徒 歩 進 香[巡 礼]

ハマるぞ台湾!道教文化

[遶境]北港媽祖遶境

 

台湾で数多行われる遶境(巡行)の中で、最も有名なものが、毎年旧暦3月に北港朝天宮で行われる遶境です。 媽祖の生誕を祝う「迎媽祖」を代表するイベントになります。

f:id:balbaltan:20180905170921j:plain

北港朝天宮の所在地

 

  f:id:balbaltan:20180908183716j:plain

 

[目次]

 

 

概要

北港朝天宮天上聖母遶境】

 

主催廟:北港朝天宮[1694年建立]

開催地:北港朝天宮(雲林県北港鎮)

開催時期:毎年旧暦3月19日

開催期間:5日間

参加費:なし(見物のみ)

特徴:藝閣、花車、炸轎、犁炮、踩炮が有名な台湾随一の遶境イベント

臺東炸寒單、鹽水蜂炮とともに「臺灣三大炮(爆竹)」と称される

住所:雲林縣北港鎮中山路178號

アクセス:北港バスターミナル下車徒歩7分

参考HP:

北港朝天宮

北港朝天宮・媽祖歓迎活動-台湾宗教文化地図-臺灣宗教百景

 

雰囲気は?

まずはこちらの映像をご覧ください。

 


なんとなく現地のにぎやかな雰囲気が感じとれたかと思います。

 

どのようなお祭り?

f:id:balbaltan:20180908184243j:plain

台湾媽祖廟の総本山と言われ、台湾で最も有名な媽祖廟である北港朝天宮。

毎年旧暦3月に媽祖の生誕を祝い、5日間通して盛大な遶境が催されます。ただ「遶境」ですので、「徒歩進香」とは違って歩いて参加するというよりは、神輿花車の行列などを見物することがメインになります。そのほかにも藝閣、炸轎、犁炮、踩炮と見どころ満載です。

媽祖の神輿は、祖媽から六媽までが連なります。なぜ媽祖が6柱も?と思われるかもしれませんが、媽祖は祖媽、二媽、三媽、四媽、五媽、六媽が存在し、それぞれ外見や性格が違うそうです。

 

最初の2日間は神輿の列が北港の街中や周辺の村々を練り歩きますので、その行列の後ろについて歩き通すことも可能です。私も神輿とともに北港周辺を歩きました。

このお祭りを観に北港を訪れた際、もしかすると神輿はすでに出発してしまった後かもしれません。それでも心配はいりません。廟の南側にある観光大橋辺りから周囲を眺めると、ところどころで花火や爆竹の煙が上がっているのが見えます。その方向に進んでいけば、きっと神輿の行列と合流できるでしょう。

 

 f:id:balbaltan:20180908183808j:plain

またこの遶境の特徴としては、とにかく至る所でものすごい量の爆竹が鳴らされることです。まさにいま台湾全土で進められている環境保護などくそくらえと言った感じです。期間中は街中が爆竹の煙に包まれています。

 

見どころ

f:id:balbaltan:20180908191612j:plain

見どころの一つが「炸轎」と呼ばれるものです。神輿の下で大量の爆竹を鳴らし、その煙で神輿をいぶします。これは媽祖のご加護に感謝し、その年の平穏を祈ることを目的に行われます。ただし祖媽の神輿だけは、その歴史的価値を考慮し行われないようです。

 


神輿に向かって爆竹を投げる「犁炮」や爆竹の火の海の上を神輿が進む「踩炮」も必見です。

 


2018年の遶境では、爆竹の勢いが凄すぎたため、神輿が燃え上がり担ぎ手が火傷するという事故も発生しました。北港媽祖遶境の爆竹はそれほどえげつないんです。このイベントにおいて使用される爆竹だけで、1000万元(約3700万円)を超えると言われています。

 

  f:id:balbaltan:20180908183630j:plain

もう一つの見どころが「藝閣」と呼ばれる行列で、伝統衣装を着た幼い女の子が花車の上に座り、街を廻ります。

 

  f:id:balbaltan:20180908185916j:plain

女の子たちが花車の上から飴玉やお菓子を投げ、子どもたちが先を争って拾います。しかしよく見ると、大人もそれに混ざって袋いっぱいに拾っていたりもします。どうやら時々お金も混ざっているようなんです。もちろん私も参加しました 笑

 

遶境のルートについて

こちらが2018年の神輿と藝閣の巡行ルート表になります。

f:id:balbaltan:20180911180218j:plain

※神輿の予定ルート

 

f:id:balbaltan:20180911180332j:plain

※藝閣の予定ルート

 

神輿の巡行:初日および2日目の午後と夜

藝閣の巡行:前半2日間が午後と夜、後半3日間は夜のみ

上記のようにメインは最初の2日間になりますので、そのどちらかで計画を立てられることをお勧めします。これにより、遶境イベントの期間は2日間と言われることもあるようです。

 

注意点

まず何をおいても爆竹でけがをしないよう注意してください。自分の身は自分で守り、犁炮に参加する際は特に注意が必要です。

 

またこのイベントの難点は、北港へのアクセスの悪さです。

f:id:balbaltan:20180908183518j:plain 

嘉義駅前から路線バスで行くか、台中駅横のバスターミナルから長距離バスで行くルートが便利だと思います。2018年時点で、台中からのバスは事前予約ができませんので、遶境期間中は早めに行って列に並んだ方が確実です。

 

最後に

f:id:balbaltan:20181025094638j:plain

北港武徳宮

神輿の行列について歩き、藝閣のお菓子を拾い、そして犁炮では爆竹を投げたりと、観るだけではなく見物客も参加できるイベントです。

また北港を訪れた際は、周辺に大甲媽祖進香の目的地である新港奉天、次に紹介します南瑶宫笨港進香の目的地の一つである笨港天后宮、歴史ある笨港水仙、財神を祀り壮大な建造物が見どころの北港武德宮などが点在していますので、ついでに足をのばしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]