徒 歩 進 香[巡 礼]

ハマるぞ台湾!道教文化

[道教儀式]收驚(お祓い)

 

道教における儀式の中で、旅行者の方でも時々耳にする「收驚」について今回はご紹介します。收驚とは、道教で言うところのお祓いです。中でも、台北の行天宮で行われている收驚は有名ですね。

f:id:balbaltan:20181209092710j:plain

※行天宮での收驚の風景

 

[目次]

 

 

收驚について

f:id:balbaltan:20180913134327j:plain

※米卦とは、生米を使用した占いです。

台湾の人たちは日常的に廟で收驚を受けています。台湾では、何かに驚くと魂が身体から離れてしまうと考えられており、その魂を戻すために收驚という儀式を行います。特に小さな子どもに多いようですね。また何か良くないものに憑りつかれた時も、收驚を受けに行きます。

私の場合、後者のケースで收驚を受けました。

 

f:id:balbaltan:20181225144437j:plain

行天宮で行われている收驚は多少異なるかもしれません。行天宮にて收驚を受ける人たちの主な原因は、不安、ストレス、よく眠れない、悪夢を見た、ぼうっとする、集中できないなど日常的な問題にかかわることが多いようです。

行天宮では、收驚の列に並び、順番がきたら收驚を担当するボランティアの方に氏名を告げます。その後は線香を手に前後に移動しながらお祓いをしていただけるので、あとは心静かに收驚を受けるだけです。その間大体2、3分ぐらいだったと思います。最後にお礼を言って終了です。費用は無料ですが、お気持ちで多少のお金をお供えしてもいいかもしれません。しかし行天宮には賽銭箱が置かれていませんので、事務室の受付で寄付をするという形をとります。

 

f:id:balbaltan:20190105222203j:plain

こちらは彰化県にある玄天上帝の公廟になりますが、收驚を随時受け付けていました。こちらも費用は無料です。ただ行天宮とは違い、廟の方に何かをしてもらうというものではないようです。

案内には、驚いた時や心が不安定な時、眠れない時、不意の事故に遭った時などは、收驚により心を落ち着かせ、魂を取り戻す必要があると書かれています。具体的な收驚の手順は以下の通りです。

紙のお金と生米一合程度、そして收驚を受ける人が着ていた服を持参します。(紙のお金は廟で購入できますが、お米は売っていないため、持参するか、外のお店で購入するようです) 服は洗濯をした後のきれいなもの、そして襟や袖があるものでなければいけません。しかしジャケットや厚手の上着は不可です。

1.お米を赤いお盆の上に移します。もし本人であるならば、お米を掌に押し付けます。(男性は左手、女性は右手) 服は畳み、襟を上にしてお米の上に置きます。最後に紙のお金を服の上に置きます。

 2.受付にて用紙を受け取り、氏名、生年月日、住所、電話番号等を記入します。

※3日後、服を引き取ります。

1.紙のお金を炉で焼き、服を受け取り、お米と赤いお盆は廟のスタッフが処理するので、そのまま残しておきます。

2.服は受け取った後すぐに着用します。着用後は洗濯してもかまいません。

 

私が收驚に至るまで

f:id:balbaltan:20180913145536j:plain

阿里山鉄道からの眺め

元々の原因は嘉義県への旅行でした。嘉義市に前泊し、翌日阿里山鉄道に乗って阿里山へ向かいました。しかし阿里山から自宅に帰った後、微熱が出始め、とにかく全身がだるくなり、風邪をひいたかなと風邪薬を飲みましたが全く効果がなく、10日が過ぎても良くなりませんでした。当然仕事中もふらふらです。

 

f:id:balbaltan:20180913145342j:plain

※刑務所博物館(嘉義市

咳、鼻水、のどの痛みなど明らかな風邪の症状が全くなかったことで、もしかして嘉義市刑務所博物館で、何か悪いものを連れてきてしまったのかも!?  と内心おびえ始めました。收驚を受けた廟の方からは、阿里山獣の霊に憑かれたのかもしれないとも......

体調がなかなか回復しない私を心配した知り合いが、收驚に連れて行ってくれました。近所の建物の一階にある小さな廟、いわゆる私廟というやつですね。実際、多くの私廟で收驚を実施しています。公廟でもやっていますが、一般的に何曜日の何時からと決まっているところが多いようです。

知り合いに連れて行かれた私廟ですが、その日はすでに夜になっていたため誰もおらず、翌日出直すことになりました。

 

收驚の流れ

f:id:balbaltan:20190105221853j:plain

翌日朝一で日ごろよくお参りをしていた公廟に行き、最近のおかしな状態を説明しました。

 

f:id:balbaltan:20180913134341j:plain

残念ながら收驚の日ではなかったため、代わりにお札をいただきました。このお札を燃やし、燃やした後の灰を水にまぜ、その水で口を漱いだ後簡単に身体を清めます。費用は“気持ち”を賽銭箱に入れました。

 

f:id:balbaltan:20190105221849j:plain

そしてその後、いよいよ私廟で收驚を受けました。その際準備したものは以下の2品です。

・生米1合程度

・普段来ている服(洗った後)

 

まず神様の前に立ち、お辞儀をした後、名前、生年月日、住所などを伝えました。

廟婆がお米を服に押し付け、なにやらお経のようなものを唱えた後、私は言われるがままにお辞儀などを繰り返しました。時間的には5分もかからずに終わったでしょうか。その後、その場で購入した紙のお金を外にある廟の炉で燃やします。(確か50元だったと記憶しています)

最後に封筒を渡され、“気持ち”を入れるように言われました。費用は事前に知り合いに聞いていた100元札を入れお渡しして終了です。

 

f:id:balbaltan:20180913134352j:plain

帰りに上の写真のお札(金紙?)と葉っぱをいただきました。お札を燃やし、その灰を葉っぱとともに水につけ、その水で口を漱ぎ身体を清めます。

 

收驚の後自宅に戻り、教えられた方法で身体を清めたところ、その日の夜にはなんと体調が回復していました。上記の方法で2日間身体を清め、使用後の水は下水やドブに流してはならないため、近くの川まで捨てに行きました。

 

感想

正直收驚を受けるまでは、あまりその効果について信じてはいませんでした。しかしおかしな体調不良が收驚後すぐに回復をしたことで、その効果を信じざるを得ません。やはり郷に入れば郷に従えなのかも知れませんね。

もし台湾を旅行中に体調不良になり、薬や病院でもよくならなかった時、もしくはなにかにとても驚いた時は、收驚を受けに行ってみてもいいかもしれません。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]