徒 歩 進 香[巡 礼]

ハマるぞ台湾!道教文化

遶境参加レポート

 

街中で時折見かける遶境ですが、私も何度か隊列の後について歩きました。しかし実際歩いてみると、やはり他のみなさんと同じ帽子をかぶりシャツを着て、メンバーの一員として歩いてみたいと感じるようになりました。

 

f:id:balbaltan:20181015200725j:plain

これまで、遶境と一緒に歩く徒歩イベントやよくお参りに行っていた廟の主催する遶境のメンバーとして参加したことがありました。とはいっても、一緒に歩きながら少し手伝ったぐらいです。そして今回、全く知らない廟の遶境に参加してみよう!ということで、申込から参加、遶境での状況まで、写真を交えてご紹介させていただきます。

 

[目次]

 

 

概要

f:id:balbaltan:20181015212239j:plain

 

【鹽水護庇宮 歳次戊戌年南巡卅六庄香科】

 

主催廟:鹽水護庇宮

期間:5日間

時期:通常の遶境以外に、より広い範囲の地域をめぐる北巡と南巡を不定期に実施。南巡は12年ぶりの開催。

参加費:なし(ボランティア)

移動距離:約150km

特徴:400年以上の歴史を有し、鄭成功ともゆかりのある古刹。福建湄州朝天閣から分霊された媽祖を祀る。

住所:台南市鹽水区中正路水正里16鄰140號

アクセス:護庇宮バス停すぐ(新営駅からバスで約25分)

 

申込

f:id:balbaltan:20181015194230j:plain

今回の遶境メンバー(ボランティア)の募集は、徒歩進香仲間からの情報で知りました。画像の内容は「いついつ遶境をやるので、遶境メンバーとして参加いただけるボランティアを募集します」というものです。遶境でのこのような募集は、進香に比べかなり少なくなっています。なぜなら遶境のほとんどが、友好関係にある廟からの助っ人やお金を払って人を集めることでまかなっているからです。

ただ当初参加するかどうかで悩みました。それは屏東県で行われる「東港東隆宮戊戌正科迎王平安祭典」と日程が被っていたことによります。それでも見知らぬ場所での遶境参加というシチュエーションに興味があり、今回は鹽水護庇宮を選びました。

 

f:id:balbaltan:20181015210545j:plain

主催廟は「鹽水護庇宮」(別名:月港護庇宮)、天上聖母媽祖)を祀り、鹽水烽炮で有名な鹽水武廟がある台南市鹽水区に位置しています。今回の遶境について検索してみましたが、メンバー募集に関する情報が見当たらなかったので、おそらくあまり表には出していないのかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20181016180837j:plain

事前に廟の担当者の方に電話で詳細を尋ねた後、新営太子宮を訪れた帰りに直接お伺いし、お参りと申し込みを済ませました。私のような地元ではない外部からの申込は少ないようです。

 

f:id:balbaltan:20181016180737j:plain

鹽水護庇宮は湄洲媽祖を祀り、長い間この地を見守ってきた歴史ある廟になります。

 

f:id:balbaltan:20181015194309j:plain

写真のようにすでに遶境の準備が始まっていました。鹽水はこじんまりとしたいい感じの街ですね。

 

f:id:balbaltan:20181104092540j:plain

昔、「一府二鹿三艋舺四月津(一台南、二鹿港、三台北、四鹽水)」と言われていたように、この鹽水の街が栄えていた当時が偲ばれます。

 

f:id:balbaltan:20181016180743j:plain

廟の受付では、名前、連絡先、参加したい日程を伝え、帽子とシャツを受け取りました。そして待ち合わせ場所、担当する役割、夜の就寝場所等について確認を行い、当日お世話になる団長さんと顔合わせをしました。他に申し込んだ人がいないせいか、受付を完了するまで相当骨が折れました。

