- 42BB09CC10D61D1865F8F6DCF2D3773A Your SEO optimized title page contents

徒 歩 進 香[巡 礼]

ハマるぞ台湾!道教文化

[道教儀式]建醮(神壇による祈祷儀式)

 

 

今回は、よりディープな道教の宗教儀式「建醮(ジエンジアオ)(神壇による祈祷儀式)について、紹介してまいります。

 

 

f:id:balbaltan:20180912210508j:plain

 

 

[目次]

 

 

建醮について

f:id:balbaltan:20180917125249j:plain

※中元普渡の儀式

建醮は作醮や做醮とも呼ばれ、平安醮(祈安醮もしくは清醮)、中元醮、水醮、火醮、王醮、慶成醮などいろいろな種類があります。中元節に悪霊たちをもてなす「中元普渡」の儀式である中元醮や、伝染病を駆逐することを目的とした「焼王船」として知られる王醮、廟の建物が完成した際に行われる「慶成醮」もその仲間に入ります。火醮や水醮は、火災や水難で亡くなった魂を供養するために行われます。

 

この記事では、一般的に言われるところの「平安醮」を紹介してまいります。

 

f:id:balbaltan:20180913174518j:plain

南投県竹山で行われた建醮の案内

とは、もともとは「神様を祀る」という意味であり、それがだんだんと「道士が神壇を設置し神様を祀る」という意味合いに変化してきました。

 

建醮は、神様のご加護に感謝し平安を祈ることを目的とした宗教儀式です。道士を呼び、儀式が行われる道場を設置し、一日以上の日程で行われます。

一般的に毎年行われるものではなく、数年から十数年に一度、中には数十年に一度といったタイミングで行われます。そしてその多くは、占いにより神様にお伺いをたて、開催の有無や日程を決定します。開催の間があけばあくほど、より盛大になっていくようです。主に立冬以降の冬の時期に行われています。

 

昔は村の集落の住人たちがお金を出し合って道士を呼び、祈祷の儀式を行っていました。しかし貧しい村人たちには費用負担の問題が大きく、数年や十数年に一度だけ行われるようになりました。そして時代の流れの中で、現在のような方式に変わってきたものだと思われます。

 

主催する廟に近隣の廟が協力することで、街全体が一つとなり、通常は数日から一週間程度の奇数の日数で開催され、長いものになると一か月以上続く大規模な儀式となっていきます。建醮では一日(24時間)を一朝と表し、三日間の場合は三朝、七日間は七朝となります。建てられる神檀の数も、5ヵ所、7ヵ所、9ヵ所、12ヵ所など様々です。

 

Youtubeで紹介動画を探してみたのですが、あまりいい動画が見つかりませんでした。そこでなんとなくどんな感じの儀式なのか、次の動画でざっくり感じ取っていただければと思います。

 

開催する廟によっても変わってきますが、かなり大規模な儀式であることが見て取れたかと思います。

 

f:id:balbaltan:20180916155746j:plain

参加する地元民は、中元普渡と同様に儀式でお供えするお供え物を購入します。廟にお金を支払って申し込めば、あとは勝手にやっていただけます。 

[建醮]https://t.co/yumX00yM1C

 

f:id:balbaltan:20181226191104j:plain
またこの儀式が始まる前の数日間は、その地域に住む人々は素食(肉なしの食事)にしなければならず、街すべてのレストラン、食堂から肉料理が一斉に消えます。

 

私の住んでいた街でも建醮があり、私も参加しました。儀式が始まる前3日間は当然肉抜き生活です。また儀式の期間中は、地域の学校が休みになったりもします。

 

 

建醮の様子

建醮は道教の中でもかなり盛大な儀式になります。  

 

f:id:balbaltan:20180916152444j:plain

この期間は街全体が一体となり、家々の入り口には写真のような垂れ幕(門彩)や提灯(平安燈)が掛けられます。この垂れ幕は儀式の期間が過ぎても飾られたままになります。

 

f:id:balbaltan:20180912213045j:plain

期間中、街の中数か所に大きな仮設の「神壇」が設置され、お供え物が並べられます。主壇は主催廟の中に建てられ、副壇は地域内の角頭廟(それぞれの地区を管轄する廟)が設置します。 

 

f:id:balbaltan:20191209190349j:plain

神壇の上にはさまざまな神様が祀られています。

 

f:id:balbaltan:20191209190819j:plain

夜になると神壇はライトアップされ、遠くからでも目を引きます。

f:id:balbaltan:20180912213840j:plain

建醮を主催する廟や地域によって、それぞれ特色が見られます。

観光客はその地域に点在する神壇や廟を見学してまわります。ただ主催廟の神壇は、外部の人が入れないこともあります。

 

f:id:balbaltan:20191203193910j:plain

こうした独特の飾りつけが、建醮の雰囲気を盛り上げています。

 

f:id:balbaltan:20191209185721j:plain

廟や神壇にはお米で形作った龍(米龍)が飾られています。

 

f:id:balbaltan:20191203193920j:plain

これは占いなどで使われる八卦の後天図のようです。

 

f:id:balbaltan:20191203193937j:plain

手前に祀られているのは五營將軍ですね。奥の神様はよく見えないため不明です。

 

f:id:balbaltan:20181227175316j:plain

建醮において遶境(巡行)が行われることはあまりなく、祈祷メインの儀式になります。

 

f:id:balbaltan:20190727100337j:plain

廟や神壇前において、招かれた道士や信者たちにより祈祷が行われます。

 

f:id:balbaltan:20190727102703j:plain

普段なかなか見ることのできない独特な道教儀式を見物することができるでしょう。

[建醮] https://t.co/KuMxLYORWq

 

建醮期間中、このような感じで廟や神壇において祈祷の儀式が行われ、観光客も見物することが可能です。 

 

f:id:balbaltan:20190806150532j:plain

日が暮れてくるとライトアップされた神壇の前では、歌謡ショーや辣妹によるセクシーダンスが行われます。夜市も開かれ、屋台料理やゲームなどを楽しむこともできます。


地域によっては、このように大規模な建醮が行われることもあります。

 

余談ですが、建醮が行われていたとある廟を見学していた際、私が日本人と分かると、ものすごい歓迎を受け、廟の応接室に通されました。そこに大勢の人が集まり、誰が私を案内するかの話し合いが行われた後、点在する神壇や廟を車でいろいろ回っていただけました。台湾の方々の親切さを強く感じた経験です。

 

 

最後に

何度か遠征して観に行きましたが、建醮は観光するためのイベントではないため、道教文化に興味がない人にとっては、あまり見どころがないかもしれません。かく言う私も、正直なところそれほど興味はわいてきませんでした。

 

もし興味がある方は、建醮は台湾全土でみると結構な頻度で行われていますので、日程を調べて一度見学に行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

[参考HP]

https://religion.moi.gov.tw/Knowledge/Content?ci=2&cid=172

http://www.shs.edu.tw/works/essay/2009/03/2009032908132097.pdf

 

[建醮日程等紹介FB]

2019盛典 大廟建醮活動 - ホーム | Facebook

 

 

 

このブログでは、 毎年台湾で数十万人が参加し、最大の盛り上がりを見せる道教巡礼イベント「徒歩進香」を紹介しています。信徒でなくても、旅行者でも気楽に参加できます。

道教や廟に興味がある方、ウォーキングや賑やかなイベントが好きな方は、ぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。台湾のことがより好きになると思います。

 

※ 台湾文化を代表するイベント徒歩進香についてはこちらへ ※

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]