- 42BB09CC10D61D1865F8F6DCF2D3773A Your SEO optimized title page contents

徒 歩 進 香[巡 礼]

ハマるぞ台湾!道教文化

[道教儀式]拝土地公(土地の神様を拝む)

 

 

台湾を旅していると、民家やお店の前に小さなテーブルを置き、その上に果物やお菓子、飲み物などを並べ、線香を手に拝んだり、紙のお金を焼いているシーンを見かけたことがあるかもしれません。

それは、「拝土地公」と呼ばれる日常的な儀式になります。

 

  f:id:balbaltan:20181010125825j:plain

 

 

[目次]

 

 

拝土地公とは

f:id:balbaltan:20190921165931j:plain
これは毎月旧暦初二、十六に行われる、土地公を拝む日常的な道教の儀式の一つです。一般に「拝土地公」と言ったりしますが、正確には作牙または「牙祭」と呼ばれています。

 

主に商売をしている店舗や企業などでは初二と十六に行われ、老人がいるような一般家庭では初一と十五に行うこともあるようです。 

商売はその土地、地区と密接に関係があるため、地区の守り神であり、また財神としての顔も合わせ持つ土地公に、毎月2回日々の感謝を述べ、商売繁盛をお祈りしています。商売や財運に関する人気の神様は、土地公以外には財神や關公などがおります。

 

拝土地公の際に準備するお供え物は、生花、鶏肉、豚肉、魚、三種の果物、三杯のお酒、蒸しパン、麻糬などです。

 

f:id:balbaltan:20190921182204j:plain

初二十六には土地公の廟でも、線香や金紙を焼く煙が途切れません。もしかすると参拝者の中には、「求明牌」(宝くじの当選番号を尋ねる)をしている人もいるかもしれません。

 

f:id:balbaltan:20191025221921j:plain

また土地公の誕生日にも多くの人が廟を訪れ、盛大にお祝いが行われます。

[土地公誕生祭の風景] https://t.co/aryWeqQ4Tu

 

 

土地公について

f:id:balbaltan:20181009183922j:plain

その地区の守り神として愛される「土地公」ですが、正式名称を「福徳正神」と言います。一説によると、昔、中国に張福徳という素晴らしい役人がおり、その死後、張さんを祭った家が裕福になったことから、福徳正神として多くの人たちから祀られるようになりました。

 

人によっては、土地公と福徳正神は別の存在という人もいますが、同一と考えていいでしょう。ではなぜ別の存在と言われるのか、考えてみました。

福徳正神は17世紀前半もしくはそれより前、媽祖信仰が伝わったのとほぼ同じ時期に、移民とともに台湾本島に伝わったものと思われます。なぜ「思われます」なのかというと、17世紀前半にオランダ、スペインがそれぞれ南部と北部を占拠する前は、文字による資料が全く残されていないからです。

 

f:id:balbaltan:20191208112742j:plain

台湾にはもともと、先住民族による自然崇拝などの信仰がありました。それはいまでも石や大樹を崇拝する民間信仰として残っています。そのうちの一つが、自分たちの土地にいる神様を祀る信仰でした。そしてその後、福徳正神信仰が中国から伝わると、台湾土着の土地神信仰と結びつき、一つになっていったものと私は考えています。

 

f:id:balbaltan:20191208111522j:plain
田舎の方では地区ごとに小さな廟が建てられており、それが土地公廟です。特に桃園地区には数多くの土地公廟が建てられ、地元の人々から篤く信仰されています。

 

f:id:balbaltan:20190404191238j:plain

都市部になると、小さな土地公の廟は姿を消し、大きな廟の中にほかの神様と一緒に祀られることが多くなります。

 

f:id:balbaltan:20190404214615j:plain

土地公廟には椅子などが置かれ、地域のご老人たちの憩いの場にもなっています。このようなこじんまりとした土地公廟の雰囲気が、私はとても気に入っています。

 

f:id:balbaltan:20191208121011j:plain

田舎の方に行くと小さな土地公の祠をよく見かけます。ただ土地公の祠の場合は、陰神(悪霊の神様)が一緒に祭られている可能性があるので、お参りは注意した方がいいでしょう。