 

f:id:balbaltan:20181015194256j:plain

遶境は五日間の日程で、鹽水区周辺の町や村を広範囲に巡行します。距離はそれほどではなさそうですが、深夜までの行程もあり、時間的に大変そうな印象です。今回は五日間の内、休みとの関係から三日目と四日目の二日間のボランティア参加を申込みました。

 

 f:id:balbaltan:20181023204604j:plain

申込から数日後、遶境のために設置された鹽水護庇宮のゲートを大型トラックがぶち倒し、ニュース報道されていました。

 

f:id:balbaltan:20181025101403p:plain

そしてなんと再び台風が台湾に向かっており、当日果たしてどうなるのか天気予報を注視する日が続きます。

 

f:id:balbaltan:20181101141825p:plain

フィリピン上陸後勢力を弱めながらも、もはや完全に狙いに来ています。

 

f:id:balbaltan:20181101141832j:plain

そこで雨対策用にサンダルとカッパを新調し、当日に臨みました。普段履いていたクロックスもどきのサンダルでは、長距離を歩く上で耐久性に問題があったからです。値は張りますが、結局本物に戻りました。

 

参加初日

f:id:balbaltan:20181103173330j:plain

当日は朝5時半集合と言われていたので、前日夜には現地入りをしました。朝から雨がぱらつき、気温は21度と肌寒く感じます。5時過ぎに到着すると、廟にはまだ誰も集まっていません。

 

f:id:balbaltan:20181103173556j:plain

出発地点まで送迎してくれるバスが来ました。しかし乗り込んだのは私一人。そこから車で15分程度の場所にある本日のスタート地点となる廟に向かいます。

 

f:id:balbaltan:20181103173951j:plain

スタート地点の廟ではぱらぱらと遶境メンバーが集まり始めています。早速先日挨拶をした団長さんの姿を探します。

 

f:id:balbaltan:20181103174053j:plain

設置されたテントの中では簡単な朝食が準備されていました。

 

f:id:balbaltan:20181103174251j:plain

6時近くになると人も大勢集まり始め、いよいよ出発です。しかし私が担当するはずだった「擔馬草水」の道具が準備されていません。ボランティアが必要との要請に応募しても所詮こんなものですね。

これに限らず今回のイベント全体を通して、ボランティア参加者に対する扱いの悪さが際立っていました。神様への奉仕とはいえ、これでは人が集まらないのかもしれません。実際廟の関係者以外はほぼ日当が出ているので、わざわざボランティアなどに申し込む人などいないのかもしれません。

遶境イベントの中には、ほぼボランティアだけで実施されているものもあります。ただそれは、信仰心に篤い信者が多い廟に限られるでしょう。

 

f:id:balbaltan:20181103175117j:plain

「擔馬草水」とは、このように神様の兵馬の食事となる草や水を載せた天秤を担ぐ役割です。

 

f:id:balbaltan:20181104080247j:plain

同時にボランティア募集されていた「天地掃」です。結局見かけたのは擔馬草水1名と天地掃2名だけでした。

 

f:id:balbaltan:20181103175037j:plain

本日の遶境には鹽水護庇宮以外に20程度の友好廟から神輿が参加しています。最終日には100近い廟が参加するようです。

 

f:id:balbaltan:20181103175449j:plain

各廟の神輿が続々と出発していく中、手持無沙汰の私は、仕方なく最後の神輿と一緒にとりあえず歩き始めました。神輿は車輪のついた台車にのせて引っ張る山車のようなタイプです。

 

f:id:balbaltan:20181103180229j:plain

小雨が降ったりやんだりするあいにくの天候の下、遶境の長い隊列が進みます。至る所で爆竹と花火が鳴り響いています。

 

f:id:balbaltan:20181103180517j:plain

せっかく来たのにやることもないので、団長さんと神輿グループの方に了承いただき、神輿を引っ張るグループに急遽仲間入りをしました。

 

f:id:balbaltan:20181103181536j:plain

本日の遶境は農村地帯の村々をめぐります。普段見ることのない古い家並みが続いてます。神輿はかなり重量があるため数人で引っ張っていもかなり大変です。

 

f:id:balbaltan:20181103181007j:plain

村々では多くの住民の方々が「擺香案」(家の前テーブルを置き、お供え物や線香を供えたり、金紙を焼いたりする)をして神輿の到着を待っていることに驚きました。こうした場所に遶境が来ることは少ないため、それだけ貴重な機会なのかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20181103182457j:plain

