徒 歩 進 香[巡 礼]

ハマるぞ台湾!道教文化

白沙屯媽祖進香一問一答

 

進香の参加を申し込んだ際に配られる白沙屯媽祖進香に関する疑問に回答したチラシです。これから参加される方の基礎知識として、その内容を紹介させていただきます。

 

白沙屯媽祖進香については、下記ページをご確認ください。


 

【白沙屯媽祖進香一問一答】

 

f:id:balbaltan:20190224042818j:plain


 

[進香前]

Q.「進香」ですか? それとも「遶境」?

A.古来より、白沙屯拱天宮では「進香」という名を使っています。ですので、進香!です。

 

Q.進香の日程を教えてください。

A.毎年旧暦12月15日の午後1時に、擲杯の占いにより媽祖にお伺いをたて決定します。月、日、時間の順に決定され、このため毎年の開催日数は定まってはいません。

 

Q.申込はいつから始まりますか?

A.旧暦12月15日に日程が決定した後、Facebookにて詳細を発表します。https://www.facebook.com/bstmz/

  

Q.進香に申し込みをするにあたり、参加資格の制限はありますか?

A.両親やまだ結婚していない兄弟が亡くなってから一年未満の場合、もしくは葬儀に参加し棺に入る前の遺体を目にした人は参加してはなりません。その他については特に制限はありません。

  

Q.進香に参加したいのですが、どのように申し込めばいいですか?

A.廟を訪れて直接申し込みをしてください。申込者は旧暦12月15日以降に自ら白沙屯拱天宮に来て申込書を受け取ってください。その後受付日がFB上にて発表になった後、申込に訪れてください。(その際は知り合いの方にお願いしてもかまいません)

  

Q.進香に参加する際、申込は必要ですか?

A.1. 白沙屯媽祖進香の主な目的は、朝天宮で行われる「進火」と呼ばれる儀式です。申込者の方々の姓名は祈祷文の中に記載され、北港朝天宮の炉にて焼かれます。その灰は「香擔」に入れられ、火を絶やすことなく拱天宮まで持ち帰られます。

2. 沿道で食事や飲み物を準備している信者の方々は、申込者の人数によりその必要な量を判断しています。 

 

[進香中]

Q.進香のルートは?

A.白沙屯媽祖進香では、事前にその日程のみが決められ、ルートは決まっていません。進む方向は「行轎」という方式で媽祖により指示がなされます。これは神の意思であり、決して遮ってはいけません。

  

Q.進香中の食事は、精進料理にすべきですか?

A.頭旗が立てられてから3日間は精進料理(肉抜きの食事)にしなければなりませんが、進香中の食事に制限はありません。

  

Q.進香道中での食事はどのようにすればいいですか?

A.進香の沿道では多くの信者の方々が飲食を無料で提供しています。香燈腳の皆さんは常に感謝の心を忘れず、必要な分だけを受け取り、決して無駄にしてはいけません。もし食事の提供を受けられなくとも、香燈腳は自らそれを解決し、どんな状況においても柔軟に対応しましょう。

 

Q.進香中の宿泊はどうなりますか?

A.1. 白沙屯媽祖進香ではルートが決まっていないため、事前に宿泊を手配することができません。北港に到着する日も、現地では十分な宿泊施設が準備されていませんので、自ら宿泊場所を探してください。

2. 「観光バスプラン」を申し込んだ参加者は、神輿がその日の目的地に到着した後、すみやかにドライバーもしくはアテンド係と連絡をとり、以下の方法で宿泊場所を選んでください。

① ドライバーもしくはアテンド係が手配した宿泊施設に宿泊する。

② 自ら宿泊先を探すか、神輿の目的地近くで就寝場所を探します。その際はバスの出発を妨げとならないよう、速やかにバスから荷物を受け取ってください。

  

Q.進香での注意事項やタブーはありますか?

A.1. 頭旗、香擔、神輿、神像はみな神聖なものであり、決して触ったりしないように注意してください。

2. 神輿の進む先や道の選択を行う際には、速やかに場所を開け、現場が混乱しないよう心掛けてください。

  

Q.「起馬」「下馬」はどのような意味ですか?

A.「起馬」は媽祖の神輿が出発する前、頭旗がまだ神輿の脇に立てられている時に、神輿の前で出発の挨拶をすることを言います。

「下馬」は神輿がその日の活動を終え、頭旗がその場に戻ってきた際、その日の終了の挨拶をすることを指します。

 

 [進香後]

Q.「往復徒歩」「片道徒歩」の錦旗を受け取ることができる資格とは?

A.「往復徒歩達成」とは、毎日の出発到着において、かかさず「起馬」「下馬」を行い、かつ進香の全行程を車やバイク、自転車などの交通手段を利用せず、媽祖の神輿とともに全行程を歩き通すことを指します。

「片道徒歩達成」は、日々かかさず「起馬」「下馬」を行い、北港までの往路、もしくは白沙屯までの復路を完全徒歩で達成することです。

 

Q.「往復徒歩」「片道徒歩」の錦旗はどのように申込みまた受取ることができますか?

A.いずれかを達成した人は、媽祖像が拱天宮に安置された後、媽祖に「下馬」の報告を行います。その後廟が指定した時間、場所において、氏名を登録し、その場で錦旗を受け取ります。登録の受付けは「開爐」の儀式が終了するまでとなります。

もし錦旗が不足し当日受け取ることができなかった人は、その場で登記だけを行い後日改めて受け取るものとし、日時はその場で伝えるものとします。ただし期限を過ぎても受け取りに来ない場合は、その権利を放棄したものとみなします。

                                 以上

 

 

 

f:id:balbaltan:20190123103214j:plain

さらに深く突きつめてみたい方は、進香関連の本もいろいろ出版されていますので、ぜひ購入してみてください。 

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]