 

f:id:balbaltan:20191220091916j:plain

土地公には地区の守り神、財神以外にも、もうひとつの顔が存在します。土地公はさらに死者の魂を死後7日目に現世へと連れ戻す役割を担っています。そのため半陽半陰と言われることもありますが、土地公だけが祀られている場合は、お参りをしても当然問題ありません。

 

f:id:balbaltan:20190529230403j:plain

土地公廟は台湾において300年以上の歴史があり、昔はこのような石棚式と呼ばれる形をしていました。多くはのちに祠や小廟として建て替えられましたが、山地の方に行くと、いまでもこのような土地公の石棚が残され、近隣住民により参拝されています。

 

f:id:balbaltan:20190404181741j:plain

私は土地公廟が非常に好きで、いろいろな土地で見かけると必ずと言っていいほどお参りに立ち寄ります。

 

近所の土地公廟にも日々お参りに行き、時々ボランティアとして廟の清掃にも参加しています。特に初二と十六は参拝客が途切れることなく続き、少し目を離すと片付けたばかりの炉が再び線香であふれかえっています。

 

f:id:balbaltan:20190429000533j:plain

よく見ると奥さん(土地婆)がいる土地公もいますので、お参りの際には注意深く観察してみてください。

 

 

有名な土地公廟

f:id:balbaltan:20191220090118j:plain

※烘爐地南山福德宮

土地公というと、道教の神様の中でも位が低い存在と認識されています。しかし台湾で人気の廟の上位には、土地公の廟がいくつも入っているのです。土地公廟の中で有名なものは、竹山紫南宮、烘爐地南山福德宮、車城福安宮、高山巌福徳宮などがあります。

 

 f:id:balbaltan:20181009184118j:plain

中でも竹山紫南宮で春節に配られる銭母は、金運を向上させると言われ非常に人気が高く、数kmに渡り長蛇の列ができ、春節の風物詩として毎年ニュースで報道されています。

 

f:id:balbaltan:20190921120707j:plain
さらに紫南宮では、お金を借りることができます。最高で600元(約2,200円)までとなりますが、博杯(ポエ占い)で神様の許可をいただいた後、窓口で身分証を提示し借りることができます。そしてそのお金を元手に商売をすることで、成功率がグンッと高まると信じられています。(残念ながら、外国人は借りることができません)

 

借りたお金は当然一年以内に、同額かそれ以上を返済しなければいけませんが、返済率は95%を越えているそうです。また商売がうまくいった人は、借りたお金を何十倍、何百倍にして返すため、非常に潤っている廟の一つになります。廟のトイレを見たらすぐにわかりますよ。

 

 

尾牙とは

f:id:balbaltan:20190919230705j:plain

作牙(拝土地公)の中でも「頭牙」「尾牙」という儀式は、年初め、年終わりの作牙を意味し、より盛大に行われます。

近年この尾牙は、中秋節が「バーベキューの日」となったのと同様に、「忘年会」という意味合いになりかわり、各企業が盛大な忘年会を催します。毎年この時期になると、社内では尾牙で行われるくじ引き大会の豪華な景品が話題になったりします。

 

 

拝土地公以外のケース

建物の前にお供え物を並べ、金紙を焼き、線香を手に拝む行為は、一般に「擺香案」と呼ばれます。

 

「擺香案」が行われるケースとしては、一番よく見かける拜土地公以外に、遶境や進香の際に神様に平安を祈るもの」、「地域の平安を守る神兵に感謝するためのもの」、「中元節の時期に悪霊をもてなすために行うもの」などがあります。それぞれお供え物等が異なります。