道の所々に写真のような袋に入った服が置かれ、その上を神輿が通過します。これによりその服の持ち主の健康や幸運を祈願する意味合いがあるそうです。 

 

f:id:balbaltan:20181103182828j:plain

途中途中で廟に立ち寄り、お参りをして、お供え物を受け取ります。少し青空が見え始めていますが、小雨が降ったりやんだりという天気が続きました。

 

f:id:balbaltan:20181024231054j:image

立ち寄り先の廟にはこのような「香條」が事前に貼られ、遶境や進香の到着を信者の方々にお知らせします。

 

f:id:balbaltan:20181103183238j:plain

家並みが途切れると、車に乗りワープします。始まってから何度も隊列が止まり、路上で待たされる時間が非常に長く、午前中ですでに2時間以上予定から遅れています。

 

f:id:balbaltan:20181103183455j:plain

次の目的地である廟から乩童が出迎えに来ました。今回の遶境では非常に多くの乩童を見かけました。いろいろなタイプの乩童がいて興味が尽きません。

 

f:id:balbaltan:20181103183738j:plain

今回のような村々を練り歩く遶境では、派手なことはほとんどなく、とにかく農村地帯を歩いて、廟にごく短時間立ち寄りお参りするだけです。しかし地域の人たちにとっては非常にありがたいことなのかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20181103184127j:plain

村の至る所で線香を手に持ち神輿に乗る神様を拝み、金紙を焼く人たちを見ると、信仰心の強さを感じます。神輿を引っ張っていると、なかなか写真を撮ることができないのがつらいところです。

 

f:id:balbaltan:20181103184634j:plain

途中、鹽水護庇宮の神輿から、友好廟の神輿へ助っ人として移動することになりました。

 

f:id:balbaltan:20181103185047j:plain

農村地帯をどんどん奥へと入っていきます。普段決して来ることのないようなのどかな場所ですね。神輿の前を進む涼傘の後ろをひたすら歩きます。

 

f:id:balbaltan:20181103185255j:plain

昼休憩ポイントとなる廟に到着しました。この時点ですでに予定より3時間以上遅れています。

 

f:id:balbaltan:20181103185450j:plain

食事休憩の場所に行くと、食事はほとんど残っていませんでした。そこで幸い近くにあった村の小さなお店でパンを購入しました。

 

f:id:balbaltan:20181103185656j:plain

ここに来てようやく遶境の隊列の一部を見ることができました。遶境は進香と違い、自由に前後に移動することができません。それにより隊列の全体を見る機会はほとんどありません。ただ前をあるく涼傘の背中を追うのみです。こうした点から、道教文化を楽しみたいという目的の人にとっては、陣頭のメンバーや信者として参加する人、雇われて来た人たちとは違い、単調さを感じることになると思います。だって、ずぅーっと同じ背中を見ながら神輿を引っ張るだけなのですから。それでも神様や地域の信者の方々への敬意は決して忘れません。

