は大甲方面を目指すと思われますが、ただ、河を越えた後のルートが複数考えられるため、あまり大きく先行はできません。

 

f:id:balbaltan:20190425115332j:plain

海沿いの17号線を進みそうな気がしますが、安全をとって真ん中の高架下の道を選びました。

 

f:id:balbaltan:20190425121138j:plain

神輿が来るかどうかも定かではない路上でも、こうして私たちの到着を待っていてくれる人たちがいます。湯包を提供している車を見かけ、思わず列に並びました。

 

f:id:balbaltan:20190425121723j:plain

神輿は休憩を終えると、この高架下のルートを進んできました。ややゆっくりめに歩いていたため、頭旗グループの銅鑼の音がだんだんと背後に迫ってきます。集団に吸収されないようスピードを上げます。

 

f:id:balbaltan:20190425122127p:plain

頭旗グループの銅鑼の音が聞こえなくなり、なんとか振り切ったと思っていたところ、なんと神輿が方向転換をしていました。頭旗グループは走って戻っていったようです。神輿は病院前で短時間停駕した後、そのまま北上し、2時間ほどの休憩に入りました。

しかし、神輿がこのまま1号線方面へ進むとは限りません。なぜなら本日の1号線上には、この日清水で駐駕する大甲媽祖の先行組がたくさんいることが想定されるからです。白沙屯媽祖はこれまでこうした状況を避けてきたため、再び海沿いのルートに戻り、61号線を北上し、大安区で駐駕という可能性も否定できません。

 

f:id:balbaltan:20190425123554j:plain

昼前から小雨が降ったりやんだりを始めていましたが、分岐点にあるこちらの廟で休憩している間に、雨は本降りとなってきました。こうした神輿が通過しない廟でも、香燈腳に食事を提供していただけていました。ありがたい限りです。

 

f:id:balbaltan:20190425125350j:plain

14時に出発する神輿の方向性を見極めてからとも考えましたが、大甲区通過に腹をくくり、レインコートを着込み、大甲に向かって歩き出しました。もはや香燈腳の姿などどこにもありません。白沙屯媽祖進香では、かなり珍しい光景です。

 

f:id:balbaltan:20190425125904j:plain

1号線に入ると、予想通り路上には、大甲媽祖の隨香客、白沙屯媽祖の香燈腳が入り混じり歩いています。さらに路肩には、大甲媽祖の陣頭の車が数多く停車しています。

私からすると、大甲媽祖も白沙屯媽祖も、どちらの進香団も仲間みたいな気持ちだったのですが、とある光景に残念な想いも湧いてきました。

 

f:id:balbaltan:20190425130753j:plain

大甲に向かう路上で呼び止められ、この清潔で広々とした休憩所で一息つかせていただきました。毎年参加していると、こうして自身の休憩所リストが出来上がっていくのだと思います。そして神輿は予想通り、1号線に入ってきました。

 

f:id:balbaltan:20190425132911j:plain

大甲市街地に入ると、翌日の大甲媽祖進香団の到着に備えて、至る所で休憩所や補給ポイントの設営の真っ最中です。そんな中でも、数多くの白沙屯媽祖の補給車が、私たちの到着を待ち構えていてくれました。

 

f:id:balbaltan:20190425133525j:plain

途中、鹿港で別れた知り合いとばったり再会し、少し一緒に歩いた後、ようやく大甲鎮瀾宮に到着しました。ここに白沙屯媽祖の神輿が立ち寄ることはありませんが、私は先立って大甲媽祖進香の往路を歩き終えた挨拶に訪れました。多くの香燈腳が寄り道をして、鎮瀾宮をお参りに訪れると思いますが、この時点ではまだほとんどその姿を見ることはありませんでした。

  

f:id:balbaltan:20190425134326j:plain

大甲市街地からやや外れたところにある運動公園はトイレもあり、少し早めですが、ここに本日の寝場所を定めました。神輿は今夜、日南へ抜ける橋を渡る前に駐駕するだろうという予想です。残された距離からも、時間的にも、ほぼほぼそれで決まりだと考えていました。ほかにも2人、香燈腳がここで寝る準備をしています。

荷物を広げ、コンビニで買った夕食を食べ、身体を拭き、歯磨きをしました。そうこうしている間に、白沙屯媽祖の神輿が多くの香燈腳とともに向かいの道を通過していきます。その長く続く隊列を眺めながら、足のケアをして、私は一足先に寝る準備です。

 

f:id:balbaltan:20190425135457p:plain

しかし、神輿は予想に大きく反して、大安渓にかかる橋を越え、なんと日南の駅前をも過ぎ、さらに先の工業地帯まで到達し、ようやく駐駕となりました。私が寝場所と決めた運動公園から、2時間近くは離れています。

 

f:id:balbaltan:20190425135817j:plain

私は意を決して、荷物を再びまとめ、レインコートを着込み、一人きりの夜の歩きを覚悟して、運動公園を飛び出しました。しかしそれほど多くはありませんでしたが、暗闇の中を、神輿を追って歩く他の香燈腳の姿がありました。小雨が身体をやさしく打ちつける中、彼らと雑談をしながら、駐駕地を目指します。

