徒 歩 進 香[巡 礼]

ハマるぞ台湾!道教文化

[道教儀式]建醮(神壇による祈祷儀式)

 

今回は、よりディープな道教の宗教儀式建醮(ジエンジアオ)(神壇による祈祷儀式)について、紹介してまいります。

 

f:id:balbaltan:20180912210508j:plain

 

[目次]

 

 

建醮について

f:id:balbaltan:20180917125249j:plain

※中元普渡の儀式

建醮には、中元節に亡霊たちをもてなす「中元普渡」の儀式もその仲間に入ります。ただここでは、一般的に言われるところの「平安醮」をご紹介します。

 

f:id:balbaltan:20180913174518j:plain

南投県竹山で行われた建醮の案内

建醮は、神様に感謝し平安を祈ることを目的とした宗教儀式です。建醮は毎年行われるものではなく、十数年に一度や、数十年に一度のタイミングで行われ、その日程は占いにより決められます。開催の間があけばあくほど、より盛大になっていきます。主に冬の時期に行われているようです。 

主催する廟に近隣の廟が協力することで、街全体が一つとなり、一週間程度続く大規模な儀式となっていきます。

 

f:id:balbaltan:20180916155746j:plain

参加する地元民は中元普渡と同様に、儀式で使われるお供え物などを購入します。廟にお金を支払って申し込めば、あとは勝手にやってくれるようです。 

 

f:id:balbaltan:20181226191104j:plain
またこの儀式が始まる前の数日間は、その地域に住む人々は精進料理(肉なしの食事)にしなければならず、街すべてのレストラン、食堂から肉料理が一斉に消えます。

私の住んでいた近くの街でも建醮があり、私も参加しました。儀式が始まる前3日間は肉抜き生活。また儀式の期間中、地域の学校が休みになったりもします。

 

建醮の様子

建醮は道教の中でもかなり盛大な儀式になります。 

f:id:balbaltan:20180916152444j:plain

この期間は街全体が一体となり、家々の入り口には写真のような垂れ幕や提灯などが掛けられます。この垂れ幕は儀式の期間が過ぎても飾られたままになります。

 

f:id:balbaltan:20180912213045j:plain

街の中に数か所、大きな「神壇」が設置され、お供え物が並べられます。

 

f:id:balbaltan:20180912212728j:plain

廟にはお米で形作った龍(米龍)が飾られます。

 

f:id:balbaltan:20190110085125j:plain

しかし遶境などがあるわけではなく、祈祷メインの儀式です。観光客はその地域に点在する神壇や廟を見学してまわります。

 

f:id:balbaltan:20180912213840j:plain

建醮を主催する廟や地域によって、それぞれ特色が見られます。

 

余談ですが、ある建醮を見に行った際、とある廟で私が日本人と分かると、応接室に通され、大勢の人が集まり、誰が案内をするかの話し合いの後、車に私を乗せていろいろ回っていただけました。断ることもできず、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。それと同時に、台湾の方の親切さを強く感じた経験でもありました。

 

最後に

f:id:balbaltan:20181227175316j:plain

何度か遠征して観に行きましたが、正直なところ道教文化にそれほど興味がない人にとっては、あまり見どころがないかもしれません。

ただ、建醮は台湾全土でみると、結構な頻度で行われています。もし興味がある方は、日程を調べて、一度見学してみてはいかがでしょうか。

 

 

[参考HP]

https://religion.moi.gov.tw/Knowledge/Content?ci=2&cid=172

http://www.shs.edu.tw/works/essay/2009/03/2009032908132097.pdf

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]