 

f:id:balbaltan:20181103190530j:plain

夜になり暗くなっても、ただ黙々と歩き続けます。神輿を引っ張る手もだんだんと力が入らなくなってきました。

 

f:id:balbaltan:20181103190747j:plain

夕食休憩となる廟に到着しました。出発の時間が全く分からないため、急いで食事を済ませます。こちらでは廟ごとにテーブルを分けて食事が準備されていました。

 

f:id:balbaltan:20181103191001j:plain

辣妹によるセクシーダンスが行われていましたが、残念ながらゆっくり見ているヒマはありません。

 

f:id:balbaltan:20181103191159j:plain

あたりが暗くなると神輿はライトアップされます。道端でライトアップされた神輿の隊列を見物すると奇麗なんだろうなあとは思いますが、当然中の人が見ることはありません。

 

f:id:balbaltan:20181103191508j:plain

夕食後、神輿の場所に戻るとその姿が見えませんでした。隊列の先頭から一番後方までの間を何度も行ったり来たりしましたが、どうしても見つかりません。その途中見知らぬスクーターに乗ったおばさんから前の方に行ったよと声を掛けられました。そこでふたたび前の方に戻りますがやはり見つかりません。

そんな時後ろから歩いてくる廟の涼傘を見つけホッとしたのもつかの間、その後ろに神輿の姿はありません。話を聞くと、神輿を載せた台車がパンクして修理中とのことでした。神輿が追いつくのを待ちながら、同じ背中の後ろを黙々と歩き続けます。それにしてもあのおばさんは一体誰だったのでしょうか。

 

f:id:balbaltan:20181103192012j:plain

予定より大幅に遅れ夜遅くなっても、こうして神輿の到着待っていてくれている人々が大勢います。

 

f:id:balbaltan:20181103191629j:plain

廟側が準備した飲み物だけではなく、住民の方々もこうして路上で遶境メンバーに飲み物を提供してくれています。

 

f:id:balbaltan:20181103191843j:plain

時間も遅くなり、民家がないところでは車で神輿を引きながらワープすることが増えてきました。

  

f:id:balbaltan:20181103192320j:plain

深夜1時を回りようやく目的地である新営太子宮近くに到着しました。ここでも廟の周辺地域を練り歩きます。深夜でも住民の方々は金紙を焼き、熱心に神輿を拝んでいます。

 

f:id:balbaltan:20181103192628j:plain

そして午前2時ごろ、本日のゴールである新営太子宮にやっと到着です。本当にやっとという感じでした。写真ではうまく映っていませんが、ライトアップされ非常に美しい姿で我々の到着を待っていてくれました。

 

f:id:balbaltan:20181103192912j:plain

しばらくして鹽水護庇宮の神輿も到着し、本日の行程は終了です。みなさん遅くまでお疲れさまでした。一日だけの参加にして早めに帰ろうかと考えていましたが、廟の方から翌日の応援もお願いされ、急遽残ることに決めました。

 

f:id:balbaltan:20181103193156j:plain

深夜の夜食タイムです。こうして食べているから歩いているのに逆に太るんですよね。

 

f:id:balbaltan:20181103194847j:plain

幸い新営太子宮の香客大楼の一室で休ませていただけることになりました。シャワーを浴び足をケアし寝る準備を整えた頃には、すでに3時を回っていました。翌朝は5時半集合です。

 

二日目

f:id:balbaltan:20181103195234j:plain

朝4時半に起きて5時過ぎに廟に行くと、まだそれほど人は集まっていません。昨晩は1時間ほどしか眠れていないので万全とは言えませんが、二日目も頑張って神輿を引っ張ります。

 

f:id:balbaltan:20181103200820j:plain

朝食を食べていると、ぞろぞろと皆さん重い身体を引きずり集まってきました。太子宮は鹽水から車で数分程度の場所にあるので、多くの方は自宅に戻って休んだようです。

 

f:id:balbaltan:20181103201228j:plain

隊列での順番は廟ごとに決められています。その順番がくるのを待って出発です。本日は30以上の廟から神輿が参加しています。

 

f:id:balbaltan:20181103201606j:plain

神輿の引き手からの景色は前日と同じです。早朝から街全体が霧に覆われています。

 

f:id:balbaltan:20181103202134j:plain

本日最初の廟に到着しました。ここには三太子の父親である李靖将軍が祀られています。

 

f:id:balbaltan:20181103202328j:plain

私が応援に参加した廟の神輿グループです。涼傘1名、神輿4名、まとめ役1名の6名で構成されています。涼傘1名と神輿の3名は「走路工」と呼ばれる雇われ周辺の街から来たメンバー、プラス「義工」(ボランティア)の私1名という構成です。もともと私の持ち場は「工頭」と呼ばれる廟から来たまとめ役が担当しており、途中から私に交代しました。他にも途中廟の関係者と思われる人が、スクーターで周りをちょろちょろしていました。