 

f:id:balbaltan:20190425140455j:plain

神輿はとうに過ぎ去り、こんなに遅くなったにもかかわらず、私たちを待ち続け、応援してくれている人たちの姿に感動しました。

 

f:id:balbaltan:20190425140934j:plain

そして雨の夜道を2時間近く歩き、21時ごろようやく駐駕地となった民家に到着しました。狭い路地には、周辺の住民や信者たちが集まり、ものすごい熱気です。私は媽祖に下馬の挨拶をして、寝場所を探しに向かいます。場所が場所だけに、かなり困難な寝場所探しが予想されました。

 

f:id:balbaltan:20190425141157j:plain

とりあえず小学校周辺で寝場所を探そうと、路上で食べ物を配っていた方に近くの学校の場所を尋ねると、少し先の工場が就寝場所として開放されていると教えてくれました。

そこにはトイレやシャワーもあり、さっぱりした後はほかの参加者の方と少し雑談をして、ありがたく休ませていただきました。

  

 

四日目(進香9日目)

f:id:balbaltan:20190425142018j:plain

いよいよ私にとっての最終日がスタートです。神輿は明日拱天宮にゴールしますが、私は一足先に、今日中に拱天宮をお参りして、進香を終える予定です。もともとは明日までの日程を確保していましたが、最終日はものすごい人出が見込まれるため、それを避けるために、先にゴールすることを決めました。

 

f:id:balbaltan:20190425142727j:plain

神輿は6時起駕の予定ですが、私は5時半ごろ、小雨が降る中、出発をしました。観光バスグループも続々と駐駕地近くに集まってきています。

 

f:id:balbaltan:20190425143156j:plain

しばらく歩いた先にある分岐点で神輿を待つことにしました。朝早くから、雨の中を多くの香燈腳が歩いています。

 

f:id:balbaltan:20190425143459j:plain

頭旗グループがやってきました。神輿の到着を告げる花火や爆竹の音も、だんだんと近づいてきています。

 

f:id:balbaltan:20190425144004j:plain

神輿が到着し、多くの香燈腳とともに媽祖の後に続きます。

 

f:id:balbaltan:20190425144050j:plain

少し歩いたところで、いきなりの土砂降りです。バケツをひっくり返したような雨とは、まさにこのことではと言えるような突然の豪雨でした。

 

f:id:balbaltan:20190425144505j:plain

媽祖に先に進む旨の挨拶をして、雨の中、まずは本日の駐駕地となる通霄慈后宮を目指します。その後は、大きな神輿への乗り換え儀式が行われる秋茂園を通り、最終的に拱天宮をお参りしゴールとなる予定です。

 

f:id:balbaltan:20190425145359j:plain

だんだんと歩く人の姿も少なく、まばらとなってきました。かつてこの道を歩いた時のことを思い出しながら、先を急ぎます。

 

f:id:balbaltan:20190425145821j:plain

通霄慈后宮に到着しました。ルートが決まっていない白沙屯媽祖でも、必ず立ち寄る場所がいくつか存在します。それは北辰派出所、通霄慈后宮、そして秋茂園です。

 

f:id:balbaltan:20190425150525j:plain

慈后宮を出ると、またもや大雨です。こちらでしばらく雨宿りをさせていただきました。ここから先は、香燈腳も少なく、もう補給ポイントはありません。

 

f:id:balbaltan:20190425150857j:plain

レインコートを着ていても、すでに靴下、下着までびっしょりです。それでも最後の力を振り絞り、歩き出します。

 

f:id:balbaltan:20190425151201j:plain

秋茂園を過ぎ、昔ながらの家並みが続く小道を進みます。明日はものすごくにぎやかになるこの場所も、今日はまだひっそりとしています。雨が降りしきる中、残された一歩一歩味わいながら、ゴールを目指します。

 

f:id:balbaltan:20190425151559j:plain

そしてお昼前、小雨の降る中、白沙屯拱天宮に到着しました。

最後のお参りをして、白沙屯媽祖進香の道を終えることになります。感謝の思いで手を合わせました。

びしょびしょの服では電車に座れないため、駅で寝間着用のジャージに着替え帰途につきました。4日間の合計歩行距離は、122kmです。

 

 

最後に

昨年の急行軍とは違い、 また復路が中心となったことで、スピードはゆっくりめで、1日の距離も短く、だいぶ楽に歩くことができました。しかし大甲媽祖とは違いルートが決まっていないことで、神輿の後ろには人が集中し、かつ先行することが難しく、長時間の休みは入れずにペースを守って歩くタイプの私にとっては、ある意味厳しい歩きとなりました。

頭旗の後ろはいいペースで進みますが、道を間違えれば、走って戻らなければなりません。神輿の後ろは香燈腳が集中し、かなり歩きづらい状況です。またペースが一定ではなく、鑚轎脚でつまったり、長い休憩時間があったりと、なかなか自分のペースがつかめません。これはすべての香燈腳の課題かと思います。私はルート予測を楽しみながら、頭旗より少し先行して歩きました。

今回もいろいろな方から力をもらい、歩き切ることができました。これには本当に感謝しかありません。恩送りの意味で、些少ですがボランティアの香客車グループに寄付をさせていただきました。

いつか、縁があれば、生きていれば、またこの進香の道で再会できればうれしく思います。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]