 

f:id:balbaltan:20190921185407j:plain

遶境や進香団の神輿が通過する際には、家の前にお供えものを供え、金紙を焼き、線香を手に神輿に向かって拝みます。

 

f:id:balbaltan:20190530023515j:plain

地域を見回りに来た神様に、日々のご加護を感謝したり、平安をお祈りしています。

 

f:id:balbaltan:20190529234236j:plain

毎月旧暦の初一、十五には、地域の平安を守っている五営将軍の神兵に感謝する儀式が行われます。ただ家の前で擺香案を行うケースは、田舎以外ではあまり見かけることはありません。

 

f:id:balbaltan:20190921183443j:plain

これは「犒軍」もしくは「賞兵」と呼ばれ、ほとんどが地域の廟において集団で実施されており、主に初一だけ行う廟が多いようです。徒歩進香でもおなじみの儀式です。

 

f:id:balbaltan:20190921192437j:plain

旧暦七月は「鬼月」と呼ばれ、悪霊がこの世に帰ってきて悪さをすると信じられています。そこで廟や家の前で肉料理などのお供え物をならべ、悪霊が悪さをしないようもてなします。

 

f:id:balbaltan:20190530153707j:plain

写真は廟において行われた「中元普渡」の儀式のお供え物ですが、旧暦7月は、多くの家や店舗などで擺香案を見ることができます。

 

ただし地域によりその頻度は異なり、鬼月の初日、旧暦7月15日の中元節、最終日に行う地域、主に中元節だけ行う地域、鬼月の一か月間毎日行う地域などさまざまです。

 

f:id:balbaltan:20190530023336j:plain

これは旧暦の大みそか深夜に行われる「拝天公」です。神様に一年の平安を感謝する儀式になります。多くの家庭がこのように家先でお供え物を供え、金紙を焼き、爆竹を鳴らします。天公(玉皇大帝)の誕生日である旧暦1月9日深夜にも同様に行われます。

 

f:id:balbaltan:20190429011142j:plain

もし夜間に、風俗店の前で金紙を焼いているようなことがあれば、それは「拝土地公」ではありません。拝んでいる神様は、恐らく風俗業界が主に拝む神様・豬哥神です。そうです、西遊記に出てくるあの猪八戒です。

 

好色の存在として、風俗嬢が男を惹きつけるその魅力を増し、そして風俗店にお客を呼び込む効果があると信じられています。ただ近年では、豬哥神ではなく土地公を拝む風俗店が増えてきているようです。これまで数多くの廟をお参りしてきましたが、豬哥神を祀っている廟は見たことがありません。

 

f:id:balbaltan:20191220092216j:plain

低いテーブルの上にお供え物が置かれていた場合は、狭い範囲の土地に棲みついた地基主を拝んでいます。端午節や中秋節などの祭日には、家や店舗のある場所を管轄する地基主を拝みます。

 

地基神は陰神になりますが、焼く金紙は銀紙ではないようです。一般的に家屋の敷地内で行われることが多いため、あまり見かけることはありません。

 

f:id:balbaltan:20190606160756j:plain

他には神様の誕生日にも擺香案をします。ただ台湾道教の神様は非常に多いので、すべてを拝まないとしても、年間を通すとそれは相当な回数になります。そこでお供え物などは準備せず、金紙だけを焼くというケースも多くなっています。

  

 

最後に

台湾の街角で「拝土地公」の光景を見かけた時は、「そうか、今日は旧暦初二(もしくは十六)なのかあ」と、ぜひ土地公廟を参拝に訪れてみてください。

  

 

このブログでは、 毎年台湾で数十万人が参加し、最大の盛り上がりを見せる道教巡礼イベント「徒歩進香」を紹介しています。信徒でなくても、旅行者でも気楽に参加できます。

道教や廟に興味がある方、ウォーキングや賑やかなイベントが好きな方は、ぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。台湾のことがより好きになると思います。 

 

※ 台湾文化を代表するイベント徒歩進香についてはこちらへ ※

 

 

 

[Top page] 

徒 歩 進 香[巡 礼]