走路工の日当は役割や時間によって変わってきますが、高くて1日約1万円、低いと3,000円ぐらいでしょうか。神輿の担ぎ手などの重労働の方が必然的に高くなりますが、若い人たちは義工もしくはおこずかい程度というパターンが多いように思います。工頭の日当は通常分にプラスして走路工の日当から中抜きした分が加わります。

 

f:id:balbaltan:20181103201933j:plain

今日は早くからワープです。鹽水区のとなりにある新営区の街中までトラックで引っ張ります。霧が晴れ、青空が広がり、日差しも照り始めました。今日は暑くなりそうです。天気がいい分心も軽くなりますが、当然ながら眠たさに変わりはありません。

今回分かったことは、神輿の引き手は持ち場から離れられず、廟に留まるということもないため、トイレポイントにかなり苦労します。そこで水分摂取をかなり控えていました。ちなみにほかの皆さんは普通にそこら中で立ちションしています。民家の庭先だろうとお構いなしです。女性メンバーはそうもいかないので、かなり大変だろうと思います。

 

f:id:balbaltan:20181103203603j:plain

神輿を引きながら青空の下を進みます。本日は市街地を遶境ですが、昨日の農村地帯とはうって変わり、家の前で線香を持ち拝む人の姿はほとんど見かけなくなりました。田舎に行くほどまだまだ信仰心が篤いのかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20181103203948j:plain

廟に着くたびに、このようなお供え物を受け取る儀式が行われます。これ以外にもしその廟に神輿があれば、お互いの神輿を上下に振って挨拶を行います。後がつかえているため、一つの廟での滞在時間は1分程度と短くすぐに出発です。隊列が渋滞し動かなくなる原因はここにあります。

 

f:id:balbaltan:20181103204611j:plain

ほかに特にイベントもなく、何かが起こる訳でもありません。ただただ神輿を引き歩くのみです。写真の玄天上帝の廟をお参りした後昼食休憩になり、トラックの荷台でお弁当をいただきました。

その頃には新たに10人近くの廟の関係者たちが集まってきていたため、私はそこで神輿引きの任を辞し帰途につきました。さすがに寝不足と疲れから、電車の中では座ってすぐに爆睡、あやうく乗り過ごしそうになるというおまけつきでした。

2日間の合計歩行数は74,454歩、距離にして約52kmになります。重い神輿を引っ張っていた分だけ疲れはそれ以上ですが、今回は足はもとより腕の筋肉痛が残りました。

 

最後に

これは分かっていたことなのですが、遶境は進香と違い移動の自由がなく、景色も単調なため、イベントを楽しむという点では難しいかもしれません。特にボランティアとして役目を負い参加するには、信仰心が欠かせません。

さらに、ゴミのポイ捨て、檳榔吐き捨て、立ちション、民家侵入などのマナー違反はいつものことですが、こうした点以外にも今回の経験を通して、道教イベントに関わる人たちのもっと深い部分、一番大切な"信仰心"という点について大きな疑問を感じざるを得ませんでした。これは進香よりも遶境の方が顕著なように感じます。

詳しくは書きませんが、ネット上ではこうした伝統文化からかけ離れつつある遶境や進香というイベントを、快く思わない人たちの意見をよく目にします。今回の遶境も例外ではありません。実際私もこのレポートを書く予定がなければ、きっと初日の途中で帰っていたでしょう。

これでしばらく遶境への参加は控え、進香も春の進香期までお休みしようと思います。

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]